第11回ペットとふれあいシンポジウム開催

ポーリーン・ベネット先生 人と動物に関する国際学会(ISAZ)会長 緊急来日

アメリカ・ペットフード協会(PFI: 本部/米ワシントンD.C.)は人と動物のふれあいがもたらす効用について一緒に考え、ペットへの理解と絆をさらに深めてもらうことを目的に第11 回ペットとふれあいシンポジウムを12月6日(土)午後1時よりTKP大手町カンファレンスセンターで開催致します。テーマは“より健やかな社会の構築におけるペットの役割”。
main image

アメリカ・ペットフード協会(PFI: 本部/米ワシントンD.C.)は人と動物のふれあいがもたらす効用について一緒に考え、ペットへの理解と絆をさらに深めてもらうことを目的に第11 回ペットとふれあいシンポジウムを12月6日(土)午後1時よりTKP大手町カンファレンスセンターで開催致します。テーマは“より健やかな社会の構築におけるペットの役割”。

基調講演には、人と動物に関する国際学会(ISAZ)会長 ポーリーン・ベネット先生が来日。ペットの飼育をめぐるいくつかの論争について説明致します。また「ポジティブ心理学」をベースにした新しい枠組みを応用しつつ、より健全な社会の構築と維持に向けて、人と動物の絆に関する現在の科学的知見をどう活用してくかについて考察します。


シンポジウム後半のパネルディスカッションには左向敏紀先生(日本獣医生命科学大学)を座長に、安藤孝敏先生(横浜国立大学)、加隈良枝先生(帝京科学大学)、柴内裕子先生(赤坂動物病院)、(五十音順)をお招き致します。


シンポジウムは無料で事前の登録が必要になります。先着順で定員100名になり次第終了。みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げております。





「第11回ペットとふれあいシンポジウム」


日時: 2014年12月6日(土) 午後1時より5時 (受付12:45より)

場所: TKP大手町カンファレンスセンター

東京都千代田区大手町181 KDDI大手町ビル22F

*参加費は無料 *逐次通訳

主催: アメリカ・ペットフード協会

後援: アメリカ大使館農産物貿易事務所

定員: 100

先着順 *事前の登録が必要です。



●お申込み方法
参加ご希望の方はインターネットまたはFAXにてご応募いただけます。

インターネット:
PFIホームページ: http://www.petfoodinstitute.jp


FAX:
①お名前 ②ご住所 ③ご職業  申し込みのFAX番号:03-5530-8442

申込み受付け確認書をもってお申込みが完了となります。定員になり次第終了。


●プログラム
基調講演: “人と動物の絆の重要性
― より健やかな社会の構築におけるペットの役割”
ポーリーン・ベネット先生

臨床神経心理学修士、行動神経科学博士
ラ・トローブ大学准教授、人と動物に関する国際学会(ISAZ)会長


パネルディスカッション:
座長 左向 敏紀 先生
日本獣医生命科学大学・獣医学部・獣医保健学科臨床部門 教授


パネリスト(五十音順)

安藤 孝敏 先生(横浜国立大学教育人間科学部・
大学院環境情報研究院 教授)

加隈 由枝 先生 (帝京科学大学アニマルサイエンス学科准教授)

柴内 裕子 先生(赤坂動物病院 総院長)


この件に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

アメリカ・ペットフード協会 安達・椎根

Tel: 03-5530-8441


ポーリーン・ベネット先生:

臨床神経心理学修士、行動神経科学博士。現在、オーストラリアのラ・トローブ大学の准教授として、人間と動物の関係学研究グループを主導。博士の担当する人と動物の関係の心理に関する科目は非常に人気が高く、オハイオ州立大学、ニューイングランド大学でも同じ科目が導入されている。人と動物に関する国際学会(ISAZ:International Society for Anthrozoology)の会長であり、オーストラリア人間動物関係学研究財団(Australian Anthrozoology Research Foundation)の議長も務める。国際的な学会等で定期的に発表を行うかたわら、オーストラリア内外のメディアにも頻繁に登場。科学分野の出版物への寄稿数は50点を超える。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アメリカ・ペットフード協会
  4. >
  5. 第11回ペットとふれあいシンポジウム開催