『JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2016』受賞者が決定!角野友基、大原洋人、野村周平が来場!!!

アクションスポーツの発展に貢献した人物や、企業、イベントを表彰する 『JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2016』を3月18日(金)東京・原宿クエストホールにて開催致しました。

 

2012年10月にアクションスポーツの普及、発展、文化の向上を目的に設立した一般社団法人JASA(JAPAN ACTION SPORTS ASSOCIATION / 日本アクションスポーツ連盟 代表理事 金山元一)は、年間を通じてアクションスポーツ(サーフィン、スケートボード、スノーボード等)で活躍したライダー、アクションスポーツの発展に貢献した人物や、企業、イベントを表彰する 『JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2016』を3月18日(金)東京・原宿クエストホールにて開催致しました。
スノーボードに続き、オリンピック種目となる可能性が高いサーフィンとスケートボード。
アクションスポーツの未来が一同に集まりました。

受賞者プロフィール(RIDER of the YEAR)

 

■SURFER of the YEAR(MAN)

大原 洋人(おおはら  ひろと)

生年月日:1996年11月14日(19才)

出身地 :千葉県8才の頃にサーフィンをはじめ、2010年にプロテスト合格、若干14歳にしてNSA 全日本サーフィン選手権大会で優勝を果たす。その後、日本サーフィン界を牽引してきた糟谷修自(かすや しゅうじ)氏が専属コーチとなり、活動の拠点をハワイに移す。2013年に「ASP ワールドプロジュニア」3位、「ASP 4スター Vans Pro」5位、2014年 に「ASP 6スター Australia open」9位と国内だけではなく国外の大会でも活躍を見せてきた。そして、2015年には、世界最高峰の大会「VANS US OPEN OF SURFING」で日本人初の快挙である優勝を果たし、世界中に衝撃を与えた。今後、世界のトップツアーリーグであるWCT入りが期待される日本の若き至宝である。

■SURFER of the YEAR(WOMAN)

田代  凪沙(たしろ なぎさ)

生年月日 :1997年5月14日(18才)

出身地 :神奈川県

アマチュア時代から、国内外の大会を問わず、輝かしい活躍を見せてきた。13 才の時には日本代表として「ISAワールド・サーフィン・ゲームズ(ペルー)」に出場、日本人最高の17位となる。また2013 年には「ISAワールドジュニア・アンダー16」で11位、国内JPSAツアー最終戦でプロ合格とともに優勝というデビューを飾った。2014年は、史上最年少でJPSAグランドチャンピオンに輝き、ルーキーオブザイヤーも獲得した。さらに、2015年シーズンはJPSAツアー後半第5戦、6戦、7戦と3連勝を達成し、 見事2年連続JPSAグランドチャンピオンに輝くなど、国内では圧倒的な強さを誇っている。高校卒業を期に本格的に世界の舞台に挑戦するなど、今、最も注目される若手ガールズサーファー。

田代凪沙(左)大原洋人(右)

 

 

 


■SKATER of the YEAR(MAN)

瀬尻 稜(せじり りょう)

生年月日 :1996年12月11日(19才)

出身地 :東京都

若干16歳にして3年連続4度に渡りAJSA(日本スケートボード協会)プロツアータイトルを獲得。この頃から、すでにトップスケーターとして、その名を世界にとどろかせる。その後、挑戦の場を世界へと広げ、「Damn Am Minneapolis 2010(アメリカ)」や「2011 Dew Tour第2戦Portland大会(アメリカ)」等に参戦。2013年には、フランスで開催された「World Cup FAR’n HIGH 2013」 、チェコで開催された「World Cup MYSTIC SK8 CUP 2013」、さらには、「JAKALOPE 2013(カナダ)」でも見事、優勝を果たす。世界の強豪が集結するG-SHOCK「REAL TOUGHNENSS」でも2011年~2013年と3連覇を遂げた。

今シーズンは、スケートボード世界最高峰の大会「2015 STREET LEAGUE」に出場し、14位という成績を残すなど、世界での活躍が期待される日本を代表するスケーターである。

■SKATER of the YEAR(WOMAN)

中村 貴咲(なかむら きさ)

生年月日: 2000年5月22日(15才)

出身地 : 兵庫県

6歳の頃に、スケートボードをはじめ、8歳で初参戦した大会「VERTMEETING」バーチカル種目において、大人も混じった中で初優勝を果たす。さらに、2011年にAJSA全日本レディース選手権 パーク種目優勝を果たすと、翌年もAJSA全日本レディース選手権 パーク種目おいて優勝し、連覇達成。2014年アメリカで開催された「Girls Combi Pool Classic Amateurs 14 &under(USA)」に参戦し、世界大会への初出場を遂げる。初の世界大会で準優勝し、日本人女子として初の偉業を成し遂げた。この準優勝をきっかけに、世界最高峰の「US OPEN 2014(Van Doren Invitational Women‘s Bowl Contest )」からインビーテションされ6位入賞。今年も「VANS GIRLS COMBI POOL CLASSIC 2015」に参戦し、見事7位に入るなど、日本人女性ライダーとして、群を抜く活躍を見せている。

中村貴咲

 

