バーチャルバックオフィス「未来の経理部」を開始

 freeeを使い、記帳からファイリング、確定申告まで煩雑な経理業務を安価に丸投げ

2015年11月16日、バックオフィスのアウトソーシングを手掛ける未来の株式会社(東京都千代田区、代表取締役 林剛之)は、クラウド会計ソフト「freee」に特化した経理業務アウトソーシングサービス「未来の経理部」を開始します。
また、専門オペレータとのやり取りやタスク管理ができる専用Webアプリケーションを2016年1月以降順次ローンチし、2016年度末までにユーザ事業者数2,000社を目指します。

「未来の経理部」を利用すれば、まるで画面の向こうにバーチャルな「あなただけの経理部」がいるように、スムーズでワンストップな経理業務のアウトソースが可能になります。

サイトキャプチャ

 

■新サービスの概要

名称 :未来の経理部

URL :www.mirai-no.jp

内容 :ユーザは請求書・賃金台帳などのファイルをアップロードし、領収書などの現物証票を専用封筒で郵送するだけで、「freee」への記帳、領収書ファイリングや保管、確定申告などの役所手続き、入金確認や領収書発送、予算計画などをすべてアウトソースできます。会計知識の豊富な専門オペレータが対応するので、処理が漏れている情報のチェックや手続きアラートも、安心してお任せいただけます。

料金 :月額4,980円(+税)から(事業規模と求める経理処理レベルに応じて幅広いプランあり)

 


■サービス開始の背景

freee株式会社が2013年3月にリリースしたクラウド会計ソフト「freee」は、利用事業所数38万を突破し※1、クラウド会計ソフトに興味を持ち、確定申告や決算で利用したいと考える事業所は、今や国内で推定50万以上にのぼると推定されます※2。freeeをはじめとするクラウド会計ソフトは、預金やクレジットカードなどの口座情報を自動取得し、勘定科目の推測までしてくれる便利なソフトです。しかし、それらの設定(新規取引先やタグの設定など)や未処理仕分けの処理(売掛金や未払金の消込など)は、従来通りユーザが行う必要があり、現金で支払った領収書や現金出納帳は手入力が必要です。

そこで、それらの設定や手入力作業まで丸ごとアウトソーシングでき、会計ソフトの設定・操作方法についても頭を悩ませる必要がなくなるという新しい形のサービスのニーズが高まってきています。

※1「クラウド会計ソフト freee が 総額 35 億円の増資を実施」http://www.freee.co.jp/news/seriesc-4295.html
※2 freeeのユーザ数および市場シェアより弊社推定


未来の株式会社の前身会社であるアブロードアウトソーシング株式会社は、freeeに特化した経理業務アウトソーシングサービス「クラウド経理部」を2014年6月にサービスインし、freeeのアドバイザーランキングで日本一の実績を挙げながら、順調にユーザ数を増やしてきました。最近は、クラウド会計ソフトの認知度アップや導入事例の理解浸透により、従来のターゲットである個人事業主やスタートアップ企業だけでなく、年商10億円以上の法人においても導入を試みる企業が増加しています。


■「クラウド経理部」と「未来の経理部」の違い

「クラウド経理部」から新たに生まれ変わった「未来の経理部」は、ユーザのニーズによりきめ細かく、よりスピーディーに対応できるようになります。

①    幅広いサービスプラン

従来はシンプルな3プランのみでしたが、ユーザの事業規模や求める経理処理実務の内容やレベルによって、幅広いサービスプランの中からご自身に合ったプランをお選びいただけます。

②    専用Webアプリケーションで時間的コストを飛躍的に削減

従来はメールや電話で行っていたユーザと専門オペレータ間のコミュニケーション(タスク管理、進捗確認、質問受付、ファイル送付など)を、2016年1月以降に提供予定の専用Webアプリケーションでは、すべてブラウザ上で簡単かつ迅速に行うことができます。

 
■キャンペーンのご案内

新サービス開始に伴い、キャンペーンを実施します。お申し込みは、弊社HPより受付いたします。

▽11月&12月決算法人様向け割引キャンペーン

・対象:11月または12月に決算を迎える法人
・期間:本日~2016年1月31日
・内容:当期の記帳業務をまとめて最大40%割引、来期の記帳業務が最大3か月無料

▽2015年度確定申告早期申込み割引キャンペーン

・対象:確定申告が必要な個人事業主
・期間:本日~2015年12月31日
・内容:当期の記帳業務をまとめて最大44%割引、来期の記帳業務が最大3か月無料


■未来の株式会社について

未来の株式会社は、経理業務を含めたバックオフィスのアウトソーシングをプラットフォーム化し、成長を加速させることを目的として、アウトソーシング事業を手掛けるアブロードアウトソーシング株式会社から、旧「クラウド経理部」事業をスピンアウトして2015年10月に設立された新会社です。



【会社概要】
■会社名  :未来の株式会社
■代表   :代表取締役 林 剛之
■住所   :東京都千代田区神田美土代町9-3 日経タイプビル3階
■TEL         :03-5244-5607
■設立   :2015年10月19日
■従業員数 :15名
■会社サイト:www.mirai-no.co.jp
■事業内容 :バックオフィス業務のアウトソーシングのプラットフォーム化事業


※リリース原稿はこちらからダウンロードいただけます。
http://prtimes.jp/a/?f=c-16347-2015111522-fa41222695370810b0ef2c808f6687f4.pdf
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 未来の株式会社
  4. >
  5. バーチャルバックオフィス「未来の経理部」を開始