パレクセル・インターナショナルと京都薬科大学 医薬品業界における人材育成の取り組みを強化

パレクセル・アカデミーを通じて
臨床研究・試験マネージメントに関する共同プログラムを開講

ボストン、東京、京都、2015年11月11日-世界的なバイオ医薬品サービス・プロバイダーであるパレクセル・インターナショナル(以下、パレクセル)と私立の薬科大学である京都薬科大学は本日、学部生向けの新たな共同教育プログラムを発表しました。このプログラムは、医薬品業界でのキャリアを目指す学生のためにデザインされており、臨床研究と臨床試験のマネージメントに関する7週間のカリキュラムです。

現在、世界的な医薬品開発が推進される中、国内外で臨床研究や臨床試験を行う日本の医薬品企業がますます増えており、この共同教育プログラムの取り組みは、医薬品業界が抱える課題・ニーズに応えることを目的としています。このプログラムの核心は、パレクセルが有する薬事規制と臨床研究・試験に関する広範な専門知識と、「ファーマシスト・サイエンティスト」である高度な専門的能力と研究能力を有する薬剤師を養成する京都薬科大学の教育を融合させる事にあります。

すべての授業は、パレクセル・アカデミーから派遣される外国人講師によって英語で行われ、世界的な実施基準とその実際に沿った内容となっています。本プログラムは、2016年度から京都薬科大学で開講し、以降、毎年実施されます。

今回の提携に関し、パレクセル・インターナショナル株式会社の代表取締役 中森省吾は、次のように述べています。「日本の大学では、医薬品開発における臨床研究や臨床試験マネージメントという実践的な内容については十分には教えてくれません。そこで今回の京都薬科大学との提携により、実用的な知識や技能を身につけてもらうための独自の教育プログラムを提供することにしました。このプログラムは、臨床研究や臨床試験の世界的な実施標準を日本で浸透させるための革新的な内容になっており、また日本が直面している医薬品開発経験者の人材不足という問題への解決策になると考えています。」

本プログラムに関し、京都薬科大学の乾賢一学長は次のように述べています。「京都薬科大学は、6年間の一貫した総合的な教育プログラムを用意し、高度な専門的能力と研究能力を有する薬剤師、すなわち『ファーマシスト・サイエンティスト』の養成を目指しています。また、グローバル化に対する関心の高まりを受け、2012年度から、6年生の卒業論文発表会では英語を使用しています。パレクセルとの提携を通じて実施する共同プログラムは、製薬業界、医療機関、薬事業界でのキャリアを目指す学生に大きな競争力をもたらすものと信じています。」

パレクセルは、1995年に日本での事業を開始し、現在は東京、神戸、大阪に1,000人以上の従業員を擁します。製薬企業に対し、臨床研究サービス、コンサルティング、技術サービスを提供しています。 また、パレクセル・アカデミーは、10年以上にわたり、アジア、ヨーロッパ、米国のパレクセル社内外の人材向けに、臨床研究マネージメントの実務を学ぶためのさまざまなプログラムを考案・実施してきました。創立以来、約1,000人の卒業生を輩出しています。

 

<京都薬科大学について>
京都薬科大学は、1884年に京都私立独逸学校の基礎薬学課程として設立され、日本で2番目に古い私立薬科大学です。22,000人を超える卒業生は、製薬企業、薬局・病院を含む医療機関、学術界、および行政機関で活躍し、高い評価を受けています。2006年には、日本の薬学部教育において新たに6年制課程が開始されました。また、京都薬科大学は、学部教育だけでなく大学院教育にも注力しています。6年制学部課程の後の4年制博士課程は、さまざまな薬学関連分野における将来のリーダー(博士号を持つ薬剤師)を育成する上で重要です。京都薬科大学は2012年に「基礎薬学コース」、「臨床薬学コース」、複数の医学大学と共同でがん研究を専門に行う「がん薬物療法を専門とする薬学研究者養成コース(がんプロコース)」、日本の医薬品医療機器総合機構(PMDA)と連携する「レギュラトリーサイエンスコース」からなる4年制博士課程を設置しました。

 


<パレクセル・インターナショナルについて>
パレクセルはバイオ医薬品サービス・プロバイダーとして、世界的に活躍するリーディングカンパニーです。医薬品・バイオテクノロジー及び医療機器に関して、臨床研究、薬事コンサルティング等多岐にわたる高い専門知識と臨床試験サポートサービスを提供いたします。新薬開発期間と製品市場浸透の短縮が可能なソリューションの提供に献身し、パレクセルは医薬品開発と薬事コンサルティングから臨床薬理学、臨床試験のマネージメント、新薬開発と継続的な製品化にわたり、高い専門性を発展させてきました。パレクセル・インフォマティクスはパレクセルの子会社であり、メディカル・イメージングを含む臨床試験の効率化を実現する最先端テクノロジーを、パレクセルを通じて提供いたします。本社はマサチューセッツ州のボストンにあり、51ヵ国80拠点にオフィスを構え、約18,660人のスタッフを擁しています。詳細は、下記ウェブサイトをご覧ください。
http://www.parexel.co.jp/

パレクセルおよびパレクセル・インフォマティクスは、パレクセル・インターナショナル社またはその関連会社の商標または登録商標です。
 

関連URL
パレクセル・インターナショナル株式会社 http://www.parexel.co.jp/
京都薬科大学 http://www.kyoto-phu.ac.jp/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. パレクセル・インターナショナル株式会社
  4. >
  5. パレクセル・インターナショナルと京都薬科大学 医薬品業界における人材育成の取り組みを強化