 


■SNOWBOARDER of the YEAR(MAN)

角野 友基(かどの ゆうき)

生年月日:1996年5月18日(19才)

出身地:兵庫県

8歳からスノーボードを始める。雪が降らない兵庫県出身のため、シーズン中は週末のたびにスキー場へ、オフシーズンはKINGS(ジャンプ練習施設)や室内スキー場で練習をしていた。2011年「THE SLOPE国際大会」で優勝したことを皮切りに、TTR 4STAR「RIDE SHAKDOWN」にて前年度X GAMESの覇者を破り準優勝、14歳にして一躍世界のメディアから注目されるようになる。2012/13シーズン、Big Air競技で最も権威のある「AIR & STYLE」に史上最年少でインビテーションされ、「AIR & STYLE in Beijing 2012」ではアジア人初の優勝という偉業を果たす。2013年にはFISワールドカップ最終戦シエラネバダ大会で優勝、見事シーズン総合優勝に輝いた。 2014年ソチオリンピックから正式種目に加わったスロープスタイル競技では8位に入賞。今シーズンも「AIR+STYLEロサンゼルス2015」優勝、「BURTON US OPEN 2015」スロープスタイル優勝、「X GAMES 2016」ビッグエア3位と活躍が目覚ましい。

■SNOWBOARDER of the YEAR(WOMAN)

鬼塚 雅(おにつか みやび)

生年月日: 1998年10月12日(17才)

出身地 : 熊本県

5 歳でスノーボードを始め、8 歳でバートンとスポンサー契約を結ぶ。スロープスタイル競技に本格的に参戦するまでは、レールなどの人口造作物を使った「ジブ」と呼ばれるカテゴリーで頭角を表し、日本最強のガールズジバーと呼ばれていた。2013 年にスイスで行われた 「O‘Neill Evolution 2013」女子ビッグエアーで優勝するなど、ソチ五輪への出場も期待されたが、選考大会となったワールドカップの成績が振るわずに日本代表入りはならなかった。 2015 シーズンは、2014年9月の 「BURTON HIGH FIVES」で2位、1月の世界選手権で大会史上最年少記録となる 16 歳 3 ヶ月で日本人女子初優勝という快挙を成し遂げ、昨年も同賞を獲得。今シーズンも、「LAAX 2016」スロープスタイル3位などの活躍が評価され、2年連続の受賞となった。
 

角野友基(左)・鬼塚雅(右)

 

 

 


■SPECIAL AWARD

(株)レスポンスエンジニア

スノーボード練習施設「KINGS」を運営している株式会社レスポンスエンジニア。「KINGS」とは、ゲレンデに設置されている人気のアイテムであるジャンプ台をオフシーズンでも練習する事ができる施設。初心者の方 から、競技者用のオフトレーニング施設として利用され、角野友基選手をはじめとしたトップライダーも輩出している。また、同社は神戸のリゾート地 において、人工サーフィン施設『KOBE REYES(レイーズ)』を2016年中にオープン予定であり、スノーボード、サーフィンにおけるアクションスポーツの環境作りに大きく貢献している。
 

SPECIAL AWARD (株)レスポンスエンジニア 平岡暁史

 

 

 


■SPECIAL AWARD

野村 周平

1993年生まれ。2009年の全国オーディションにてグランプリを受賞し、2010年俳優デビュー。中国人とのクォーターで中国語も堪能。5才の時に始めたスノーボードをきっかけに、BMXやスノーボード、スケートボードなどのアクションスポーツ全般を

趣味にしている。最近では、映画・ドラマ・舞台・CM と幅広く活躍する一方、自身のプライベート映像『Extream Life』や、テレビ、雑誌その他メディアを通じて、アクションスポーツを世の中に拡めていることから、今回の受賞となった。

SPECIAL AWARD 野村 周平

 



3月20日は『アクションスポーツの日』!!
 2013年6月20日に、JASAは毎年3月「春分の日」(国民の祝日)を一般社団法人 日本記念日協会に申請し、
『アクションスポーツの日』に制定いたしました。
2016年は3月20日がその日にあたります。
年に一度の『アクションスポーツの日』には、家族、兄弟、いつもの仲間たちと海でサーフィン、山でスノーボード、街や公園では、スケートボードやBMXなど、体を目一杯動かしてアクションスポーツを楽しんでほしいと思います。
JASAでは、3月20日『アクションスポーツの日』に実施されるイベント情報やお得な情報を随時お知らせしていきます。
報道関係のみなさまには、こちらの情報を知って頂くと同時に、ひろく消費者にお伝え頂きますようお願い申し上げます。



What’s JASA・・・
一般社団法人JASA(Japan Action Sports Association/日本アクションスポーツ連盟)
日本におけるアクションスポーツ(サーフィン、スケートボーディング、スノーボーディング等)の普及、それにともなう文化の向上を図ることを目的に、メーカー、小売、関連する企業が協力して2012年10月に設立した団体です。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 一般社団法人日本アクションスポーツ連盟
  4. >
  5. 『JAPAN ACTION SPORTS AWARDS 2016』受賞者が決定!角野友基、大原洋人、野村周平が来場!!!