エコキャップ運動からエコブック運動へと広がる 断捨離ワクチン支援 古本が途上国に贈るワクチンに!

認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(※1)」(理事長:細川佳代子、事務所:東京都港区、以下JCV)は、11月11(月)より、古本などをワクチンにかえて途上国の子どもに贈るサービス「せかワクぶっく」を開始いたします。

「せかワクぶっく」は、ご自宅や学校・職場の本などをダンボールに詰めて送るだけで、途上国へのワクチン支援活動に寄付することができる無料のサービスです。

「ペットボトルキャップを集めてワクチンに」というエコキャップ運動の寄付先として知られるJCVでは、「せかワクぶっく」がエコキャップ運動に次ぐ支援の大きな柱になると期待しています。


認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(※1)」(理事長:細川佳代子、事務所:東京都港区、以下JCV)は、11月11(月)より、古本などをワクチンにかえて途上国の子どもに贈るサービス「せかワクぶっく」を開始いたします。


「せかワクぶっく」は、ご自宅や学校・職場の本などをダンボールに詰めて送るだけで、途上国へのワクチン支援活動に寄付することができる無料のサービスです。このサービスは、ブックオフコーポレーション株式会社(代表取締役社長:松下展千、本社:相模原市南区、以下ブックオフ)と同社子会社であるブックオフオンライン株式会社(代表取締役社長:柳重光、本社:相模原市南区)が行う宅配買取サービス「ボランティア宅本便」のご協力のもと展開していきます。


「ペットボトルキャップを集めてワクチンに」という「エコキャップ運動」(※2) の寄付先として知られているJCVでは、ペットボトルキャップによるご寄付が年間4700万円(総収入の19%)にのぼります。J

CVが途上国に贈るポリオワクチン1人分は約20円。ペットボトルキャップは800個が約20円で買い取られます。「せかワクぶっく」では、古本1冊がペットボトルキャップ1600個分相当額の約40円で買い取られます。


JCVでは、この「せかワクぶっく」が、身近なもので気軽に国際貢献ができるエコキャップ運動に次ぐ大きな柱になると期待し、今後は、既にペットボトルキャップ運動を行なっている全国の小、中、高等学校や企業を中心に、また断捨離として不要なものを整理したいという方にもご活用いただけるよう、展開していきます。(本のほか、CD,DVD,ゲームなども回収対象となります。)


◆ 「せかワクぶっく」の流れ◆
箱に本をつめる→インターネットで申し込む→宅本便が無料で集荷→ブックオフが買取→買取金額プラス10%がJCVに寄付→途上国の子どもにワクチンが届く


※1 認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)」は、ワクチンで予防可能な感染症で命を落とす1日4,000人の子どもたちを守るため、1994年 細川佳代子が設立。途上国にワクチンとその他関連機器を贈る民間の国際支援団体。現在の支援先国はミャンマー、ラオス、ブータン、バヌアツ、ソマリア、マダガスカル。


※2 「エコキャップ運動」は、2005年頃から「ペットボトルキャップをワクチンに!」というかけ声とともに始まり、全国に広まった活動。回収団体によって集められたペットボトルキャップは、リサイクル工場で換金され、その一部がJCVに寄付される。ペットボトルキャップ800個が約20円で買い取られる。

 

JCVホームページ http://www.jcv-jp.org/

JCVfacebook ページ https://www.facebook.com/one.polio

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)
  4. >
  5. エコキャップ運動からエコブック運動へと広がる 断捨離ワクチン支援 古本が途上国に贈るワクチンに!