株式会社ティーガイア(本社東京都渋谷区 社長:澁谷年史)は、法人顧客向け通信回線管理サービス「movino star」の新バージョンを、11月4日より提供開始したことを発表いたします。

この度のバージョンアップでは、全面的なインターフェースの刷新及び機能の向上に加え、新たに「資産管理メニュー」を追加いたしました。
これにより、回線機能を内蔵しない Wi-FiタブレットやノートPC等の機器・ライセンスなども、 movino star上で一元管理が可能となります。
株式会社ティーガイア(本社東京都渋谷区 社長:澁谷年史)は、法人顧客向け通信回線管理サービス「movino star」の新バージョンを、11月4日より提供開始したことを発表いたします。
この度のバージョンアップでは、全面的なインターフェースの刷新及び機能の向上に加え、新たに「資産管理メニュー」を追加いたしました。
これにより、回線機能を内蔵しない Wi-FiタブレットやノートPC等の機器・ライセンスなども、 movino star上で一元管理が可能となります。
また、今回の発表に合わせ、新movino star説明会及び、無料の「トライアルキャンぺーン」を実施させていただきます。
この機会にぜひ、新たな操作性・機能について体感してください。

・説明会のお申し込みはこちら
お申込みサイト→   https://www.q-pass.jp/surl/hwdv
  ※11月6日より受付開始いたします。
・トライアルキャンペーンについては、弊社営業部へお問い合わせください。
問い合わせ先e-mail→ tk_movinostar-pro@t-gaia.co.jp
 
<新movino starのバージョンアップについて>
・ポイント1
インターフェースの刷新により感覚的な操作が可能になりました。
 

・ポイント2
分析機能・・・さまざまなレポートがグラフ・表にて抽出可能です。
 

・ポイント3
購買機能の充実。画像選択から、ネットショッピング感覚で購買機能をご利用いただけます。
 

・ポイント 4
資産管理機能を追加。資産 IDを付与または連携することにより、回線を内蔵しない機器の部署別・使用者別一元管理が可能となりました。


 

< movino starについて>
movino starは、サービスの提供開始以来10年以上の実績を持ち、2015年 9月末現在で約1,200 社の企業顧客に採用いただき、ご利用ID数は 40万規模に上がっております。
請求の取りまとめから部署別振分け、利用状況の分析・可視化、料金プランの最適化、 web購買機能を備え、管理者様の業務の効率化から費用削減にお役立ていただいているサービスです。
今回のバージョンアップにより、回線を内蔵しない機器やライセンスについても一元管理が可能となりました。
movino starは、業務の効率化から費用削減を目的に、お客様の利便性を追及し進化し続けます。

<その他のソリューションサービス>
ティーガイアでは、 movino starをベースに、多数のソリューションサービスを提供させていただいております。 MDM等のライセンス管理から管理全般の BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)まで、すべてmovino star上で一元管理できるサービスパック等もご用意しております。
業務効率化をご検討の際には、ぜひご参考にご覧ください。
http://www.t-gaia.co.jp/bbsl/

<本件における問い合わせ先>
株式会社ティーガイア ソリューション事業本部 ICT企画開発部
東京都渋谷区恵比寿4丁目1番18号
TEL:03-6409-1011
e-mail:tk_movinostar-pro@t-gaia.co.jp
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ティーガイア
  4. >
  5. 株式会社ティーガイア(本社東京都渋谷区 社長:澁谷年史)は、法人顧客向け通信回線管理サービス「movino star」の新バージョンを、11月4日より提供開始したことを発表いたします。