テレビとネットを縦横無尽にトビまわる3Dデジタルトイ”TOVY(トビー)”登場

スマートフォンやPCで自らデザインした3Dキャラクターを通じて、テレビ番組やWeb、イベントなどに参加できるデジタルトイサービス“TOVY(トビー)”をスタート

日本テレビとバスキュールの新合弁会社である株式会社HAROiD(東京都港区、代表取締役社長:安藤聖泰)は、ユーザーがスマートフォンやPCで自らデザインした3Dキャラクターを通じて、テレビ番組やWeb、イベントなどに参加できるデジタルトイサービス“TOVY(トビー)”をスタートしました。テレビのもつメディアの力を、TOVYによってビジュアライズすることで、テレビの新しい楽しみ方を提案するとともに、テレビと外部のメディアやサービスをコネクトする新しいコミュニケーションデザインにチャレンジします。
まず、最初の展開として11月末(予定)より毎週1回、日本テレビ系で放送中のZIP!(毎週月~金曜 あさ5:50-8:00 OA)の中の「ZIP!deポン! アローハ」コーナーにてTOVYの出演募集企画を実施します。
今後はさまざまな番組や企画にユーザーのTOVYが登場します。

 

テレビとネットを縦横無尽にトビまわる3Dデジタルトイ”TOVY(トビー)”登場

 

株式会社HAROiD(東京都港区、代表取締役社長:安藤聖泰)は、ユーザーがスマートフォンやPCで自らデザインした3Dキャラクターを通じて、テレビ番組やWeb、イベントなどに参加できるデジタルトイサービス“TOVY(トビー)”をスタートしました。テレビのもつメディアの力を、TOVYによってビジュアライズすることで、テレビの新しい楽しみ方を提案するとともに、テレビと外部のメディアやサービスをコネクトする新しいコミュニケーションデザインにチャレンジします。

「TOVY」の名前は「TVをもっと楽しく遊べるおもちゃ(TOY)」に由来し、HAROiD(ハロイド)の社名にちなんだアンドロイド型デザインを取り入れています。スマートフォンやタブレット、PCからTOVY Webサイト(http://tovy.jp)にアクセスすることで、好みのカラーや様々なパーツを選び、自分だけのTOVYを作成することができます(2016年内にTOVYアプリもリリース予定)。自分の代わりに、テレビやスマートデバイス、デジタルサイネージを自由に行き来できるペットや相棒として、スマートフォンを利用する多くの人々に楽しんでいただけるサービスを目指していきます。

作成からテレビ番組参加までのフロー

TOVYを作成したユーザーは、スポーツ応援企画や投票企画など、視聴者参加型番組に、よりアトラクティブに参加できるようになります。同時に数百万単位の人々を釘付けにしているテレビのパワーをさまざまなデバイス上で活躍できるTOVYが可視化することで、テレビとネットをまたいだ新しい“お祭り”を創造することが目標です。4K放送も視野に入れた開発を進めており、これからの時代に求められると予想されるエンターテインメント性の高いデータビジュアライゼーションの世界を切り拓いていきます。

大量のTOVYが同時参加した投票企画のイメージ

まず、最初の展開として11月末(予定)より毎週1回、日本テレビ系で放送中のZIP!(毎週月~金曜 あさ5:50-8:00 OA)の中の「ZIP!deポン! アローハ」コーナーにてTOVYの出演募集企画を実施します。
 

ZIP!deポン! アローハへのTOVY出演イメージ

【TOVYホームページ】
http://tovy.jp/
 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社HAROiD
  4. >
  5. テレビとネットを縦横無尽にトビまわる3Dデジタルトイ”TOVY(トビー)”登場