オープンソースCMIS互換ECMサーバ製品NemakiWareをリリース

株式会社イージフが、NoSQLベースのオープンソースCMIS互換ECMサーバ製品NemakiWareをリリース

株式会社イージフが、世界に先駆けて、初期設計段階からこのCMIS規格に準拠したECMサーバ製品をオープンソースモデルで開発しました。本日よりNoSQLのスケーラビリティと柔軟性を活用したCMIS互換ECMサーバNemakiWareの提供を開始すること発表いたします。
main image

Tokyo, Japan - 2013年7月24日

株式会社イージフ(本社:港区 代表取締役社長:藤井健一郎、以下aegif)は、本日よりNoSQLのスケーラビリティと柔軟性を活用したCMIS互換ECMサーバNemakiWareの提供を開始すること発表いたします。

現在ハイエンドの文書・コンテンツ管理要件に対して提供されている所謂ECMソフトウェアは十数年の歴史を持つものが多く、その基盤としてその当時すでに安定した技術であったRDBMSが利用されています。企業内の電子情報が爆発的に増加している昨今においては、スケーラビリティと柔軟性の点において伝統的なアーキテクチャでは対応に苦慮する状況がでてきています。

また、それらの実績のあるECM製品同士の市場競争の歴史の中で、コンテンツ管理に要求される機能の大部分は標準化が図られ、現在では主要ベンダのほぼ全てが参画する委員会によって策定された相互運用規格CMISがOASISによって認められ、各社も積極的に準拠をうたっている状況にあります。(CMISは既存製品に共通する機能を抽出する形で策定されています。)

aegifでは、世界に先駆けて、初期設計段階からこのCMIS規格に準拠したECMサーバ製品をオープンソースモデルで開発しました。また、DB基盤としてオープンソースのドキュメント指向DBであるCouchDBを採用することで、現在のECM業界共通の課題である情報爆発への対応、よりネイティブに近いクラウド対応を視野にいれています。

現在多くの先進的なECM導入事例においてCMISの規格に則ったシステム連携がなされています。今後それらのシステムの更新や拡張に際してリポジトリである既存のECM製品が足かせになった場合などに、より安価でよりオープンな選択肢としてNemakiWareを利用することが可能になります。もちろん、単体の文書管理サーバとして利用することも可能です。

aegifは日本市場における企業向けオープンソース製品の導入支援をコア事業の1つとする企業であり、NemakiWareもオープンソースモデルによって開発されています。評価や試用などは完全に無料かつ自由に行うことができます。今回、初期リリースバージョンの公開とともに商用のサポートの提供を開始します。

NemakiWareについてhttp://NemakiWare.com

aegifについてhttp://aegif.jp/
aegifは、コストメリットの大きくまた高品質なオープンソースソフトウェアの普及を通じて、IT分野で企業の競争力強化を支援しています。
全世界で導入実績のある高品質な商用オープンソースソフトウェアを対象に、コンサルティング、導入支援、トレーニングなど様々なサービスを提供しています。

--
株式会社イージフ(Aegif Corporation)
Mail: nemakiware@aegif.jp | Tel: 03-5771-1566

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社aegif
  4. >
  5. オープンソースCMIS互換ECMサーバ製品NemakiWareをリリース