気温2度の寒さの中でも大盛況!今年注目のセブン-イレブン「冬アイス」試食体験会

気温2℃の中でもアイスマニアたちはアイスを堪能!

​ (株)セブン-イレブン・ジャパンは、昨今注目の冬に食べるアイス、「冬アイス」※をさらに盛り上げるため、一般社団法人 日本アイスマニア協会の会員の皆様と代表理事のアイスマン福留さんをお招きし、『今年注目のセブン-イレブン「冬アイス」試食体験会』 を2016年11月24日(木)に実施いたしました。









 イベント当日は、54年ぶりに都心で11月の初雪が観測され、気温2度という中で開催されました。会場には、日本アイスマニア協会の会員様の中から抽選で選ばれた約40名様がご来場しました。トークセッションでは、アイスマン福留さんにご登場いただき、今年のおすすめ「冬アイス」や今年の「冬アイス」トレンドについてお話しいただきました。

 アイスクリーム市場は、年々伸長しております。アイスは夏に食べることが一般的でしたが、最近は冬に暖かい部屋の中で食べるアイス「冬アイス」の需要も増加しております。現在のスイーツのトレンドとして、2種類以上のスイーツを掛け合わせたハイブリットスイーツがトレンドになっております。特に、ハイブリットスイーツの中でも何かでアイスを挟んだアイスサンドが今年のトレンドを担っています。コンビニスイーツとして、お菓子だけではなく、アイスクリームも選んでいただけるように取り組んでまいります。

※「冬アイス」は、夏ではなく、冬に食べることを前提に作られたデザートアイスのことです。近年、冬でもアイスを 食べるという人が増えており、セブン-イレブンにおいても冬のアイス需要は年々伸びています。







■今年、注目の冬アイスにアイスマン福留さんが全身で美味しさを表現


 トークセッションの中でアイスマン福留さんが実際にアイスを試食する場面では、4年間で、合計113回も試作を実施した『セブンプレミアム まるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバー』に対して「食べた食感が本物のマンゴーと同じなので、本物のマンゴーと区別がつかない!」とコメント。最も販売数が多い『セブンプレミアム ワッフルコーンミルクバニラ』に対しては、「コーンではなく、ワッフルを使っているため、食感が他よりも楽しめます。アイス好きにとって嬉しい。」とコメントしました。今年のトレンドでもある『セブンプレミアム フランボワーズマカロンアイスクリーム』が紹介されると、「手持ちしやすいサイズとフランソワーズの風味、マカロン食感が最高!」と美味しさを立ち上がりながら全身で表現して、ご来場された日本アイスマニア会員の皆様にもアピールしていました。

 また、アイスマン福留さんが考案したコンビニ食材で簡単にできるオリジナルの冬アイスのアレンジレシピを紹介。フルーツグラノーラやメープルシロップくるみと蜂蜜をワッフルコーンバニラにトッピングするアレンジや、セブンカフェのコーヒーをワッフルコーンバニラにかけてアフォガート風にする「セブンカフェ バニラ アフォガード」、飲むヨーグルトにまるでマンゴーを冷凍したような食感のアイスバーをカットして食べる「フローズンマンゴーヨーグルト」などを様々なアレンジレシピを紹介。「コンビニで揃う商品だけで手軽にできるアレンジとして、どれも美味しくできていると思います」とコメント。

 イベント終了後の試食会の時間では、新作のアイスやアレンジアイスなど、好みのアイスをいくつも食べる協会員の皆様で会場は大盛況。中には、「8個食べました!」という熱狂的なアイスマニアの方もいて、教会員の皆様も大満足のイベントとなりました。アイスマン福留さんが紹介したアレンジレシピは、試食会でも提供され、アイスマニア協会の会員様も大好評となりました。今後も(株)セブン-イレブン・ジャパンでは、冬アイス市場がさらに活性化するよう、冬にアイスを食べるというトレンドを発信してまいります。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
  4. >
  5. 気温2度の寒さの中でも大盛況!今年注目のセブン-イレブン「冬アイス」試食体験会