水戸市・弘道館でビーコンを活用した案内をスタート!

~IoT技術の導入で観光をもっと楽しく~

 

平成27年4月、旧水戸藩の藩校である弘道館が、文化庁より日本遺産に認定され、今後さらに入館者数の増加が見込まれます。

そこで茨城県と水戸市は、BluetoothLEに対応したビーコン機能を活用したサービスを導入し、弘道館の入館者にきめ細かい案内を提供します(英語版にも対応)。特別史跡に指定されている施設でのビーコンの導入は初めてです。
 

「水戸のこと」トップ画面

 

水戸市の魅力を発信するスマートフォン向けアプリケーション「水戸のこと」をインストールした端末を持って、弘道館内の部屋7か所に設置されているビーコンに近づくと、端末にお知らせ画面が届きます。
各部屋ごとに動画や詳細な説明文を表示し、館内をより楽しく巡ることができます。

 

▼ビーコンを使って弘道館を楽しもう
http://bit.ly/1oIKjOt

▼水戸市ホームページ
http://www.city.mito.lg.jp/
▼水戸市Facebookページ
https://www.facebook.com/mimika310/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 水戸市役所
  4. >
  5. 水戸市・弘道館でビーコンを活用した案内をスタート!