ヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダーム®ビスタ ウルトラ」及び「ジュビダーム®ビスタ ウルトラ プラス」日本で製造販売承認を取得

 アラガン・ジャパン株式会社(本社:東京都、代表取締役社長 レオ・ワイ・リー)は、このたびヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダーム®ビスタ ウルトラ」 (医療機器承認番号: 22600BZX00108000)及び、「ジュビダーム®ビスタ ウルトラ プラス」 (医療機器承認番号: 22600BZX00109000)について、顔面における中等度から重度のしわや溝(鼻唇溝など)を修正することを使用目的として、厚生労働省より2014年3月19日に製造販売承認を取得しましたので、お知らせいたします。
 本品は、架橋ヒアルロン酸ゲルをシリンジに充填したもので、顔面のしわや溝を修正するため、真皮中層部から深層部に注入して使用されます。「ジュビダーム®ビスタ ウルトラ」及び「ジュビダーム®ビスタ ウルトラ プラス」はゲルの硬さが異なり、患者さんの希望する注入部位の状態及び仕上がりに応じて適宜選択されます。本品は、日本で初めて製造販売承認を取得したヒアルロン酸使用軟組織注入材であり、EU諸国、米国、カナダ、オーストラリア等世界85ヵ国で既に許認可を取得し、世界で広く患者さんにご使用いただいています。

 本品の日本での発売は、2014年第2四半期中を予定しております。

 アラガン・ジャパンは、美容医療において厚生労働省の製造販売承認を得た製品を患者さんにお届けすることで、科学的な根拠に基づいた安全で安心な美容医療の発展に貢献してまいります。これからも、当社は患者さん一人ひとりの「健康」と「生涯」に寄り添い、人生の可能性を最大限に実現することをサポートする「ヘルスケア・パートナー・カンパニー」を目指してまいります。

<製品写真>
ジュビダーム®ビスタ ウルトラ

ジュビダーム®ビスタ ウルトラ


ジュビダーム®ビスタ ウルトラ プラス

ジュビダーム®ビスタ ウルトラ プラス



アラガン・ジャパン株式会社について

アラガン・ジャパンは複数の専門領域に特化し、アイケア、神経科、皮膚科、美容医療、形成外科、乳腺外科、泌尿器科の有力製品を抱えるグローバルヘルスケア・カンパニーの日本法人です。アラガンは、設立から60年余にわたり、最高の医療の実現をめざし、人々の命の可能性を伸ばすために、革新的で有意義な治療を提供しています。100か国以上において約12,000人の従業員とともに事業を展開しており、患者さんと医療従事者の皆さんに最先端の医療をお届けするとともに、私たちが属するコミュニティを支援する活動を行っています。


アラガン・ジャパン株式会社
〒150-6035 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー35F
http://www.allergan.jp/

アラガン米国本社:www.allergan.com




このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アラガン・ジャパン
  4. >
  5. ヒアルロン酸使用軟組織注入材「ジュビダーム®ビスタ ウルトラ」及び「ジュビダーム®ビスタ ウルトラ プラス」日本で製造販売承認を取得