ヤマハの粋を結集した、科学的ストレッチで、ストレス緩和に取り組む!!「Revストレッチ」導入一ヶ月、効果測定を社員109名に実施

参加率が急増/コミュニケーション活性化/社員のストレス緩和や肩こり腰痛に効果あり、「導入してよかった」の声続出!!

ヤマハ発動機株式会社は、ブランドスローガン「Revs your Heart」をテーマにした「Revストレッチ(レヴストレッチ)」を開発し、10月5日から全社で導入しております。
これにより、ブランドスローガンのさらなる浸透と共に、就業に向けての体の準備と気持ちのリフレッシュを図ります。
また、今年12月から施行されるストレスチェック制度の導入にひも付き、朝からRevストレッチを行い、体を動かし気分を盛り上げることで抑うつやストレス軽減を目指しています。
この度、ストレッチの導入から現在に至るまでの効果の程を自社社員にアンケート調査を行いました。
全社の約4000人の参加率調査及び、代表者109名によるアンケートを実施し、以下の様な結果が浮き彫りになりました。

------------------------------------------------------

Revストレッチ独自のバイクをモチーフにした動き

<調査結果トピックス>

■リニューアル後の朝のストレッチの参加率が大幅アップ!
■Revストレッチを行うことで、肩こり・腰痛の緩和に効果を感じる人が半数以上!
■65%が毎日のリフレッシュやストレス緩和に効果があると実感!!
■社内活性化!?ストレッチが社員の会話のネタや、コミュニケーションのきっかけに!
■自社スローガン「Revs your Heart」が身近な存在に変化!
--------------------------------------------------------

調査結果の詳細については以下をご覧ください。

■リニューアル後のストレッチの参加率が大幅アップ!

部署ごと朝のストレッチ参加率をストレッチリニューアル前とリニューアル後で比較すると、参加率が減少した部署はなく、全ての部署で同程度または増加したことが分かりました。ストレッチへの参加率が2割未満だった割合は、22%から11%に減少し、一方で参加率8割以上の部署が39%から53%と過半数に達する結果となりました。ある部署では、リニューアル前2割未満だった参加率がリニューアル後に8割以上に大きく改善した部署もあり、新しいRevストレッチが参加率改善に高い効果を発揮したことが明らかになりました。

回答者からは、「今までフロアーでストレッチ体操をやらない方も居ましたがRevストレッチに変わってから参加率が増加しました。浸透しています!」という声や、「全員がいきいきとストレッチに取り組んでいる 感じがします。」「みんな身体を動かし始めたので良かったと思います。」など、Revストレッチが多くの人に受け入れられ、広まっている様子が伺えました。

■腰痛、肩こりに効果を感じる人が半数以上!また65%が毎日のリフレッシュやストレス緩和に効果があると実感!!

Revストレッチの効果が肩こりや腰痛の緩和に効果があったか聞いたところ、「そう思う(9%)」「ややそう思う(49%)」合わせて58%が効果があったと回答しました。また、Revストレッチがリフレッシュやストレス緩和に効果があったかという質問に対しては、「そう思う(15%)」「ややそう思う(50%)」合わせて65%が効果があったと回答し、Revストレッチを行った人は、身体的にも精神的にもその効果を実感していることが明らかになりました。

回答者からは、「肩や首を回すストレッチが好評です。」という狙い通りの意見や、「肩甲骨周りもほぐされ、とても良いと思います。」とその他の部位にも効果を感じる意見がありました。また心理的にも「以前のものより、リラックス効果があるように思う。」や、「既に朝いちでのリラックス効果も感じていますが、継続的に実施すればもっと良い効果が出るではないかと 思います。」など、ストレッチのリニューアルが前向きに捉えられている様子が見受けられました。

■社員が最も実感したRevストレッチの効果は「コミュニケーション活性化」

Revストレッチが会話のネタやコミュニケーションのきっかけになったか聞いたところ、「そう思う(23%)」「ややそう思う(52%)」合わせて75%がきっかけになったと回答しており、これは肩こりや腰痛の緩和といった身体的効果や、リフレッシュやストレス緩和など心理的効果を実感した人よりも多く、Revストレッチのコミュニケーション活性化効果の高さを示す結果となりました。

回答者からは、部署で推進の声がけを行うことや、スタッフ間で「体が硬くて手が床に届かない」などの話題で会話が広がるという具体的な会話例が聞かれました。

■自社スローガン「Revs your Heart」が身近な存在に変化!

