データセンター連携に株式会社さくらケーシーエスが参加

株式会社TOKAIコミュニケーションズ(代表取締役社長:鴇田勝彦、以下当社)は、当社が中心となって現在推進している「国内データセンター事業者とのデータセンター事業に係る戦略的ビジネスアライアンス」に株式会社さくらケーシーエス(本社:兵庫県神戸市、取締役社長:岸川和久、以下さくらケーシーエス)が新たに加わることになりましたので、お知らせいたします。

当社は、この4月より稼働いたしました「岡山データセンター」を中心に、東名阪~関西エリアから岡山まで延伸した自社保有の光ファイバーネットワークの販売推進など、昨年度より西日本エリアでの事業展開を強化・推進しています。さくらケーシーエスとは、回線サービスの提供やデータセンターサービスの連携を中心に協業検討をしてまいりましたが、さらなる連携検討と顧客のBCP・DR対策ニーズへの対応を目的に、本アライアンスの枠組みによる協業を推進することになりました。

今後の情報通信事業、データセンターサービス事業の大きな流れとして、クラウドサービスの市場拡大と中堅企業や地域への浸透が予想されます。その流れに対応するためには、国内外を問わず垣根のない連携や戦略的協業を進めて、高品質でコスト競争力のあるサービスを提供していくことが不可欠であると考えます。

当社は、今回アライアンスに参加したさくらケーシーエスを含む日本各地のデータセンター事業者(全13社※)のアライアンスを強化し、3月に台湾(台北市)に設立した「雲碼股份有限公司」(CloudMaster Co., Ltd.)が今後提供する低価格なホステッドプライベートクラウドをはじめ、より広範囲なBCP/DRソリューションの実現を図り、高まるニーズに応えてまいります。

※ インフォコム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:竹原教博)、株式会社ミライコミュニケーションネットワーク(本社:岐阜県大垣市、代表取締役社長:伊藤義仁)、株式会社キューデンインフォコム(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:山﨑正幸)も新たに加わっています。

以上

≪用語説明≫ 
【BCP(Business Continuity Plan)】
企業が自然災害などの緊急事態に遭遇した場合において、事業継続に取り組むうえで基本となる計画のこと。
【DR(Disaster Recovery)】
自然災害などで被害を受けたシステムを復旧・修復すること。

【サービスに関するお問い合わせ】
株式会社TOKAIコミュニケーションズ
データセンタ・ソリューション事業部 サービス推進部 データセンターアライアンス担当
TEL:0120-261-011
E-Mail:info@broadcenter.jp

【報道関係の方からのお問い合わせ】
株式会社TOKAIホールディングス 広報・IR室 担当 酒井
TEL:054-273-4878

main image
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. TOKAICOM
  4. >
  5. データセンター連携に株式会社さくらケーシーエスが参加