Sony Design: MAKING MODERN 2015.11.27 Fri ‒ 11.29 Sun(入場無料)

歴代から現在にいたるまでのプロダクトデザイン展示のほか、ソニーのデザイナー6人によるトークカンファレンスを開催

 


 ソニー株式会社では、2015年のソニーデザインを代表する近作に加え、歴代モデルのデザインを展示するイベント『Sony Design: MAKING MODERN』を、2015年11月27日(金)〜11月29日(日)の3日間限定で京都にて開催いたします。

 1946年の創業当初から、ソニーは一貫して「人のやらないことをやる」というチャレンジ精神のもと、時代を象徴する数々の製品・デザインを生み出してきました。それは今も、そしてこれからも変わらないソニーの精神です。

 今回の『Sony Design: MAKING MODERN』では、「音楽を連れて歩く」というライフスタイルを生んだウォークマン®「WM-2」、ボイスコントロールに対応したスマートなワイヤレススピーカー「BSP-60」、Life Space UXシリーズのプロトタイプなど、1970年代から現代に至るまでのプロダクトのデザイン展示だけでなく、ソニーデザインの今を知り、明日のデザインを考えるトークカンファレンスを期間中に開催。

 「人のやらないことをやる」ソニーのチャレンジ精神を体現するソニーデザインとは何か? ソニーが新たな価値をお客様へ届けるとき、新規ビジネスを立ち上げるとき、それらをブランドコミュニケーションとして伝えるとき、デザイナー達は何を考え実践し、イノベーションを進めているのか。ソニーデザインのメンバーとともに、秋の京都でデザインイノベーションについて一緒に考えましょう。是非お越しください。
 


会場:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス (京都市左京区北白川瓜生山2-116)
主催: ソニー株式会社
プロデュース: ソニー株式会社 クリエイティブセンター 市川 和男(プロデューサー)
※ 11.28 Satにトークカンファレンスあり
(入場無料。事前登録制。当日受付も立ち見でご参加いただけます。)

http://sony.co.jp/design

 

MESH

h.ear on MDR-100A

 










■展示 (入場無料)
日時:2015.11.27 Fri ‒ 11.29 Sun 10:00-17:00
会場:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 「瓜生館」


■トークカンファレンス (入場無料。事前登録制。当日受付も立ち見でご参加いただけます。)
日時:2015.11.28 Sat 15:00-17:00
会場:京都造形芸術大学 瓜生山キャンパス 「ギャラリー・オーブ」

プログラム
1.   「ソニーデザインの役割と深化」/長谷川 豊 (クリエイティブセンター センター長)

ソニーがチャレンジし続けるために、デザインが持つ役割とは何か。54年の歴史あるソニーのデザイン部門を率いるソニーデザインのトップ長谷川が、進化し続けるソニーデザインの実現に向けて何を考え何を実践しているのか、伝統を重んじながら常に進化・挑戦してきた京都という歴史ある街にインスパイアされながら語ります。


 

2.   「今に引き継がれるロボットデザイン」/沢井 邦仁 (デザイナー)

知性をまとった球体。話す、踊る、聴くアクティブスピーカー「BSP-60」。そこにはAIBO、QRIOといったロボットをデザインしてきた知見と、カタチや振る舞いに込めた想いがあります。ソニー製品のデザインにおいて何を進化させ、何を守ってきたのか、そしてそれはなぜなのかなど、ロボットとデザインについて沢井が語ります。


 

3.   「アートディレクションから生まれたCMFの現場」/詫摩 智朗 (チーフアートディレクター)

高音質・高品質をもっとアタリマエに。ソニーの最新のヘッドホンh.earで目指したのは、定番スタイルとなるデザイン。造形のデザインだけではない世界観、鍵となるCMF(カラー/マテリアル/フィニッシュ)はどう生まれたのか。広告コミュニケーションにいたるまで、世の中に新しい価値を届けるために実践したことは何か、詫摩が語ります。


 
4.   「コンテクストを理解し、新たなコンテクスト創造する」/田幸 宏崇(チーフアートディレクター)

ビジネスの在り方に至るまでデザインという考え方が多岐に活用される時代において、単に美しい造形を生み出すということだけでなく、そこにあるコンテクストを拡張するデザインであってこそクリエイティブであり、ソニーデザインらしさである。空間そのものを活用して新しい体験を創出するコンセプト「Life Space UX」において住空間というコンテクストをより豊かにするデザインとは何か、田幸が語ります。



5.   「なぜソニーはオリジナルフォントを創ったのか」/福原 寛重 (チーフアートディレクター)

90を超える言語に対応するソニーのコーポレートタイプフェイスSST®。それが生まれた背景を知るには、ソニーのコミュニケーションデザインの歴史を紐解く必要があります。そこから垣間見えるSST導入以降の新しいコミュニケーションはどう変わっていくのか、何が守られ進化していくのか、福原が語ります。


SST is a trademark of Monotype GmbH registered in the U.S. Patent and Trademark Office and may be registered in certain other jurisdictions.

 6.   「ビジネスインキュベーションでのデザインの役割」/石井 大輔 (チーフアートディレクター)

企業が変わろうとするとき、それは新たなビジネスを創出することで体現する。ソニーの新規事業創出プログラム(Seed Acceleration Program, SAP)において、SAPから生まれるアイデアを社内起業家達と一緒にカタチにしてきた経験をもとに、企業におけるデザイナーの新しい役割について石井が語ります。




Sony Design: MAKING MODERN
http://www.sony.co.jp/SonyInfo/design/info/makingmodern_kyoto/index.html?tc=sd_mmkyoto01_prt

 

Wlakman® WM-2

Walkman® WM-F5

QRIO SDR-4XⅡ(Left clay mockup)

BSP-60

Life Space UX /ポータブル超短焦点プロジェクター

SST®

スカイセンサー ICF-5900

ICF-7500

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ソニー株式会社
  4. >
  5. Sony Design: MAKING MODERN 2015.11.27 Fri ‒ 11.29 Sun(入場無料)