宮崎県日向市が“サーフィン”で町おこしサーフィン利用客数252,000人を目標に地方創生PR「リラックス・サーフタウン日向」プロジェクト始動!

宮崎県日向市(以下、当市。)は、地方創生の取り組み指針「元気な“日向市”未来創造戦略」の一環 として、「お倉ヶ浜」や「金ヶ浜」をはじめとした全国屈指のサーフスポットを有する当市ならではの魅力を発信するプロジェクト「リラックス・サーフタウン日向」を本日2016年12月1日(木)より始動します。

今回の「リラックス・サーフタウン日向」プロジェクトは、温暖な気候や豊かな自然環境という当市の特性を生かした人口減少対策として、 市外からの交流人口や移住者の増加を目的に立ち上げました。

当市の海は、水温が温かく、一年を通して楽しめる質のよい波に、ゆったりと広いビーチがあるのが特長で、喧騒から離れてのんびりとサーフィンを楽しみたいという方に最適な場所です。そんな当市の魅力を、市外に暮らす方にも知ってもらうために、様々なコンテンツを通じて情報発信していきます。

 本プロジェクトでは、なにかに驚くほど感動したとき、そしてリラックスしたときに思わずもれてしまう「ヒュー!」という言葉を用いた、「ヒュー!日向」をキャッチコピーとして活動します。

また具体的な活動として、「ヒュー!日向」PRサイト(http://www.phew-hyuga.jp/)をオープン。同サイトにおいて、ビーチやシャワースポットなどのサーファー向けの情報に加え、地元グルメや絶景スポットなど、日向市の観光資源に関する情報も豊富に盛り込んだ『ヒュー!マップ』を展開します。また、サイト上から現在の波の様子を確認できるリアルタイム動画配信『お倉ヶ浜ライブカメラ』や、約2ヶ月半のサーフィン猛特訓で内気なネットサーファーだった少年が、“リアルサーファー”に大変身するPR動画『Net surfer becomes Real surfer』なども公開します。

さらに、WEB展開だけに留まらず、日向市一のサーファー訪問者数を誇る「お倉ヶ浜」に、サーフスポットの象徴として、フォトスポットにもなる『ヒューくんモニュメント』を設置したり、より良い環境でサーフライフを過ごしたいと思っている移住希望者のために、東京・大阪などの都市部で移住相談会を開催します。

 今後も当市は、2019年までに新たな移住者数200 人、サーフィン等の利用客数252,000人を目標として、本プロジェクトをはじめとした様々な施策を推し進めてまいります。

▼「リラックス・サーフタウン日向」プロジェクト概要
当市では、2014年12月から「日向市まち・ひと・しごと創生総合戦略推進本部」を設置し、市の特性を生かした人口減少対策として「元気な“日向市”未来創造戦略(日向市総合戦略)」を策定し、目指す将来像に向けた4つの基本目標を定めました。そして現在、2060年の人口45,000人超を目指し、2015年から5カ年で重点的に取り組んでいます。

【4つの基本目標】
1.しごとを創りだす未来創造戦略
2.豊かな自然を生かし新たな人を呼び込む未来創造戦略
3.元気な子どもを産み育てる未来創造戦略
4.地域が連携し安全で安心な暮らしを守る未来創造戦略

【数値目標(2019年)】
・新たな移住者 200 人
・サーフィン等利用客数 252,000 人
・空き家・空き店舗・廃校校舎等の利活用件数 25 件
 

今回の「リラックス・サーフタウン日向」プロジェクトは基本目標2にあたる「豊かな自然を生かし新たな人を呼び込む未来創造戦略」の一環として、温暖な気候や豊かな自然環境を生かし、全国でも有数のサーフスポットがある当市に、新しい人を呼び込むことで地域活性化を目指します。また、サーフィンをしながら働きたい、学びたいという方に情報提供や相談体制・サポート体制を構築し、定住人口の増加を図ることを目的としています。

日向市の海は、温暖な気候で水温も温かく、安定した質のよい波に、ゆったりと広いビーチがあるのが特長です。
当市から離れた場所で暮らす方にも、のんびりとサーフィンを楽しんでもらえる町として、「リラックス・サーフタウン日向」を訴求していきます。

※参考資料
日向市人口ビジョン・総合戦略について:
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/display.php?cont=151027084652
日向市人口ビジョン(平成27年10月):
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/tempimg/20151217092316.pdf
日向市総合戦略(平成27年10月):
http://www.city.hyuga.miyazaki.jp/tempimg/20151217092614.pdf
 

宮崎県日向市総合政策部総合政策課 政策推進係 主任主事 橋口智一から皆様へ
日向市は、お倉ヶ浜や金ヶ浜に代表される全国有数のサーフスポットはもちろんのこと、温暖な気候に育まれたおいしい食べ物や「馬ケ背」「願いが叶うクルスの海」などの素晴らしい景観も自慢です。ぜひ一度遊びに来てください!


