【屋台焼肉】多国籍な人々でにぎわう屋台村が大阪生野にオープン【エスニック、鉄板、韓国、ネパール】

難波から10分。大阪生野に新名所「多国籍な屋台村」がオープンします。 訪日外国人や地元の多国籍な人々が集う「日本だけど、日本じゃない」屋台村となります。

マルシェ横丁株式会社(大阪府大阪市生野区新今里4丁目5-15-302 代表取締役 平瀬錬司)は、
大阪生野の近鉄「今里駅」駅前の商店街にて、10店舗が集まる多国籍屋台村「マルシェ横丁」を2016年1月9日(土)よりオープンいたします。

地元住民と訪日外国人が混ざり合って気兼ねなく交流できる場に。

かつては地元の人々でにぎわった商店街もいまでは元気をなくし、地元の人達が集まる井戸端のようなスペースも減る一方。

このような状況が日本各地で見られます。しかしそれでも地元住民の数自体が大きく減っているわけではありません。
気軽にふらっと立ち寄る「きっかけ」さえあれば、まだまだ再燃するはずです。

また、今回オープンの場所として目をつけた今里においては、近年いわゆる「外国人向けゲストハウス(民泊)」が増えており、
駅前ではスーツケースを引く、多様な人種の旅行者を見かけるようになりました。
彼らは昼間は都市部や観光地に出かけて今里には寝るために帰ってくるだけであり、今里の経済への貢献は限定的です。
このような訪日外国人(インバウンド)に、日本のカジュアルな屋台村はきっと楽しんでもらえるはずです。

出店ラインナップは、立ち食い焼肉、フレンチ焼き鳥、アジアのエスニック料理、鉄板料理、韓国料理などで、
また内装については若手の女流書家「真澪」がプロデュースと、多国籍なテイストながらも日本のエッセンスを軸にした作りこみで
ここにしかない、「日本だけど、日本じゃない」屋台村となります。

敷地内にはイベント用のスペースもあり、音楽演奏や婚活イベント、訪日外国人と交流するイベント等、若者でもファミリーでも楽しめるものを予定。
オープニングイベントとして2016年1月9日(土)午後1時(13時)より餅つき大会を行います。
なお2016年1月31日まではオープン記念としてドリンク1杯無料のサービスを行います。
出店希望者は随時募集。

公式HP http://maruyoko.com/
クラウドファンディング https://faavo.jp/osaka/project/902


【アクセス】

近鉄今里駅より1分。今里商店街内。
大阪府大阪市生野区新今里4丁目6-26

(グーグルマップ) https://goo.gl/maps/NCTaJsn2P9H2

※近鉄「今里駅」より徒歩1分、今里商店街内
※近鉄「今里駅」は「なんば駅」より10分、「梅田駅より」20分
※地下鉄「今里駅」からだと徒歩10分かかります


【営業日・営業時間】
毎日17時~24時
定休日:水曜日

※屋根があるので雨天でもお楽しみ頂けます
※2016年1月5日より試験オープン、2016年1月9日より本格オープン


【店舗ラインナップ、メニュー】
竹炭を使った立ち食い焼き肉
フレンチ焼き鳥
鉄板料理
ネパール式のかぶりチキン
ほか

フード 300円~
ドリンク 300円~

※予告なく一部変更の可能性があります。公式HPにて随時発信中。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. マルシェ横丁株式会社
  4. >
  5. 【屋台焼肉】多国籍な人々でにぎわう屋台村が大阪生野にオープン【エスニック、鉄板、韓国、ネパール】