業界最高レベルのダイクロハロゲン型LED電球の発売。電解コンデンサレスで平均演色指数95。

演色性、寿命、輝度、小型形状ともに業界TOPクラスを実現。後ろにも光が漏れる特殊光学レンズを搭載。

 KKテクノロジーズ株式会社は、当社の特徴である電解コンデンサーを使用しない電源を使用したダイクロハロゲン型LED電球を発売する。
 業界最高レベル※1の平均演色指数95と、1600cd、発光角度24度という光学特性に加え、本体の胴回りはφ25mmと、既存電球からの置き換え可能な形状となっている。
 また、既存のダイクロハロゲン電球の光り方をとの互換性を考慮し、光が後方にも漏れる特殊光学設計により、既存商品からの置き換えが十分に可能な商品に仕上がっている。
 消費電力は、既存電球の約1/8の6Wという高い省エネ性能を持つ一方で、業界最高レベルの4万時間の寿命をを実現し、既存電球の13~20倍近い長寿命を実現している。
 光の漏れ方に2通りのタイプを用意し、お店などの光の演出等にきめ細かく対応できるようになっている。

 KKテクノロジーズ株式会社(本社 東京台東区)は、店舗などのスポットライトで使用されるダイクロハロゲン電球に対応したLED電球を、当社の特徴である電解コンデンサーを使用しない電源を搭載し、業界最高レベルの長寿命と演色性、高輝度を実現したダイクロハロゲン型LED電球を発売する。


 熱に弱く寿命が規定されている電解コンデンサを使用しないことによって、業界最高クラスの寿命と小型化を実現。また、独自のLEDモジュール技術及びスポットライトに必要な集光光学レンズの開発により、業界最高レベルの平均演色指数95以上、1600カンデラ(発光角度24度)、設計寿命4万時間という性能を有している。
特に一般的なLEDでは発色が難しいとされる特殊演色指数R9の値を改善し、赤色の再現が必要な精肉、生鮮食品売り場、美容関係、飲食店、焼肉店、寿司店などにも最適な商品となっている。

 また、ダイクロハロゲンランプとの互換性を重視し、光が後方にも漏れる光学設計を導入し、光のもれ方が異なる2通りのタイプである、「発光部分がはっきりと見える透明タイプ」と「ぼんやりとしたやさしい光の漏れ方を実現させた象白色タイプ」を準備。用途と使用環境に最適な電球を提供する。

 形状面もダイクロハロゲンランプと互換性を重視し、胴回りφ25mmと既存ランプとの機器共有が出来る小型形状となっている。

 消費電力は6Wで、同レベルのダイクロハロゲンランプに比べ消費電力を、約1/8※3に抑えており、4万時間の長寿命と共に大幅な電気代及び買い替えコストの削減を可能とする。

 また、発光面は面発光のCOBタイプを採用しており対照物の影が複数にならないスポットライトに最適な自然な光となっており、LEDの特徴である、紫外線や熱線が少ない為、照らす対象物が痛みにくいスポットライトに最適な特性を実現している。

発売日は、2014年11月15日。アマゾンや代理店ルートで販売中。

【商品特徴】

1.電解コンデンサレスによる4万時間で、既存ランプの10-20倍の長寿命
2.業界最高レベルの平均演色指数95以上※1
3.ダイクロハロゲン電球と互換性のある同等サイズ 胴部分φ25 発光面φ35
4.きらめく透明タイプと、やさしい漏れ光の象白色タイプの2種類を用意
5.消費電力は6Wとダイクロハロゲンに比べ約1/8の低消費※3


【主な用途】
・長時間点灯とおしゃれなお店のイメージの両立が必要なレストラン、喫茶店
・光の再現性が重要な、色を大事にする美容室、美術館、ギャラリー、宝飾店
・食品を痛めず、かつ、新鮮な風味を必要とする精肉店、魚河岸店、寿司店、生鮮食品コーナー
※特に赤色の再現性が良いため、焼肉、寿司、精肉、美容室、宝飾に最適

【発光状態】
①既存のダイクロハロゲンとの比較

左がKKテクノロジーズ製 左:透明タイプ


②透明タイプと象白色タイプ発光の違い

 

右が既存のダイクロハロゲンランプ 右:象白色タイプ


【高演色の効果】
①Raが低い照明

トマトが色抜けして赤みが落ちている。

② KKテクノロジーズ(Ra95)

 

オレンジジュースが鮮やか、イチゴも新鮮味がある。

【主な仕様】
タイプ    品番     演色性 明るさ 角度 消費電力 定格寿命 光の漏れ 調光
透明タイプ KKE11-D6LMJC/C1600SHC  Ra95 1600cd  24° 6W 40,000H ○ ×
象白色タイプ KKE11-D6LMJC/C1600SHW Ra95 1600cd 24° 6W 40,000H ○ ×


注釈
※1 当社調べ
※2 周囲温度40℃以下で使用した場合で、光束維持率が70%となる推定寿命であり、保証値ではありません。
※3 45W相当のダイクロハロゲンランプと比較
※4 φ35-38mm 長さ65-70mmサイズでの明るさ比較

【補足説明】
(技術的な背景について)
当社は技術的な困難度の高い小型LED電球の開発を手がけてまいりました。特にコア技術である電解コンデンサを使用せずに、フリッカー(ちらつき)を抑えつつ、高調波等の技術課題をクリアし、既存の電球と互換性が保てる小型化を実現しました。
 設計寿命は、業界最高レベルの4万時間を実現すると共に、平均演色指数も95と、これも業界の最高レベルを実現しています。これは、本年5月に発売を開始した電解コンデンサレス高演色型ミニクリプトン型電球の基本技術の上にスポットライトに必要な独自の集光レンズと発光モジュールの小型化の組み合わせによって、発光角度24度で1600カンデラという性能を実現しております。

 同時に、既存のハロゲン電球との互換性を保つために、突起物の無いフィンレス型で、胴回りはφ25mmと小型化を実現すると共に、スポットライトの本質である前面の明るさを確保しながらも、発光点がわかるように光を側後面にもらす光学設計をしております。

(KKテクノロジーズとは)
元大手電機メーカーのメンバーが集まって、本年2014年1月に設立された会社です。
ヒットメーカーであった、技術出身の社長が開発したアイディアを、世界の工場中国で量産し、日本の一 流の技術を中国の廉価なものづくりによって実現する、「水平分業型、超小規模電機メーカー」です。
社員は社長の他、大手メーカーの退職者を中心に活動を展開し、Made with Japanで、特色のある良い商 品を低価格で世の中に送り出し、日本へ世界へ、人々の暮らしに貢献してまいります。

住所  東京都台東区台東1-9-4
取締役 北島敏朗
電話  03-3833-3320(代表)
URL http://kktech.co.jp/

本リリースに関してのお問い合わせ先
KKテクノロジーズ株式会社 広報
E-mail public_relations@kktech.co.jp  
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. KKテクノロジーズ株式会社
  4. >
  5. 業界最高レベルのダイクロハロゲン型LED電球の発売。電解コンデンサレスで平均演色指数95。