デリケートゾーンの悩み 1位「ニオイ」2位「かゆみ」かゆみが気になる方のうち「かゆみの原因不明」が4割以上!「乾燥」が原因のかゆみの認知は半数以下にとどまる

~デリケートゾーンのかゆみに関する調査~

デリケートゾーン専用のケア製品ブランド「Summer’s Eve(サマーズイブ)」を展開するピルボックス ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:栖原 徹)は、女性のデリケートゾーンに関するお悩みやケアの意識・実態を知るべく、2015年10月23日~10月26日にかけて、20代~60代の女性800名を対象にインターネット調査を行ないました。

◆調査概要

1.    調査方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
2.    調査対象者:アイリサーチ登録モニターのうち、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)および2府1県(大阪府、京都府、兵庫県)にお住まいの女性800名
3.    有効回答数:800名(20代/30代/40代/50代~60代で閉経を迎えた方、各年代・エリア各100名の均等割付)
4.    調査期間:2015年10月23日(金)~10月26日(月)


Q1. あなたが現在デリケートゾーンで気になることをお答えください。(複数回答)【n=800】

デリケートゾーンに関して気になることの1位は「ニオイ」42.6%、2位「かゆみ」36.8%、3位「おりもの」26.5%となりました。年代別で見ると20代・30代の若年層ほど、多くの項目を回答しており、悩みが多いことがわかります。今回50代~60代は閉経を迎えた方を対象としていますが、50~60代では「気になることはない」62.0%の回答割合が最も多くなっています。40代との各項目の回答割合に開きがあることから、加齢や閉経とともにデリケートゾーンのお悩みは少なくなっていくことが考えられます。

Q2. デリケートゾーンの「かゆみ」が気になるタイミングはいつですか。(複数回答)【n=294】

Q1で「かゆみ」が気になると回答した方に、「かゆみ」が気になるタイミングをお聞きしました。その結果、「原因は不明だが時々気になる」42.9%が最も多い回答となりました。かゆみの原因は特定できないが、時々かゆみを繰り返す女性が多いことがわかりました。年代別に最も回答割合が多かったのは、20代「原因は不明だが時々気になる」47.6%、30代「生理中」50.6%、40代「生理中」53.1%、50代~60代「原因は不明だが時々気になる」52.4%となりました。
 

Q3. あなたがデリケートゾーンの「かゆみ」の原因になり得ると思うものをすべてお答えください。(複数回答)【n=800】

デリケートゾーンのかゆみの原因となり得る要因として知っているものをお聞きしたところ、「ムレ」60.8%、「生理用ナプキンやおりものシート」39.5%、「下着や衣服のこすれ」29.1%の順に認知されているようです。一方で「原因を知らない/原因は特にないと思う」も18.3%と全体の2割近くになりました。特に50代~60代では29.0%が回答しています。かゆみの原因についてあまり良く理解していない実態が明らかになりました。

Q4. デリケートゾーンのかゆみの原因の1つに「乾燥」があげられます。あなたは「乾燥」がかゆみにつながることを知っていましたか。(単数回答)【n=800】

デリケートゾーンのかゆみの原因のひとつには乾燥がありますが、乾燥がかゆみの原因となることを知っているかお聞きすると、「知らない」が55.3%と半数を超える結果となりました。デリケートゾーンの乾燥によるかゆみが存在することの認知度はあまり高くないようです。
 

Q5. あなたが現在保湿をしている体の部位をお答えください。また、あなたが理想とする肌の状態を保つために保湿しておきたい体の部位をお答えください。(複数回答)【n=800】

現在、ボディケアとして保湿している部位と、理想的な肌のために保湿しておきたいと思う部位をお聞きしました。その結果「顔」がともに1位で「保湿している」85.1%・「保湿しておきたい」80.9%」となりました。「保湿している」と「保湿しておきたい」のポイント差が最も大きいのは「デリケートゾーン」(7.9pt差)となりました。そのほか「背中」(7.6pt差)、「おしり」(6.2pt差)など、普段衣服の中に隠れている部分は、保湿をしておきたいと思うものの実際には保湿していない割合が多いことが明らかになりました。

◆引用・転載時のクレジット表記のお願い
本内容の転載にあたりましては、「ピルボックス ジャパン調べ」などクレジットを付記のうえご使用いただきますよう、お願い申しあげます。
≪例≫デリケートゾーン専用のケア製品「サマーズイブ」を展開するピルボックスの調査によると……
●ピルボックス ジャパン株式会社: http://www.pillboxjapan.com/
●Summer’s Eve(サマーズイブ)ブランドページ: http://summerseve.jp/

◆製品情報
米国No.1ブランドSummer’s Eve
Summer's Eve(サマーズイブ)は米国生まれの女性のためのデリケートゾーンケアブランドです。
1972年から、女性衛生分野におけるパイオニアとして10代からシニアまで幅広い年齢層の女性に愛されています。

 

 

●肌にやさしいボディウォッシュ フェミニンウォッシュ ノーマルスキン
デリケートな肌のためにpHバランスを整えた、ノーマルスキン用の弱酸性ボディウォッシュです。保湿成分Lamesoft®配合で、かゆみの原因となる乾燥によるカサツキを防ぎます。メーカー希望小売価格 ¥800(税抜)洗浄料 内容量:237ml

 











 

 

●マイルドで低刺激なボディウォッシュ フェミニンウォッシュ センシティブ
デリケートな肌のためにpHバランスを整えた、センシティブな弱酸性のボディウォッシュです。
低刺激にこだわり穏やかな洗浄力を実現したボディウォッシュです。
メーカー希望小売価格 ¥800(税抜)洗浄料 内容量:237ml








 


 

●外出先でも便利なウェットシート フェミニンクレンジングワイプ ノーマルスキン
ウェットタイプのシートが、女性のデリケートな肌の気になる汚れをやさしくふき取り、外出時でもシャワーを浴びた後のようなフレッシュさを実感。アロエベラ&ビタミンE(保湿成分)配合で肌を乾燥から守ります。
メーカー希望小売価格 ¥400(税抜)シート状洗浄料:16枚入り
 

 



●デリケートケアのスプレー フェミニンフレッシュネススプレー
コーンスターチとベーキングソーダの主成分が気になるウェット感を自然に吸収し、サラサラな仕上がりに。ほのかなフローラルの香りがフレッシュな気分を誘います。
メーカー希望小売価格 ¥850(税抜)化粧水 内容量:56.7g











●Summer’s Eve(サマーズイブ)ブランドページ: http://summerseve.jp/
◆会社概要
会社名  :ピルボックス ジャパン株式会社
代表取締役:栖原 徹
所在地  :東京都港区南青山2-24-11 フォーラムビルディング5階
設立日  :2002年7月10日
URL    :http://www.pillboxjapan.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ピルボックス ジャパン株式会社
  4. >
  5. デリケートゾーンの悩み 1位「ニオイ」2位「かゆみ」かゆみが気になる方のうち「かゆみの原因不明」が4割以上!「乾燥」が原因のかゆみの認知は半数以下にとどまる