▼キャッチコピー「ヒュー!日向」

ヒュー! それは驚いたときにもれる言葉。
日向には、サーファーが思わずヒュー!と言ってしまうような魅力的な浜辺、波、風、太陽、たくさんのヒュー!スポットがあります。
ヒュー! そしてそれは、ほっとしたときに思わずもれる言葉。
日頃の喧騒をはなれ、ゆったりサーフができる日向にきて、思いっきりリラックスしてほしい、という想いを込めました。

【メインキャラクターとロゴマーク】
本プロジェクトのメインキャラクターはカモシカの「ヒューくん」。
日に向かう日向をイメージした明るく黄色いお日様マークと、日向の海に恋をして山からおりてきた「ヒューくん」が、サーフしている楽しそうな雰囲気をロゴマークにしました。
【サーファーに大人気のイラストレーター Jonas Claesson氏を起用!】

本プロジェクトのアートワークは、動物をモチーフとしたポップなサーフィンアートで、世界中のサーファーから絶大な人気を誇る、オーストラリア在住のイラストレーター、Jonas Claesson(ジョナス・クレアッソン)氏が手掛けています。自然と動物を愛し、世界のサーフスポットを旅してきたジョナス氏が日向のすばらしい自然とサーフィンスポット、プロジェクトの趣旨を気に入ってくれたことから、今回のコラボレーションが実現。イラストを描くにあたっては、実際に日向に滞在し、サーフスポットや各地の名所、食事などを楽しんでもらいました。

 

Jonas Claesson(ジョナス・クレアッソン)
ウェーデン・ストックホルム出身、シドニー在住のイラストレーター。オーストラリアでのサーフィンライフと北欧のルーツが融合したユニークな世界観を持つ。動物たちが美しい自然と共生する絵が、世界中のサーファーたちの間で話題に。アルファベットごとの動物が、サーフィンを楽しむ絵本「THE SURFING ANIMALS ALPHABET」を2015年出版。サーファーだけではなく大人から子供まで愛されている。日本においては、サーフ・ビーチカルチャーの祭典「GREENROOM FESTIVAL’16」にもアート部門で参加している。

▼具体的活動について

(1)PRサイトオープン
■ 公開日:2016年12月1日(木)
■ URL:http://www.phew-hyuga.jp/
■ 主なコンテンツ:
『ヒュー!マップ』

「波乗り」「シャワー」「いい宿」「駐車場」「ごはん」「絶景」「観光」などカテゴリー毎にスポット情報を紹介。サーフィン情報に加えて、日向市の観光資源に関する情報も豊富に盛り込んでいます。
『日向の海の楽しみ方』

日向を訪れたサーファーと、地元の人がともに気持ちよく過ごせるように。ジョナスがイラストを担当したリーフレットを制作しました。”リラックスサーフライフ”を送るために大切な10箇条を紹介します。
『お倉ヶ浜ライブカメラ』
日向市のメインビーチ、「お倉ヶ浜」に設置してあるライブカメラの映像を、リアルタイムでお届けします。
PR動画『Net surfer becomes Real surfer』
内気なネットサーファーが、約2ヶ月半のサーフィン猛特訓で“リアルサーファー”に大変身!?
日向の海でまるで別人のように生まれ変わる少年の半ドキュメント作品。衝撃のビフォーアフターは必見です。

その他、様々なコンテンツ(ヒュー!日向とは?/今日の日向/お知らせ/ジョナス滞在記/移住セミナー情報/来月のサーフ予報)を展開します。

(2)おしゃれなフォトスポット誕生!「ヒューくんモニュメント」をお倉ヶ浜に設置

■設置日:2016年11月25日(金)~


ジョナスの楽しく美しいイラストで描かれているのは、日向の太陽、海、山、名物のへべす、そしてサーフィンを楽しむリラックス・サーフタウンのシンボルキャラクターであるヒューくん。
日向の海を訪れたサーファーたちがこの場所で記念撮影をし、SNSにあげて思い出をシェアしたり、いつまでも記憶に留めてもらえるツールとして設置しました。


(3)移住相談会の実施

本プロジェクトを通して、日向市をより良く知ってもらうために移住相談会を実施いたします。
日向市のサーフィンの魅力に精通した方や、実際に日向市外から移住した方をゲストスピーカーに招き、トークセッション形式で日向市の魅力をお伝えします。

【第1回:大阪】
■日時:2017年2月11日(土)
■会場: FM802会議室
【第2回:東京】
■日時:2017年3月11日(土)
■会場:TBSラジオ会議室
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 宮崎県日向市
  4. >
  5. 宮崎県日向市が“サーフィン”で町おこしサーフィン利用客数252,000人を目標に地方創生PR「リラックス・サーフタウン日向」プロジェクト始動!