世界初!スマホをリモコンやアクセルにできる乾電池型IoT製品「MaBeee」(マビー)が、クラウドファンディングサービス「Makuake」で製品化プロジェクトを開始

乾電池型IoT製品「MaBeee」(マビー)が11月11日(水)AM11時より「Makuake」にて製品化プロジェクトを開始します!

IoT製品企画・開発・販売/コミュニティ企画・運営を手掛ける、ノバルス株式会社(所在地:東京都千代田区一番町6番地相模屋ビル、代表取締役:岡部 顕宏)は、スマホでコントロールできる乾電池型IoT製品「MaBeee」(マビー)を製品化するためのプロジェクトを、2015年11月11日(水)AM11時より株式会社サイバーエージェント・クラウドファンディングが提供するクラウドファンディングサービス「Makuake」にて開始します。
■Makuakeプロジェクトページ: https://www.makuake.com/project/mabeee/
■スマホでコントロールできる乾電池型IoT製品「MaBeee」

 

 

 

【製品概要・クラウドファンディングでのプロジェクト概要】

MaBeeeは、乾電池を装着することで、スマホをリモコンやアクセルに変えることができる乾電池型IoT製品です。
プラレールやミニ四駆、ご自分で作った工作などに装着することで、スマホのアプリから、それらの製品をコントロールすることが可能になります。

今回、クラウドファンディング「Makuake」にてプロジェクトを開始します。本プロジェクトでは、このMaBeeeの開発・マーケティングを加速化させるため、皆様からの支援を募集します。今回ご支援いただいた方には、通常販売価格よりも安価なMakuake限定価格で、先行予約受付致します。

<リターンの一例>
2本パック:早期時別割引:5,980円(数量限定)
4本パック:早期特別割引:11,960円(数量限定)

【MaBeee の特長】
●わずか3ステップ!簡単に、すぐに使えます!

 

●1本で何通りも!多様な遊び方ができます!
スマホアプリで、シンプルなON/OFFでの制御はもちろんのこと、スマホの傾きや声の大きさ、スマホにかかった加速度などに応じて、15%、25%、35%などの出力制御ができます。
 

 

【利用シーン(例)】
●お気に入りのプラレール車両で、駅の発車をリアルに再現!
お子さんが気に入っている、あのプラレール車両で、駅の発着をリアルに再現できます!ツイスト(傾け)コントロール機能を使って、プラレールの速度をコントロールして、駅に到着する際、徐行運転をしたり、坂道を上る時に一気に出力することができます。また、フリフリコントロールを使えば、スマホを振り続けている間だけ、プラレールが走り続けます。

●ミニ四駆をコントロールして、新しい楽しみを体感!
いつものミニ四駆でも、MaBeeeで減速/加速をコントロールすることができます!ボタンコントロール機能を使った絶妙なコーナーリングテクニックを楽しんでみてください。

●声に反応して、可愛い猿のぬいぐるみが動き出す!
マイクレベルコントロール機能で、子供の声に反応して、可愛い猿のぬいぐるみが近付いて来ます!また、お子様から離れていても、ボタンコントロール機能を使ってぬいぐるみを動かすこともできるため、離れた所から、お子様をぬいぐるみで、おどろかす事もできます!

他にも、遊び方はたくさん!あなたとお子様だけの遊び方を創り出して、周りの人に自慢してください!

【お試しいただいたお客さまの声】
これまで、試作品を開発する中でMaBeeeを試していただいた延べ100人を超えるお客様から、下記のような感想を頂戴しています。

●息子が好きな列車で楽しく遊びました!
新しいプラレールやミニ四駆を買うのではなく、家に今あるものに入れられるのが嬉しい。息子が好きな列車をコントロールして楽しく遊びました!(30代男性)

●息子と一緒に、工作を作った後も楽しめる!
息子と工作をして遊ぶのが好きなのだが、これまで、工作を作るところまでが自分の役目で、完成したら息子が一人で遊ぶだけだった。これからは、MaBeeeを使って、完成した後も、2人で一緒に楽しみたい。(40代男性)

●子供が体を動かして、ぐっすり寝てくれました
ただのON/OFFだけではなく、いろんなやり方でコントロールできるのが面白い。ふりふりコントロール機能を使ってプラレールで遊んだ後は、ぐっすり寝てくれました(30代女性)

●アプリの発展で、新たに色んな遊び方ができそう!
今ある機能だけではなく、アプリの開発によって、もっといろんな遊び方ができるようになるというのが楽しみ。家の子供は鉄道が好きなので、将来的に、ぜひ路線毎の構内アナウンスや発車ベルとも連動してほしい。今後の製品の発展に期待して支援したい!!(30代男性)

【今後の展望】
今回、皆様にご支援いただき、目標金額に達成した場合には、量産向けの本番開発を進め、来年4月目途に製品を発送していきたいと考えています。乾電池は年間30億本以上出荷されており、私たちが想像もつかない程、多くの機器で使われています。皆さんの使っている製品でこんな風に使ったらいい、こんなアプリを開発してみたい、などのアイディアを今後予定しているイベントなどを通して、是非お聞かせください。私たちとしても、MaBeeeへのセンサーの搭載や、クラウドサービス連携など、機能拡充させてまいります。

【製品の開発背景】
企業の枠を超えたコミュニティ「ヤミ研(100日ラボ)」(※)で製品化を目指す、第一弾製品です。
この製品は、あるメーカーに勤めるエンジニアが「自分の子どもと遊ぶプラレールを簡単に制御できる製品を作りたい!」というアイデアから始まりました。その後、所属企業の枠を超え、複数の企業メンバーが集い、各々の専門分野での知見を出し合いながら詳細を固め、試作などには3Dプリンタを活用しながら、開発を進め、今回のクラウドファンディングでの製品化プロジェクトまでたどり着く事ができました。

※ ヤミ研とは
MIT(マサチューセッツ工科大学)では、正式に認められていない研究題材を地下組織内で有志のみで「闇研究」を行いイノベーティブなプロダクトや成果を上げた実績があります。国内でもカシオの初代デジカメQV-10やスバルの”アイサイト”は近しい事例と言われています。このような、技術者等による、会社や所属組織が許可していない自主的な研究のことを指して「ヤミ研」と呼んでいます。

※ クラウドファンディングとは
インターネット上で個人や団体、株式会社などがプロジェクトを提案し、不特定多数の方からお金を集める仕組み。日本では震災後に活発化。あらゆる企画が「共感」によって資金を集め、企画を実現させています。

【ノバルス株式会社について】
本社:〒102-0082 東京都千代田区一番町6番地相模屋ビル7F
代表者:代表取締役 岡部 顕宏
顧問:出井 伸之(クオンタムリープ株式会社代表取締役、ファウンダー&CEO、SONY会長兼最高経営責任者)
   武藤 佳恭(慶応大学環境情報学部教授 工学博士)
設立:2015年4月24日
Tel:03-4405-8866   Fax:03-5210-3240   Mail:info@novars.jp
事業内容:IoT製品企画開発・販売/コミュニティ企画運営

※当製品は現在開発中のため、予告なく仕様を変更する場合がございます
※記載されている社名、製品名は各社の登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ノバルス株式会社
  4. >
  5. 世界初!スマホをリモコンやアクセルにできる乾電池型IoT製品「MaBeee」(マビー)が、クラウドファンディングサービス「Makuake」で製品化プロジェクトを開始