“Rev”という言葉を身近に感じるきっかけになったか聞いたところ、「そう思う(20%)」「ややそう思う(44%)」合わせて64%がきっかけになったと回答しました。”Rev”は、当社のブランドスローガン「Revs your Heart」に入っている重要な言葉であり、今回のストレッチがブランドスローガン浸透にも寄与していることが明らかになりました。

回答者からは、「二輪メーカーらしくて良い。」「音楽も心地よく、ヤマハらしい型もあり、よいスタートがきれる感じがします。」「全社全員での取り組み感があり、めずらしく一体感のある雰囲気が醸成されている。近年にない良い事例と思います。」など、ストレッチを通してスローガンや会社そのものに愛着を感じる人が増えている様子が見られました。

■総括
今回のアンケートをとおしてRevストレッチは、肩こり・腰痛の緩和などの身体的効果、ストレス緩和などの心理的効果、話のきっかけとなるコミュニケーション活性化などの効果を見込んでリニューアルを行ったが、中でも最も成果が現れてきた点としては、コミュニケーション活性化の部分において顕著に効果が出てきたことがわかりました。
また、回答者で今後どうやって継続していくか?さらに導入を広げ、社内全体の活性につなげていくにはどうすればいいか?現状導入出来ない部署の要因は何か?など様々な課題が浮き彫りになって参りました。同社は今後もRevストレッチを継続し、参加率100%を目指すとともに、その効果について、定期的に調査を行っていく予定です。

■調査概要
調査名:        Revストレッチ導入に関するアンケート調査
調査方法:      社内WEBアンケート
調査対象:      ヤマハ発動機株式会社 代表社員
有効回答数:    109件
調査日:        2015年11月18日~11月23日
調査実施部署:  ヤマハ発動機株式会社 コーポレートコミュニケーション部 ブランドグループ

■参考:Revストレッチとは
Revストレッチとは「Revs your Heart」をテーマに、全体にストーリーを持たせ、音楽、及び回転をモチーフにした動作などを取り入れた当社独自のストレッチです。2015年10月5日より、全社で導入し、始業前の数分間に任意でストレッチを実施しております。最新のストレッチ理論を取り入れ、1つの部位を「動」と「静」で動かすことにより、社員の悩みとして多い腰痛と肩凝りの予防に役立つ動きを取り入れています。
ストレッチが終わりに近づくに連れ、音楽が盛り上がっていくようになっていたり、途中にバイクのエンジン音の効果音が入っていたりと、要所に気持ちを高ぶらせるような工夫を施しています。朝からRevストレッチを行い、体を動かし気分を盛り上げることで抑うつやストレス軽減を目指しています。
なお、制作にあたっては、体の動きをジュビロ磐田のフィジカルコーチである菅野淳氏に、音楽をAKB48の作曲などで活躍されている株式会社ヤマハミュージックパブリッシングの専属作曲家である鶴崎輝一氏に担当頂きました。

■Revストレッチ紹介サイト
http://global.yamaha-motor.com/jp/yamahastyle/revstretch/

■ブランドスローガン「Revs your Heart」
“Revs your Heart(レヴズ ユア ハート)“は当社が掲げるブランドスローガンです。“Rev”には、エンジンの回転を上げる、わくわくさせる、高ぶらせるという意味があります。当社は「感動創造企業」として、エンジンの回転を上げるように、お客様に心が躍る瞬間を提供していきたいと考えています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヤマハ発動機株式会社
  4. >
  5. ヤマハの粋を結集した、科学的ストレッチで、ストレス緩和に取り組む!!「Revストレッチ」導入一ヶ月、効果測定を社員109名に実施