家庭円満の秘訣は“アベノミクス”より“ママノミクス“!? ~日本三大都市、東名阪の30~40代ママ600名に徹底調査~ 「ママのご褒美」に関する調査

“アベノミクス”効果で夏のボーナスは増加すれども、 家庭円満のためにはママたちの幸福度を上昇させる“ママノミクス”が重要だった! そのための鍵は「自分だけのゆっくりした時間」(=バスタイム)。

 ユニリーバ・ジャパンが展開するビューティブランド「Dove(ダヴ)」では、東名阪の30~40代のママを対象に、ママたちのご褒美に関する調査を行いました。その結果、ママの幸福度がもたらす家庭円満の効果がわかりました。
 日本の景気の上昇にむけた金融政策が「アベノミクス」と呼ばれていますが、“Dove”ではママたちの幸福度の上昇に向けた活動を“ママノミクス” と名付け、その効果を高める鍵や、幸福度を左右するママにとってのご褒美が何かについて調べました。以下がその調査結果になります。

【基本調査概要】 調査方法 : インターネットアンケート
調査実施機関 : 楽天リサーチ株式会社
調査実施期間 : 2013年7月20日(土)~7月21日(日) 対象者 : 子どもを持つ母親600名
対象地域 : 東京エリア、名古屋エリア、大阪エリア 各200名
対象者年代 : 30歳~49歳

【調査結果サマリー】

①アベノミクスの影響あり!? 2013年、今夏のボーナスは平均1万9525円の増加!
但し、ボーナスを自分のご褒美に使ったママは2割。
 
 今夏、ボーナスを支給された人の平均金額は60万7884円。そのうち「ボーナスが昨年より増加した」と回答した人は約1/4で、一世帯あたりの平均増加額は1万9525円となったことから、アベノミクス効果は徐々に出ている様子がうかがえます。しかしながら、ボーナスを自分のご褒美のために使ったと回答したママは2割にとどまっていることがわかりました。

②ママたちにとってのご褒美は「お金」よりも「時間」。「自分のための時間」があるほど幸福度が高く、家庭円満度にもつながる。つまり、“ママノミクス”の鍵は、「自分だけのゆっくりした時間」にアリ!

 ママたちにとっての「今、一番欲しいご褒美」の第一位は「自分だけのゆっくりした時間」であり、30%以上の人が選択。さらに、「自分のために使える時間」があるママほど「幸福度」が高く、「夫婦・家庭の円満度」も高いことが分かりました。

③「自分のために使える時間」ママの理想と現実には大きなギャップ。数少ない貴重な“自分時間“である「バスタイム」に滿足しているママほど幸福度も高い。

 ママたちが1日に自分のために使える平均時間は現状119分であり、理想の自分時間には50分ほど足りないという結果に。貴重な自分時間の1位にあがったのは、「バスタイム」。さらに、バスタイムに満足しているママほど幸福度が高い傾向にあることもわかりました。

④過半数のママは「自分だけのバスタイム」を実現できず、7割のママにはバスタイムを充実させるための具体的アイデアがない。ママの自分時間の増加に必要不可欠な「夫の協力」と「バスタイム充実の具体策」が“ママノミクス”の二本の矢になる!!

 現状、子どもと一緒にバスタイムを過ごすママたちが半数。但し、本当は一人でバスタイムを過ごしたいというママが9割近くいることがわかりました。また、ママの自分のために使える時間を増やすために夫の協力が必要であると78%のママたちが回答したことから、夫の協力がママの一人バスタイム促進の鍵があることがうかがえます。また、世の中のママたちはバスタイムを充実させるための具体策を欲していることが明らかになりました。

 現状、子どもと一緒にバスタイムを過ごすママたちが過半数。但し、本当は一人でバスタイムを過ごしたいというママが9割近くいることがわかりました。また、ママの自分のために使える時間を増やすために夫の協力が必要であると78%のママたちが回答したことから、夫の協力がママの一人バスタイムを促進させることがうかがえます。また、世の中のママたちはバスタイムを充実させるための具体策を欲していることが明らかになりました。

=====================================================

【調査レポート①】

アベノミクスの影響あり!?2013年、今夏のボーナスは一世帯あたり平均1万9525円の増加!
但し、自分にとってご褒美となるものにボーナスを使ったママはわずか2割。

 今回の調査において、ボーナスをもらっていた家庭は61%で、平均支給額は60万7884円でした。約1/4の家庭ではボーナスが昨年よりも増えたと回答。ボーナスの増加額は、回答者の総数で、換算すると一世帯あたり平均1万9525円となったことから、“アベノミクス”効果がうかがえる結果に。しかしながら、ボーナスを自分のために使ったと回答したママはわずか2割にとどまり、ボーナスを自身のご褒美となるものに対して使うママは少数派のようです。

