アラフォー女性、92%が同窓会で同級生女性の肌にドキッ!? 「ハリ」だけでなく「目もと」「口もと」も、昔と今の<肌ギャップ>の原因に!

94%がリピート希望! 「IC.U HA マイクロパッチ」2/16新発売

最先端技術により目もと・口もとに直接ヒアルロン酸を注入する美容液マスク「IC.U HA マイクロパッチ」を新発売する株式会社ドクターフィル コスメティクス(本社:東京都中央区、代表取締役:松岡 初)では、「エイジングケア」に月に1万円以上かけている38歳から49歳の「アラフォー女性」103名を対象に、「アラフォー女性のエイジングケア」に関する意識・実態調査および「IC.U HA マイクロパッチ」試用調査を実施しました。
調査では、多くのアラフォー女性たちが「昔と現在との肌イメージの落差」を感じている実態や、「エイジングケア」に対する課題意識が明らかになりました。

▼「IC.U HA マイクロパッチ」 (2月16日新発売)
URL: https://www.phil-inc.com/product/essence/icu_ha_micro_patch.html


■ アラフォー女性95%に<肌ギャップ>あり! 「同窓会で実感」は92%も
 
はじめに、今回の調査では「過去の若々しかった肌のイメージ」と「年齢を重ねた現在の肌」との落差(ギャップ)を<肌ギャップ>と定義しました。 その上で<肌ギャップ>を感じたことがあるかをたずねたところ、多数の95%が「経験あり」と回答しました。
 

 

さらに、<肌ギャップ>を経験した女性のうち「他人から<肌ギャップ>を指摘された(小じわが増えたと言われるなど)経験がある」人は51%と半数以上を占めています。
 

 

<肌ギャップ>に悩む女性たちは、97%が「ここ数年でさらに<肌ギャップ>が気になるようになってきた」と考えており、他人からも指摘される可能性が高い<肌ギャップ>に対する”危機意識”の高さが見受けられます。

また、同年代女性が集まる機会である「同窓会」に参加した時に、他の女性に対して<肌ギャップ>を感じるかたずねました。すると、ここ数年で「同窓会」に参加した女性の92%が同級生の顔を見て<同窓会肌ギャップ>を実感している、という驚きの結果になりました。
 

 

<同窓会肌ギャップ>を感じたポイントとしては「肌のハリ」(68%)、「ほうれい線」(64%)、「目尻の小じわ」(57%)の順となりました。具体的には「色白でツルツルの肌だった友人ほど、肌がくすみ目もとのしわやくすみが特に目立って見えた。ケアしていないと老けていくのが早くなる気がして、ハッと自分の顔を鏡で見た」(38歳)、「目が大きくて美人だった人の目の下がすごくたるんでいて驚いた」(42歳)など、久々に会うからこそ目立ってしまう、肌のハリ、目尻のシワやたるみなどの老け込み、<同窓会肌ギャップ>に対する驚きの声が挙がりました。さらに同窓会の場で、「自分も老けて見られているのでは」と感じてしまうアラフォー女性も少なくないようです。


■ 肌のハリだけでなく、約8割が「ほうれい線」「目尻の小じわ」を気にしている

勝負の日でも、日常生活でも…アラフォー女性たちを悩ませていることが判明した<肌ギャップ>。そこで、アラフォー女性たちが<肌ギャップ>に対してどのような「エイジングケア」を行っているのかを調べました。まず、ご自身の顔で特に気になっている部位を答えてもらうと、1位「肌全体のハリ」(84%)、2位「ほうれい線」(83%)、3位「目尻の小じわ」(76%)の順に並びました。
 


女性たちにとって顔全体の印象を左右する「肌のハリ」対策はもちろん、「ほうれい線」「目尻の小じわ」に対するピンポイントケアも<肌ギャップ課題>の最重要事項に挙がってくるようです。

一方、実際に現在利用している、または利用した経験がある「エイジングケア」アイテムを挙げてもらうと、1位に「美容液」(99%)、2位に「クリーム」(87%)、3位に「化粧水」(83%)など「肌全体のケア」に対するアイテムが上位に。ここからは、<肌ギャップ>の課題である「ピンポイントケア」アイテムまで手が回っていない現状がうかがえます。


■ 「現状のエイジングケアで十分」はわずか26%…途中でやめられない不安も

さらに、アラフォー女性たちに現状行っている「エイジングケア」に対する満足度をたずねると、「自分の『エイジングケア』が十分だと感じている」女性は、わずか26%。
 

 

