スイッチ・メディア・ラボ、ターゲット消費者のテレビ視聴状況をリアルタイムに分析・把握可能に

テレビ視聴データ分析サービス 「SMART」バージョンアップ。オリジナル集計区分の機能搭載

 メディアリサーチを提供する株式会社スイッチ・メディア・ラボ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:福羽泰紀)は、2015年10月から11月にかけて関東エリア国内最大規模の約2000世帯・5000人のテレビ視聴パネルに対し150項目以上の最新属性情報を聴取するアンケート調査を実施しました。
また、この属性調査で取得したデータから、企業が自社商品のターゲットとする消費者を「オリジナル集計区分」としてテレビ視聴データ分析サービスSMART(スマート) に設定し、そのテレビ視聴状況を手軽かつリアルタイムに分析・把握できる機能を開発しました。この機能を2015年1月より提供開始することをお知らせします。

■    背景と活用シーン

昨今、個人のライフスタイル・生活行動は多様化しており、テレビ視聴についても「世帯」でみるだけでなく「個人」の視聴をより詳細に分析したいというマーケティングニーズが高まっています。 こうしたニーズに応えるべく、大量の個人視聴者サンプルによってさまざまなテレビ視聴者の傾向を分析可能にしようと開発されたのが、スイッチ・メディア・ラボのテレビ視聴データ分析サービス「SMART(スマート)」です。

今回、SMARTのテレビ視聴データを「オリジナル集計区分」で閲覧できるようになることにより、放送局、広告主、広告代理店のマーケティング担当者は、「ビールヘビー(週4日以上)飲用者」「国産自家用車所有者」「携帯アプリ利用者」など、これまでより詳細なターゲット条件で集計区分を設定し、テレビ視聴者個人の視聴傾向や、特定テレビ番組の視聴者構成などを、手軽かつスピーディに分析・把握することが可能となります。

■ アンケートで取得した150項目以上から「オリジナル集計区分」を設定可能

 スイッチ・メディア・ラボが、テレビ視聴パネルに対して実施した150項目以上の最新属性調査では、自家用車の購入意向や保有金融商品、保険の見直し意向、貯蓄額といったものから、日用品や飲料などの購入状況、アプリやソーシャルメディアの利用状況、メディア接触意識や美容・健康意識、個人の価値観・性格、趣味など多岐にわたる項目を聴取しています。
これらと性・年齢・職業といった基本属性をかけあわせて、例えば「30~40代・住宅購入意向者」「携帯キャリアXX契約者」といったオリジナル集計区分をSMARTに設定することができます。
 

 

Switchテレビ視聴パネル プロフィール属性(150項目以上)

 

■ オリジナル集計区分によるテレビ視聴の分析イメージ

「オリジナル集計区分」を導入いただくと、時間帯別視聴データ、番組別視聴データ、CM視聴データ、リーチ&フリークエンシー分析などSMARTの基本メニューにおいてサンプル集計軸として利用することができます。

<例1> 時間帯別視聴データ (チャンネル別・ターゲット含有率)
1週間の時間帯別テレビ視聴データの「ターゲット含有率」メニューでは、どの時間帯にどの放送局でターゲットが多く視聴しているか、ヒートマップで把握することが可能です。
※ターゲット含有率=選択ターゲット集計区分の視聴率÷世帯視聴率。
数字が高い(ヒートマップの色が濃い)ほど、ターゲットが多く視聴しているとみてとれます。

図1 時間帯別視聴データ (チャンネル別・ターゲット含有率)

 


<例2> CM視聴データ (企業・商品別 GRP計)
CM視聴データメニューでは、企業の商品・サービスCMについて、オリジナル集計区分でGRPの合計や、番組ごとにターゲットのCM視聴状況を把握することができます。このほか、R&F(リーチ&フリークエンシー)の結果をレポート出力することもできます。
 

図2 CM視聴データ (企業・商品別 GRP計)


■    「オリジナル集計区分」 利用料金について

法人企業を対象に、SMART利用料金に加えて、オプション料金でご提供します。
※  ターゲット条件、設定数、利用アカウント数により料金が異なります。詳しくは別途お見積もりいたします。


■    トライアル利用のお問い合わせ

本サービスをご検討いただける法人企業様に、期間限定でトライアル利用をご提供しています。
詳しくは、下記サービス担当まで、お問い合わせください。


■ 参考: オリジナル集計区分を用いたテレビ視聴の分析コラム

ターゲットのテレビ視聴者の傾向をウォッチ!
「週4日以上スポーツする人」と「定額制オンライン動画配信を利用している人」は
テレビをよくみる時間帯が違う
https://www.switch-m.com/2015/12/15/719



■    個別分析・レポートサービスも承ります

スイッチ・メディア・ラボでは、リサーチャーによるテレビ視聴データを用いた下記の個別分析レポートの作成も承っています。詳しくは、お問合せください。

 

 

(1)CM出稿分析 ターゲット層の視聴分布、ターゲット含有率、CM出稿実績を視覚的に
レポートし、CMが効率よくターゲットにリーチできているかを検証します。最適な広告枠の検証、今後の出稿検討にご活用いただけます。
(2) 番組視聴者プロフィール分析 テレビ視聴パネルの150項目以上のプロフィールデータを用いて、
特定期間の番組視聴者像を分析・レポート。
提供番組等の視聴者像をより詳細に把握することが可能です。
(3)アンケートによるCM事後調査 SMARTのCM視聴データ(商品毎・CM接触有無・回数)と、CM投下後のアンケート調査を組み合わせた分析・レポーティングを行います。
事後アンケートでは、商品認知、CM好感度、商品・サービスへの興味喚起度、【CM認知者】CM接触後のアクション、購入検討意向度合いなどを聴取できます。
例えば、「平均X回CMに接触すると購入意向が変わった」
「休日帯でCMに接触すると商品認知が高くなる」などの結果を得ることが期待できます。

 




<株式会社 スイッチ・メディア・ラボ 会社概要>

株式会社スイッチ・メディア・ラボは、関東エリア国内最大規模の約2000世帯・個人5000人のテレビ視聴パネルへの機械式継続調査によりテレビ視聴データを収集・分析するメディアリサーチカンパニーです。2014年10月、インターネット上で個人のテレビ視聴状況をほぼリアルタイムに分析できるまったく新しいテレビ視聴分析サービスSMART(スマート)をリリース。放送局・広告主企業・広告代理店等の企業のマーケティング担当者へ提供しています。

※テレビ視聴分析サービスSMARTの詳細はこちら
  https://www.switch-m.com/service


企業名:             株式会社 スイッチ・メディア・ラボ
所在地:             東京都品川区東五反田1-6-3 9F
代表者:             代表取締役社長 福羽 泰紀
設 立:               2012年10月1日
事業内容:            テレビなどのメディアリサーチ/テレビCMの効果測定調査・分析ツールの提供
URL:                http://www.switch-m.com


<本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ>
広報担当:市原 E-mail: press@switch-m.com TEL: 03-6409-6585

<テレビ視聴データ分析サービスSMART サービス利用に関する相談・お問い合わせ>
担当:安藤・加藤 E-mail: support_smart@switch-m.com TEL:03-6409-6585
 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. スイッチ・メディア・ラボ
  4. >
  5. スイッチ・メディア・ラボ、ターゲット消費者のテレビ視聴状況をリアルタイムに分析・把握可能に