相続税課税の強化を受けて「マンション投資で相続対策」のスペシャルコンテンツをリリース

マンション投資が相続対策に有効な理由である事をわかりやすく説明

大和ハウスグループの大和ホームズオンライン株式会社(本社:東京都千代田区、社長:富樫紀夫)は、2013年11月29日、Webサイト「住まいのバトン」に「マンション投資で相続対策」のスペシャルコンテンツを掲載開始します。
main image

【平成25年度より相続税の課税が強化】
平成25年度の税制改正により相続税の課税が強化され、課税対象となる方が増加することが見込まれております。今まで、相続税は関係ないと思っていた方が、実は相続税の課税対象になる可能性があります。
当サイトは、「相続税簡単シミュレーション」を設けていますので、ご自身の財産を入れていただければ、相続税の概算が瞬時にわかります。また、税制改正前と税制改正後も比較できます。


【マンション投資が相続対策に有効な4つの理由】
① 換金性
相続税は、相続が発生してから支払いまで、10ヶ月の猶予しかありません。
マンションなら短期間に現金化できます。
② 分割性
大きな物件を共有持分で相続すると後々、もめごとの種に。
いくつかのマンションに分けて相続することで、“争族”を回避。
③ 資産性
首都圏のマンションは市場性としての価値が高いものが多く、良好な資産になります。
住まいのバトンなら、資産性評価資料も充実。
④ 多様性
マンションなら、単に投資用とするだけでなく、居住用・セカンドルームなど多様な用途に。
住んだり、貸して賃料収入を得たり、必要なら売却したり、人生設計と合わせて活用できます。


【マンション購入による節税事例】
三鷹駅徒歩12分の閑静な住宅地に子供さんご家族と二世帯で生活する金融資産2億円のAさんの場合の事例を紹介
吉祥寺駅徒歩15分の閑静な住宅地に子供さんご家族と二世帯で生活する金融資産1億円のBさんの場合の事例を紹介
【“争族”にならない為の相続対策】
提携会計事務所、プライムブレイン会計事務所の宮岡秀峰氏(公認会計士/税理士)より、相続改正で変わる新たな負担の実態とその有効な対策について、Q&A形式でわかりやすく解説。
 もっと具体的に知りたい方は個別相談へ。

 

 

大和ホームズオンラインのサービスサイト「住まいのバトン」

https://www.sumainobaton.jp/

住まいのバトンFacebook


http://www.facebook.com/146092288878755

住まいのバトン公式twitter

https://twitter.com/sumainobaton

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 大和ホームズオンライン株式会社
  4. >
  5. 相続税課税の強化を受けて「マンション投資で相続対策」のスペシャルコンテンツをリリース