KISCO株式会社が米国 スペシャルティ・コーティング・システムズ(SCS、Specialty Coating Systems,Inc.)を買収

パリレンコーティングのグローバル供給体制構築

2016年1月8日、KISCO株式会社がパリレンコーティングサービス・技術の世界的リーダーであるスペシャルティ・コーティング・システムズ(SCS、 Specialty Coating Systems, Inc. )の買収を発表
KISCO株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:岸本剛一、以下KISCO)は2015年12月29日(火)(アメリカ東部時間)、Specialty Coating Systems, Inc. (米国、インディアナ州インディアナポリス CEO:Terry Bush、以下SCS社)の買収を完了したことを発表いたします。

両社が展開するパリレンコーティング事業は数十年間にわたり電気・電子分野では電子部品・基板の防錆、絶縁、腐食性ガスや化学薬品等からの保護に使われております。また、パリレン材料は FDA(米国食品医薬品局) の生体適合物質として承認されており、冠状動脈ステントや心臓ペースメーカー、人工内耳、人工眼等の表面不活性化などに最適の材料として使われるなど、厳しい品質要求で知られる医療分野でも使用されている信頼性に優れたコーティングです。 パリレンコーティング市場は電子機器や医療機器への採用拡大により2020年には$700Mに達すると予想される有望な市場です。

KISCOは1921年創業の化学品・電子材料等を取り扱う専門商社で、欧米・アジア14カ国に45社の海外展開しているグローバル企業であり、素材のスペシャリスト、アドバンスト・マテリアルのKISCOを標榜しています。パリレンコーティング事業では材料を自社製造している点を強みに「diX」ブランドとして約18年の業歴を有しており、全世界10拠点にて事業展開しております。

一方、SCS社はパリレンコーティングの先駆者という経歴を持ち世界のパリレン市場のトップ企業として知られています。40年以上にわたって、医療機器、エレクトロニクス、自動車、防衛・航空宇宙産業などの分野において高品質のパリレンコーティングのサービスを提供しており、現在は北米中心に全世界11拠点にて事業展開しております。

統合後は、両社が長年にわたるパリレンコーティング市場での経験と強みをもとにパリレンコーティング市場のトップ企業として、最高水準のサービスをグローバルで提供出来る体制を構築していく予定です。

※パリレンコーティングとは
パリレンコーティングとはパラキシリレン樹脂コーティングの総称であり、化学蒸着法(CVD 法)により常温で且つ薄膜(1~50um程度)を対象物全体にわたり均一にコーティング膜を形成することができ、その形成されたコーティング膜は高い絶縁性や防湿性、耐薬品性等を有する非常に優れた特性をもつコーティングです。
 
□KISCO株式会社の概要
社名       KISCO株式会社
住所       〒541-8513 大阪市中央区伏見町三丁目3番7号
設立                  1921年
主な事業内容   化学品、電子部品材料、医薬品原料、建築材料、包装材料など内需及び輸出入。複合材料、包装材料、半導体洗浄剤、LED用封止材、diX(パリレン)等の製造並びに加工。
Webサイト       www.kisco-net.com. 

□Specialty Coating Systems, Inc.の概要
社名        Specialty Coating Systems, Inc.
住所        7645 Woodland Drive, Indianapolis, Indiana, 46278, USA
設立                  1971年
主な事業内容    パリレンコーティングサービス
Webサイト       www.scscoatings.com

本件に関するお問い合わせ先
KISCO株式会社
東京本社 diX事業部
電話番号 : 03 -3663 - 0269
メール : kisco-dix@kisco-net.jp  
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. KISCO株式会社
  4. >
  5. KISCO株式会社が米国 スペシャルティ・コーティング・システムズ(SCS、Specialty Coating Systems,Inc.)を買収