水稲農家向け水位調整サービス 「Paditch(パディッチ)」のモニター募集開始!ならびにサイト開設のご案内

スマート水田の実現を目指す、新サービスが開始。最初のサービスとして水位調整サービス。

株式会社笑農和(本社:富山県滑川市、代表取締役:下村豪徳 http://www.enowa.jp)は、水稲農家向け水位調整サービス『Paditch(パディッチ)』のモニター募集を2016年3月16日(水)より開始することを発表いたします。『Paditch』はIoT水門機器(Paditch Gate01)を活用し水田の水位を調整するサービスで、「次世代のスマート水田」を実現していきます。

Paditchはスマート水田を実現するサービスであり、最初は水田で一番課題といわれる水管理を簡易化することにより、少子高齢化で大規模経営が加速する水田農業を支援していくべく開発いたしました。

 

■特徴

●田植え後の水管理を遠隔から行う事ができます。
●水位や時間などでの開閉指示も設定する事ができます。
●畦に穴をあけるもぐらやねずみの被害時にもアラート通知ができます。

 

■モニター利用料
モニター検証期間中はシステム利用料として1台あたり10,000円(税抜)の利用料が必要となります。
また、富山県外の現地立ち会いについては弊社にて対応の可否を判断の上、2回を上限として実施させて
頂くこともございます。この場合、これにかかる交通費、宿泊費その他の実費はお客様負担となります。


 

                                               Paditch Gate 01


                                              画面イメージ(Sample) 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社笑農和
  4. >
  5. 水稲農家向け水位調整サービス 「Paditch(パディッチ)」のモニター募集開始!ならびにサイト開設のご案内