スマートホームサービスの提供を決定! ケーブル事業成長の第4の柱として2015年2月にサービスを開始  

~日本初、米国アイコントロール・ネットワークスのシステム導入に合意~

 イッツ・コミュニケーションズは、日本初導入となる米国 アイコントロール・ネットワークス(Icontrol Networks,Inc.)のスマートホーム・システム「タッチストーン(Touchstone)」を採用し、スマートホームサービスの提供を2015年2月より開始します。
 イッツコムのスマートホームサービスは、ブロードバンドに接続されたネットワーク機器「ゲートウェイ(ホームコントローラー)」を介して宅内に設置するカメラやセンサーなどのデバイスをスマートフォンやタブレットなどでコントロールすることができるセルフモニタリング型のサービスです。
すでに北米の大手ケーブルテレビ事業者にスマートホームサービスの提供実績のある アイコントロール・ネットワークスのシステムは拡張性も高く、将来的には電子鍵や、ヘルスケア、エネルギーマネージメントまで広げていく予定です。
 イッツ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区、社長:市来利之、以下 イッツコム)は、アイコントロール・ネットワークス(Icontrol Networks,Inc. 本社:米国カリフォルニア州、以下 アイコントロール社)のスマートホーム・システム「タッチストーン(Touchstone)」(※1)の導入に合意し、2015年2月よりスマートホームサービスの提供を開始します。

 イッツコムのスマートホームサービスは、ブロードバンドに接続されたゲートウェイ(ホームコントローラー)を介して、宅内に設置する様々なデバイスをコントロールするものです。(別紙「システム図」ご参照))
 サービス提供当初は、ドアや窓の開閉を知らせる“ドア・窓センサー”や、人の動きを検出する“モーションセンサー”、さらにドア・窓センサーとモーションセンサーと連動して映像を記録する“IPカメラ”の提供から始めます。また、IPカメラの映像信号はモニターとなるスマートホンやタブレット端末に届き、外出先でも宅内の様子をモニタリングすることができます。
 来春以降には外出先からスマートホンで玄関の鍵の施錠状態が確認でき、掛け忘れの場合はその場で施錠を可能にする電子錠や、屋外からのエアコンや照明の制御を可能にする赤外線リモコンなどの導入を計画しています。さらに将来的には、ヘルスケアやエネルギーマネージメントなどサービス分野を広げていく予定です。具体的なサービスメニューにつきましては現在検討中で、グループ企業である東急セキュリティ株式会社との協業による、駆けつけサービスの提供も予定しています。

 すでに、北米では大手ケーブルテレビ事業者である、コムキャスト(Comcast)、タイム・ワーナー・ケーブル(Time Warner Cable)、コックス・コミュニケーションズ(Cox Communications)、またケーブルテレビならびに携帯電話など大手通信事業者であるロジャース・コミュニケーションズ(Rogers Communications)などがテレビ、インターネット、電話サービスに次ぐ第4のサービスとしてスマートホームサービスを展開しており、これらの事業者は全てアイコントロール社のシステムを採用しています。

 イッツコムでは、2015年2月のスマートホームサービス提供開始に先立ち、2014年10月22日よりサービスエリア内の既加入者宅で実証実験(※2)を開始します。
東急沿線のお客様に「安心と快適さ」をお届けし、生活を豊かにするトリプルプレーサービス(テレビ・インターネット・電話)に加え、お客さまのニーズに合わせた新しい付加価値を提供していきます。
                                                 以上


※1.
 アイコントロール社が開発・提供するサービスプロバイダ向けの製品です。タッチストーン(Touchstone)を導入することによりセルフモニタリング型のセキュリティサービスやスマートホームサービスの提供が可能になります。
※2
 実験期間:2014年10月22日(水)~2014年12月末予定
 実験内容:モニターのご自宅に実験機器(以下)を接続し、期間中にインターフェース、操作性などを検証します。
 実験モニター・地域:横浜市青葉区美しが丘の一部の地域のイッツコムサービスご加入者(約20世帯)
 実験機器:ゲートウェイ(ホームコントローラー)、①IPカメラ、②モーションセンサー、③ドア・窓センサー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● アイコントロール・ネットワークス(Icontrol Networks,Inc.)について ● www.icontrol.com
 2004年に創業したアイコントロール(Icontrol:カリフォルニア州レッドウッドシティ)と2006年に創業したユーコントロール(uControl:テキサス州オースチン)の2社が2010年に合併し、アイコントロール・ネットワークス(以下、アイコントロール社)として存続。アイコントロール社は、プラットフォームのソフトウェアと、デバイスメーカーがそのプラットフォーム上で動作するセンサーや端末を製造する際の認定制度であるオープンホームディベロッパープログラム(OpenHome™Developer Program)を提供するスマートホーム・システムの米国最大手システムベンダーです。

●イッツ・コミュニケーションズ株式会社(イッツコム)について●  http://www.itscom.jp/
 イッツ・コミュニケーションズ株式会社は、ケーブルテレビ、インターネットなど、ブロードバンドネットワークを使用した通信サービスから通信販売サービスなども展開している東急グループの会社です。東急線沿線を中心とした約77万4千世帯(総接続世帯数:2014年9月末現在)のお客さまへケーブルテレビ、ブロードバンド・インターネット接続、固定電話などのサービスを提供しています。地域の皆さまに、豊富なコンテンツ、万全なサポート体制、暮らしに役立つ地域情報の提供を柱とした豊かな生活環境の創造に取り組んでいます。

 ◆イッツコムサービスエリア 東京都:渋谷区、世田谷区、目黒区、大田区、町田市の一部
              神奈川県:横浜市(青葉区、港北区、都筑区、緑区)
                   川崎市(宮前区、高津区、中原区)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. イッツコム / iTSCOM
  4. >
  5. スマートホームサービスの提供を決定! ケーブル事業成長の第4の柱として2015年2月にサービスを開始