 

【調査レポート②】

“ママノミクス”の鍵は、「自分だけのゆっくりした時間」にアリ!
ママたちが今欲しいご褒美の第1位は「時間」で「お金」よりも上位。

「自分のための時間」があるママほど幸福度が高く、家庭・夫婦の円満度も高い傾向に。

 ママたちに「今、最も欲しいご褒美」について尋ねたところ、1位は「自分だけのゆっくりできる時間」となり、30%以上のママが選択。2位「お金」に10pt以上の差をつける結果となったことから、ママたちはお金よりも「自分だけの時間」をご褒美として欲していることがわかりました。また、自分のために使える時間と幸福度の関係性を調べたところ、自分のために使える時間があるママほど幸福度は高くなる傾向に。さらに、この「自分だけの時間」が多いママほど、「夫婦円満度」も高く、また夫婦喧嘩の回数も少ない傾向にあることから“ママノミクス”の鍵を握るのは「自分だけのゆっくりとした時間」にあるようです。

 

【調査レポート③】

ママが自分のために使える時間、平均119分 理想は169分で、現実との差は50分以上。
数少ないママたちの自分時間、第1位は「バスタイム」に 滿足しているママほど幸福度は上昇傾向に。

では実際に“ママノミクス”の鍵を握る“自分時間”をママたちはどれくらい持つことができているのかを調べたところ。平均的な自分のための時間は一日当たり「119分」となりました。一方「理想の自分のための時間」を調べたところ平均「169分」となり、50分以上のギャップが存在することがわかりました。また、ママたちにとって自分のために使える時間として「バスタイム」が第1位となりました(※就寝関連時間を除く)。さらにバスタイムに満足しているママほど幸福度が上昇する傾向になることがわかりました。

【調査レポート④】

バスタイムを一人で過ごせないママたちが過半数。
バスタイムを充実させたいがそのためのアイデアがないママたちが7割。
ママの自分時間の増加に必要不可欠な「夫の協力」と 「バスタイム充実の具体策」が“ママノミクス”の二本の矢になる!!

 現状、子どもと一緒にバスタイムを過ごすママたちが過半数。但し、本当は一人でバスタイムを過ごしたいというママが9割近くいることがわかりました。また、ママの自分のために使える時間を増やすために夫の協力が必要であると78%のママたちが回答したことから、夫の協力がママの一人バスタイムを促進させることがうかがえます。
 さらに、バスタイムを今よりも充実させたいかということを調べたところ、60.7%ものママたちが充実させたいと回答。但し、実際には充実させるために具体的なアイデアを持っているママたちは28.8%となり、バスタイムを充実させるための術が分からない迷えるママたちが7割に及ぶことがわかりました。ママたちに充実したバスタイムを過ごしてもらうためのアイデアを提案し、ママたちにとってバスタイムをご褒美にしてあげることが、ママノミクスの鍵となりそうです。

 

 

 

 

 

そこで、ママたちの幸福度上昇“ママノミクス”の鍵となる、
バスタイム充実の具体策をダヴから新提案!

【“ご褒美バスタイム推進プロジェクト” 概要】

今回の調査から、ママたちのバスタイムをご褒美にしてあげることが、ママノミクスの鍵となる事が分かりました。
それを受けて、「Dove(ダヴ)」では、ママたちのご褒美バスタイムの実現をサポートする“ご褒美バスタイム推進プロジェクト”を新たに始動! このプロジェクトでは、ママたちに明日の活力となるようなちょっとした幸せを感じてもらえる“毎日のご褒美習慣”を提案していきます。

■キャンペーン名:ご褒美バスタイム推進プロジェクト
■キャンペーンURL:http://japan.mydove.jp/camp/rcs
(PC・スマートフォン共通)

 

【ご参考:ダヴ ボディウォッシュ リッチケア 商品概要】

~忙しい毎日を送るママたちへ。自然の恵みを贅沢に配合したボディウォッシュで、毎日ご褒美バスタイム!~

■商品名:ダヴ ボディウォッシュ リッチケア
(写真左から)
ダヴ ボディウォッシュ リッチケア シアバター&バニラ
ダヴ ボディウォッシュ リッチケア ココナッツミルク&ジャスミン
■発売日:2013年9月5日(木)
■内容量:ポンプ 500g / つめかえ用 360g   
■価格: オープン価格
■販売:全国

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ユニリーバ・ジャパン株式会社
  4. >
  5. 家庭円満の秘訣は“アベノミクス”より“ママノミクス“!? ~日本三大都市、東名阪の30~40代ママ600名に徹底調査~ 「ママのご褒美」に関する調査