抗加齢問診票システム「Life Style Compass」をデイサービス施設で利用開始

問診票に回答するだけでエイジング度を測定、個々人に最適なアンチエイジングケアに導きます。

株式会社日本シューターは、同志社大学大学院生命科学研究科アンチエイジングリサーチセンター・米井嘉一教授監修により開発した医学的研究に基づく抗加齢問診票システム「Life Style Compass」を高齢者向けにアレンジし、自社で運営する通所型介護福祉施設「デイサービス暖団 草津店」(滋賀県草津市)で利用者様向けのサービスとして利用を開始しました。
株式会社日本シューター(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:新井 秀明)は、高齢者個々人に最適なアンチエイジングケアを促すため、医学的研究に基づく抗加齢問診票システムを開発し、自社で運営する通所型介護福祉施設「デイサービス暖団 草津店」(滋賀県草津市)での利用を12月よりスタートします。

本システムは、①抗加齢QOL(Quality of Life)、②食生活、③体組成データ、のそれぞれに関する問診票に回答することより、加齢度(骨年齢・筋年齢・血管年齢・神経年齢・ホルモン年齢)と加齢に伴うリスク因子(免疫評価・抗酸化評価・ストレス評価・睡眠評価・抗糖化評価)が算出されるシステムです。各指標の算出結果はレーダーチャートや改善アドバイスなどからなる評価レポートとして出力され、測定者本人や介護者に運動や食生活の見直しを促します。

本システムは、採血などの検体検査に寄らず問診だけでエイジングデータを測定できるため、場所を問わず、専門技師を必要とせずに簡便に測定でき、アンチエイジングドックの利用促進につながります。また、施設への導入により定期的な測定と蓄積データの検証を行うことで、利用者に提供するアンチエイジングプログラムの評価指標としても利用することができます。

本システムは、同志社大学大学院生命科学研究科アンチエイジングリサーチセンター・米井嘉一教授と日本シューターが共同開発した「Life Style Compass」をベースに高齢者向けにアレンジしたものです。Life Style Compassとは、アンチエイジングリサーチセンターが収集したアンチエイジングドックのエビデンスデータをもとに「抗加齢QOL問診票(日本抗加齢医学学会推奨フォーマット)」と「食生活問診票」から推定老化度と老化危険因子を算出するアルゴリズムをシステム化したもので、問診票の読み取りや、算出されたデータをベースに個別レポートを作成・出力する仕組みを日本シューターが開発しました。

日本シューターでは、デイサービス暖団での利用実績をもとに、同システムを介護施設や公共団体の健康促進事業などに向けて販売する予定です。

【監修】米井嘉一教授 プロフィール

同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授
同志社大学大学院生命医科学研究科教授
日本抗加齢医学会理事/日本人間ドック学会評議員

抗加齢医学研究の第一人者として、研究活動に従事するとともに、研究成果を日本のみならず世界に発信している。
日本初の抗加齢医学の研究講座である同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授に就任し、老化度判定ドック(アンチエイジングドック)における老化マーカーの開発と治療ガイドラインの作成に従事。最近の研究テーマは老化の危険因子と糖化ストレス。

【株式会社 日本シューター 会社概要】

会社名:株式会社 日本シューター(村田機械グループ)
代表者:代表取締役社長 新井秀明
本社所在地:東京都千代田区神田駿河台 2-9
資本金:9,000万円
創業:1952年 (昭和27年)
売上高:56億円 (2014年3月期)
従業員数:175名 (2014年4月現在)

【デイサービス暖団 草津店 施設概】

施設名称:デイサービス暖団 草津(日本抗加齢医学会認定指導士 常駐)
所在地:滋賀県草津市野村7 丁目17-11
業態:通所型介護福祉施設(デイサービス)
創業:2014年4月

<本件についての問い合わせ先>
株式会社 日本シューター 事業開発部SI課(担当:稲田/鈴木)
Mail:info@nippon-shooter.co.jp TEL:03-3518-8670
main image
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社日本シューター
  4. >
  5. 抗加齢問診票システム「Life Style Compass」をデイサービス施設で利用開始