パックネット、アジア太平洋地域と米国間で100G波長サービスを提供する初の企業に

アジア太平洋における光転送網と統合して容量を拡張

2013年10月30日、香港 - パックネット(本社:香港/シンガポール、CEO:カール・グリブナー/パックネットサービス・ジャパン株式会社:東京都港区、CEO:田所博文)は本日、アジアと米国間において100Gbps(Gigabits per second)の光メッシュネットワークを展開することに成功したと発表しました。これはアジア太平洋地域の大容量光ファイバケーブルシステムにOTN(Optical Transport Network)技術を組込むことによって表現したものです。パックネットは、企業や通信事業者のお客様にアジア太平洋地域と米国の間の10Gbps、40Gbps、100Gbpsのサービスを提供が可能となりました。

Pacnetの100Gネットワークへのアップグレードは、アジア太平洋地域中そして、世界中で高まっている帯域幅の需要に対処するためです。 全世界のIPトラフィックは2012年から2017年まで23%の年平均成長率(CAGR)で、年間1.4ゼタバイト、または月間120.6エクサバイトに達すると予想されます。アジア太平洋地域のIPトラフィックは26%の年平均成長率(CAGR)で、2017年まで43.4エクサバイトに達すると見られております 。

パックネットのCTOのアンディ・ランスデンは次のように述べました。「私たちは、アジアとアメリカの間で100Gサービスをサポートする初の通信事業者です。このアップグレードの成功で、回線容量と拡張性を著しく高めることができ、コンピュータ処理を伴う企業や通信事業者のダイナミックなニーズに対応できます。」

新しいバックボーンは海底ファイバーインフラと、地上のバックボーン回線を統合し、光ファイバー上でパケット技術とOTNスイッチングをサポートします。これにより、パックネットは顧客に対し、アジア•太平洋地域14都市にあるデータセンター相互を結ぶ回線網のシームレスなネットワークサービスを拡張、提供します。

パックネットは、EAC-C2Cという36,800kmのアジア最大級の大容量海底ケーブルシステムと、太平洋を横断する9,620kmのEAC Pacificを自社所有しています。EAC-C2Cはアジアにおける最先端の光ファイバー海底ケーブルネットワークで、香港、シンガポール、日本、台湾、韓国、フィリピン、中国を含めた地域全体のケーブル陸揚げ局に接続しています。EAC-C2Cはほとんどの地域で複数の陸揚げ局を持つことによりパックネットの顧客に対し多様なルートでネットワーク冗長性を提供します。EAC Pacificは、東京の近くにある千倉とロサンゼルス(カリフォルニア州)とさらに米国の西海岸にあるPoP(Network Point of Presence)間の回線を提供する太平洋横断ケーブルシステムです。EAC Pacificのファイバペアは、太平洋を横断する容量で毎秒1.92テラバイト(Tbps)まで提供可能です。

パックネットについて
パックネットはアジア太平洋地域の大手通信事業者、大規模多国籍企業、政府機関向けのマネージドデータ接続ソリューションの提供をリードする企業です。46,000 km以上の光ファイバーからなる地域で最長の大容量海底ケーブルシステムを所有し、アジア太平洋地域の16都市にある相互接続データセンターへ接続するパックネットは、中国、インド、日本、米国など主要市場の主なビジネスセンターへの到達度を誇っています。マネージドネットワークや付加価値データセンターなどの包括的なサービスセットと合わせて、パックネットのアセットと経験は、フォーチュン500社などの世界の大企業に役立っています。パックネットの本社は香港とシンガポールにあり、アジア太平洋地域と北米に事務所があります。さらに詳しい情報については、www.pacnet.comをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ:
曺愛嶺 (Aeryung Jo)
パックネット
電話: +81 3 6430 1550
Eメール: aeryung.jo@pacnet.com

アニー・ホ(Annie Ho)
パックネット
電話: +852 2121 2728
E メール: annie.ho@pacnet.com

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. テルストラ
  4. >
  5. パックネット、アジア太平洋地域と米国間で100G波長サービスを提供する初の企業に