スマートウオッチへの挑戦状 H.モーザーの「Swiss Alp Watch」

200年以上の歴史ある機械式時計こそ時計の未来

スイス・シャフハウゼンにあるH.モーザー社。全てのパーツを自社で開発する生粋のマニュファクチュールであり、年間生産本数1000本あまりしか製造することができません。そんな非常に小さなメゾンから既存のスマートウオッチへ強烈なメッセージを投げかけるSwiss Alp Watchを発表いたしました。

 

スマートウォッチ市場は、エレクトロニクス産業の巨大企業に牽引されてここ 12 か月で爆発的に成長し、2015 年の販売個数は 600 万個を超え、売上高は 60 億ドルを突破しました。研究開発予算は 80 億ドル超と、スイス最大の時計製造グループの売上高を上まわる数字となっています。まだ着手したばかりの業界大手企業は、この市場にまたしても革命を起こし、消費者の行動に変化をもたらそうとしています。こうした巨大企業の脅威に直面したスイスの時計企業が対処する方法は幾通りもあります。まず、多くの時計ブランドがそうしているように、何もしないでいることもできるでしょう。また、伝統とテクノロジーを組み合わせるという、その場しのぎの日和見主義的なアプローチを取ることもできるでしょう。しかし、もう一つ、何世紀にもわたるスイス時計製造業界の評価を決める価値のために戦うという選択肢もあるはずです。この最後の方法こそ、H. Moser & Cie.(H. モーザー社)が追求することに決めた方法であり、その闘争精神のシンボルとなるのがスイス アルプ ウォッチです。

 

 


「私はスイス アルプスの山奥で、何世代にもわたって時計職人だった家族のもとで育ちました。スイス時計製造技術は、私たちの遺産の一部です。この遺産は、過去にも深刻な試練に見舞われました。クォーツの危機を乗り越えた私の父は、時計職人たちを一つの目標のもとに結集させたこの試練の時期について、しばしば語ってくれます。今、H. Moser & Cie. はスイス アルプ ウォッチを導入しようとしています。これは、この新しい試練の存在を認めつつ、伝統的な機械式時計には未来があること、そして実際、機械式時計こそが未来であることを示すためです。これは私たちにとって単なる時計以上のものです。スイス アルプ ウォッチはある種の象徴です。それは、私たちの忍耐力、そして価値と伝統のために戦うのだという激しい欲求を表しています。つまり、私たちが信じているすべてのものを具現化しているのです」と、CEOエドゥアルド・メイランは述べています。

 

 


電子式の心臓部を備えつつ、機械式時計のように見せかけた時計を作るのではなく、その反対の道を H. Moser & Cie. は選びました。スイス アルプ ウォッチは、スマートウォッチの現代的なデザインにインスピレーションを得ながらも、完全に機械式です。100%スイス・メイドのマニュファクチュール製ムーブメントと、少なくとも 100 時間のパワーリザーブを備えたスイス アルプ ウォッチは、長持ちするようにデザインされており、次世代に向けた装備が整っています。H. Moser & Cie. にとってのクラシックなシグネチャー ダイヤル、象徴的なフュメ ダイヤルを採用し、時代を超越しています。先が細くなったラグはビンテージ・ルックとなっており、モーザー グリーンのレザーライニングがついたクーズー レザーストラップは、この時計に現代的な鋭さを与えつつ、同時にモーザーのディテールへのこだわりを物語っています。手巻 HMC324 キャリバーによって駆動されるスイス アルプ ウォッチは、創意工夫の驚異であり、時計製造技術の頂点を示しています。

 「スイス アルプ ウォッチでは、電話をかけたり、最新のうわさ話を共有するメッセージを送ったりすることはできません。また、2 インチ画面で作成した美しいスケッチを送信したり、心拍数を共有することもできません。しかし、そういったことよりも、はるかに多くのことが可能であり、人生において重要なことの再発見を可能にします。フィルターや媒介物を取り払い、美化することなく、身内の人々と感動を分かちあえるようにします。何よりも重要なのは、アップデートする必要なく、いつの日か自分の子供たちに引き継ぐことができるという点です」と、ほほ笑みながらエドゥアルドは語ります。
 


【技術仕様】
リファレンス 8324-0200、ホワイトゴールド モデル、シグネチャー フュメ ダイヤル、クーズー レザーストラップ、世界限定50本

ケース: 18K ホワイトゴールド
寸法:38.2 × 44.0 mm / 厚さ:10.3 mm

ダイヤル:サンバースト仕上げを施したフュメ ダイヤル

ムーブメント:
自社製手巻 HMC 324 キャリバー(振動数:18,000 振動/時)
交換可能な Moser 脱進機
パワーリザーブ:約 4 日間
安定化したブレゲヒゲを備えるオリジナルのシュトラウマン・ヘアスプリング®
ゴールドのガンギ車とアンクル
手作業による仕上げと装飾が施されたムーブメントおよび部品

税抜予価:300万円

お問い合わせ/イースト・ジャパン株式会社 H.モーザー 03-3833-9602
商品情報・お取扱店舗情報 http://www.h-moser.com/jp/
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. イースト・ジャパン株式会社
  4. >
  5. スマートウオッチへの挑戦状 H.モーザーの「Swiss Alp Watch」