フライボード®日本代表女子、浅野遥選手(19歳)が世界2位の快挙!

日本人初のタイトル獲得

2015年12月3日から12月5日にかけて、ドバイ(国:アラブ首長国連邦 施設:ドバイマリーナ 協賛:XDUBAI 主催:ZAPATA RACING)にて開催された〝FLYBOARD® WORLD CUP 2015〟に日本代表選手が5名エントリーし、女子カテゴリーの浅野遥(所属:Gate Side Marine株式会社 代表取締役:門脇努 所在:沖縄県 http://www.gs-marine.jp/)が世界2位になり、日本人初の表彰台という快挙を成し遂げた。

haruka4

 

同大会は、世界25カ国から82名の選手が参加し、各国の選手が演技を披露する。予選、クォーターファイナル、セミファイナル、ファイナルなど、勝ちあがった選手は合計4回の演技(予選は90秒、その他は180秒ずつ)を行う。浅野遥は初日(12/3)に早々とファイナル進出を決め、最終日(12/5)のファイナルに挑んだ。ファイナルではウエストン・ジェマー(優勝:ニュージーランド)と対戦しジャッジ3対2で惜しくも破れた。2位が浅野遥(日本)、3位がスモイヤー・クリステン(アメリカ)。勝敗は5名の審査員によりジャッジされる。フライボードのワールドカップは今年で4回目。例年は、アメリカやタイの選手が好成績を収め、日本人選手は上位に食い込む事は無かったが、浅野遥は、初出場にもかかわらず世界2位のタイトルを獲得した。浅野遥(Gate Side Marine株式会社 http://www.gs-marine.jp)は、「この結果に満足はしていない。来年は必ず世界の頂点に立ちます」と更に意識を高めた。今回の日本代表チームは、スポンサーに株式会社BRAIN(大阪)、muta MARINE、LIFEPROOFが名乗りを上げ、サポートした。

HARUKA

 

 

 ・フライボード®とは
2012年より世界同時に発売され、年々人気に火が付き世界の多くのメディアやSNSなどの媒体で目にする事が多くなった(日本総代理店:Gate Side Marine株式会社 沖縄県)。日本でも100を越えるテレビ番組にて取り扱われた実績がある。水上バイクの噴射口に専用のホースとノズルを接続し、足に付けたフライボード®から一気に水を噴射させる事で自由に空中を飛び回れるというマリンスポーツだ。現在は、一般の素人も全国の水辺でできる環境が整っており、東京などの首都圏でも体験できる。プロが行う難易度の高いトリックを行う為には練習が必要だが、空中を飛ぶだけなら初心者でも5〜10分の練習で簡単にマスターできる。

 ・浅野遥選手について
年齢は19歳、5カ国語を話す。富山県出身。フライボード®の日本総代理店であるGate Side Marine株式会社の社員であり、普段は沖縄県のビーチでマリンインストラクターとして務めている。フライボード®歴は約1年と短く、通常の他の選手は3、4年の経験にも関わらず、周りを圧倒した。


 

 

HARUKA2

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Gate Side Marine株式会社
  4. >
  5. フライボード®日本代表女子、浅野遥選手(19歳)が世界2位の快挙!