およそ4人に3人は「不十分」と感じながら、「エイジングケア」を続けていることがわかります。女性たちの声として、「エイジングケア化粧品を使っているが、いまいち実感がない。やめるともっとひどくなってしまうかもと思って続けている」(42歳)といったように、「途中でやめること」への抵抗感から仕方なく続けているという声もきかれました。

また、「目もとや口もとのケアは、最初頑張って続けても効果がなかなか現れないので、どうしてもさぼりがちになってしまう」(38歳)、「効果があるとは思うが、高価なエイジングケア商品は続けることが難しい」(49歳)など、「ピンポイントケア」に関しては「決定的な効果が得られていないこと」「効果がありそうな商品が高価格であること」などの悩みも共通するところのようです。


■ 94%がリピート希望! 目もと・口もとのお助けアイテム「IC.U HA マイクロパッチ」

フイルナチュラントではドクターズコスメならではの最先端技術を駆使して、目もとや口もとを集中ケアする美容液マスク「IC.U HA マイクロパッチ」を発売します。

「IC.U HA マイクロパッチ」をひと晩使用してもらった後、翌日の使用感をたずねると約9割の女性が「良かった」(86%)と回答。特に、「同窓会前など、人と会う大切なイベント前に利用できると思う」と回答した人は92%に上り、「同窓会」の前などにすばやく対策ができるピンチヒッターアイテムとして評価されていることがわかります。さらに、94%が「また使用してみたい」と回答。
 

 

効果の高さが期待できるエステや高額なエイジングケア化粧品(※1)と比較しても、73%の女性が「IC.U HA マイクロパッチ」が有用であると感じています。

具体的な感想としては、「貼ったまま寝るだけで、乾燥によるしわっぽさが悪目立ちする目もと・口もとが潤った」(45歳)、「年齢サインが気にならなくなったのでビックリ。目もとがふっくらしたように思います」(45歳)など、<肌ギャップ>の重要課題である「目もと」「口もと」への潤いをすばやく実感できた点に支持が集まりました。

※1 自社商品との比較

=========================================
[調査概要]
調査名:「アラフォー女性のエイジングケア」に関する調査
調査期間:2016年1月16日(土)~1月28日(木)
調査対象:「エイジングケア」に月に1万円以上かけている38歳~49歳の女性 103名
調査方法:インターネット調査
=========================================


■ ヒアルロン酸マイクロニードルが肌に直接ハリ感を注入する美容液マスク

今回の調査で明らかになった、現状の「エイジングケア」に対する不満の声とアラフォー女性の<肌ギャップ>に対する危機感。ドクターフィル コスメティクス「フイルナチュラント」から新発売する、ヒアルロン酸の美容液マスク「IC.U HA マイクロパッチ」は、そんな女性たちの強い味方です。

年齢を重ねることでお肌の水分保持力は低下します。それにつれて目もと・口もとなどの気になる部分に、ダメージが現れやすくなります。

「IC.U HA マイクロパッチ」は肌にハリ・弾力をもたらすヒアルロン酸の効果を最大限に引き出すため、最先端技術である「マイクロニードル技術」を採用。1シートに1300本の針状のヒアルロン酸が並んでおり、このヒアルロン酸が角層内へと直接入り込み、寝ている間に角層内で溶けて、気になる部分に直接ハリ感を注入します。お肌の負担を考慮し、無香料、無着色、パラベンフリー、アルコールフリーなど7フリー処方。

久々に友人と会う時に、週末のスペシャルケアに…ぜひご利用ください。
 

 

[商品概要]
商品名:エイジングケア(※2)美容液マスク「IC.U HA マイクロパッチ」
内容量:2枚入(1回分)
価格:1,800円(税抜)
発売開始日:2016年2月16日(火)
URL:https://www.phil-inc.com/product/essence/icu_ha_micro_patch.html
ご注文・お問い合わせ:0120-16-6051(フリーダイヤル)
※2 年齢に応じたお手入れ
*ヒアルロン酸=[ヒアルロン酸Na](保湿)

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 ドクターフィル コスメティクス
  4. >
  5. アラフォー女性、92%が同窓会で同級生女性の肌にドキッ!? 「ハリ」だけでなく「目もと」「口もと」も、昔と今の<肌ギャップ>の原因に!