【新商品】和食の国際化時代に一石を投じる白磁の「モダン酒杯」

皇室ご用達の洋食器メーカー大倉陶園と㈱食文化が共同開発

インターネットでこだわりのグルメ食材を取り扱う株式会社食文化(本社:東京都中央区 代表取締役 萩原章史)は、株式会社大倉陶園と共同で、現代的な食事の場でも映える酒杯を開発し、独占販売します。

商品ラインナップは、2016年の干支「申」にちなみ、申蟹合戦から着想を得て、メスの渡りガニの意匠をあしらった、干支の酒杯「申」(販売価格:12,960円 税込)、“オークラのホワイト”と世界で賞賛される白磁を活かした酒杯「高台金仕様」(販売価格:8,888円 税込)の2種類。

同社運営のインターネット通販サイトでの限定販売品です。


干支の酒杯「申」(販売価格:12,960円 税込)

「高台金仕様」(販売価格:8,888円 税込)

 

商品詳細 : http://www.umai-mon.com/info/okura_liquorcup2016/index.html
大倉陶園紹介コンテンツ : http://www.umai-mon.com/info/okura/index.html


■製造に至ったいきさつ

 (株)食文化のメインサイトである「うまいもんドットコム」で大倉陶園の商品ラインナップを販売する中で、普段の食事の場でも違和感なく使える酒杯が無いことに気づいた(株)食文化代表萩原が、『日本酒がこれだけ欧米で飲まれるようになったのに、洋食器の酒杯が大倉陶園にないのは残念だから、一緒にゼロから作りましょう。』と持ちかけたことから始まりました。

 過去に酒杯を制作した際の記録や型がほとんど現存していないため、「デミタスカップの持ち手部分を取る」といった他の器からの転用などの試行錯誤の結果、既存の型を使用せず、一から型を取り新作を作ることになりました。今回の酒杯の設計とデザインは食文化での独占販売が許されており、かつてないオリジナル商品です。
 

0からデザインを起こして作成したオリジナルの酒杯です

全て手作りで製造されています

 

■大倉陶園について

 1919年創業の大倉陶園は、日本における最高級の洋食器メーカーとして「良きがうえにも良きものを」を企業理念に掲げ、美術的価値の高い磁器を作り続けています。製品は「セーブルのブルー、オークラのホワイト」と並び賞され、皇室をはじめ各宮家、日本国迎賓館、各国元首への贈答品としても高い支持を受けており「色の白さ」「磁器質の硬さ」「肌のなめらかさ」は大倉陶園しか出せない高いクオリティを誇ります。
 完璧な白磁の美しさを作り上げるために最高級カオリンを贅沢に使用し、焼成には世界でも類を見ない1460℃の高温度で本焼きをするなど卓越した技法を完成させ、美術工芸品と呼ぶにふさわしい様々な装飾技法と合わせ『日本を代表する最高級の食器』と高い評価を得ています。

■株式会社大倉陶園コメント

 今回ご紹介いたします酒杯も創業者の、“世界最高級の磁器を追及する”という理念のもと制作させて頂きました。制作にあたり、食文化様における理念や姿勢は私共と共通すると認識しており、この作品を皆様にご紹介出来る機会を得ました事を心より感謝申し上げます。
 

 


■(株)食文化について

 2001年の創業以来、日本全国の一般入手困難なこだわりの食材や、地域限定の伝統食など、多種多様で個性あふれる食品や食材を取り扱ってきました。
 生産者や販売者とともに歩み、生産地での価値を消費者の皆様にお伝えすることを使命と考えます。
 『胃袋を満たすだけでなく、心も満たす食』
 食を通じて、日本人の元気と幸せに貢献したいと考えています。

 

事業内容:
日本全国の食品をインターネットを通じて販売するウェブサイト、うまいもんドットコム・築地市場ドットコムの運営。
メディアとコラボレーションしたECサイト dancyu.com(プレジデント社)目利き問屋(日経レストラン)の運営。
ローソン(ローソンフレッシュ) KDDI(auおまかせショッピング) 伊藤忠食品(ギフトカードモールExchange)等の企業と共同で食品の通信販売事業を運営。その他、楽天 Yahoo!ショッピング DeNAショッピング等でショップ展開し、各モールでの受賞歴多数。自社運営・モール出店合わせて16のEコマース事業を運営している。

ホームページ:http://www.shokubunka.co.jp
本社所在地:東京都中央区築地6-15-10

■代表 萩原章史プロフィール

氏名: 萩原 章史
肩書: 代表取締役社長
年齢: 53歳
略歴: 1962年静岡県生まれ。大学卒業後、大手ゼネコンに勤務。中国・北米などを中心に13年間を海外で暮らす。2001年株式会社食文化を起業。インターネットやパソコンが出来ない生産者を支援するためのネット販売システムを構築し、日本人を元気にすることをミッションに掲げ、中高年をターゲットにしたEコマース『うまいもんドットコム』を始める。2004年東京中央卸売市場(築地青果市場)と提携し、全国の特選フルーツや野菜を宅配する新ビジネス『築地市場ドットコム』を開始する。
 自社開発したECシステムを積極的に他社展開し、dancyu.comや目利き問屋等のメディアとコラボレーションしたショッピングサイトをオープン。近年では13年に及ぶインターネット通販のノウハウをローソンやKDDIといった企業に提供し、共同で事業を展開している。ガイアの夜明け・ソロモン流等、メディア出演歴多数。渋谷区の北谷稲荷神社の神職(権禰宜)という側面も持つ。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 食文化
  4. >
  5. 【新商品】和食の国際化時代に一石を投じる白磁の「モダン酒杯」