『たまごっち誕生祭2014~スペシャルステージ~』イベントレポート

ドン小西さん、キッズモデルにファッション指南! フルーツポンチさん、たまごっちの歴史とともに振り返るギャルファッションに大興奮!

株式会社バンダイ ガールズトイ事業部は、1996年の発売以降、全世界で累計販売数8,000万個を突破した携帯型育成ゲーム「たまごっち」の、初代たまごっちの発売日で、メインキャラクター「まめっち」の誕生日でもある11月2日に、「ダイバーシティ東京 プラザ」(東京都江東区)にて『たまごっち誕生祭2014』を開催しました。
『たまごっち誕生祭2014』では、ダイバーシティ東京 プラザ全体を使い、たまごっちの最新商品『TAMAGOTCHI 4U(たまごっちフォーユー)』を使用した「たまごっちなぞときタッチラリー」をはじめ、終日皆さまに楽しんでいただけるイベントを実施しました。

13時からのスペシャルステージでは、ゲストとしてまずフルーツポンチのお二人が登場。NFC機能※を搭載し、“タッチ”だけでデータ通信が可能になった最新の『TAMAGOTCHI 4U』の特長を利用して、村上さんが “ジャンピングタッチ”という“格好いい(?)”タッチの仕方を披露。進化しているたまごっちにフルーツポンチのお二人は終始興奮気味でした。また、最新のたまごっちカラーに合わせたキッズモデルのファッションコーディネートや、初代たまごっち発売(1996年)から現在までの、時代のトレンドを振り返るファッションショーでは、ご意見番として、ドン小西さんが登場。おなじみのファッションチェックで会場をわかせました。ラストには、この日が誕生日のたまごっちキャラクター・まめっちの誕生日を会場全員でお祝いし、会場はさらに盛り上がりを見せていました。

※「NFC」とは、国際標準規格として承認された、今最も注目を集めている近距離無線通信技術です。「かざす」だけで簡単にデータ通信が可能なことが特徴です。

©BANDAI,WiZ

©BANDAI,WiZ


【開催概要】
■ 名称  :たまごっち誕生祭2014~スペシャルステージ~
■ 日時  :2014年11月23日(日) 13:00~14:00
■ 会場  :ダイバーシティ東京 プラザ 2F フェスティバル広場
■ 登壇者 :フルーツポンチさん(村上健志さん、亘健太郎さん)
      ドン小西さん
      たまごっちキャラクター(まめっち、くちぱっち)
      モデルのみなさん
■ 内容  :-開会挨拶
      -オープニング、ゲスト登場
      -商品紹介、キッズモデル登場
      -ファッションショー
      -まめっちバースデーセレモニー
      -フォトセッション
      -囲み取材(フルーツポンチさん)

■フルーツポンチ・村上さん、最新のたまごっちで‟ジャンピングタッチ“というナルシストタッチを披露、ドン小西さんは可愛いらしいキッズモデルにいつもの辛口コメントを封印!?
オープニングでMCの掛け声のもと、フルーツポンチのお二人が、最新機種『TAMAGOTCHI 4U』を持ち登場。“タッチ”だけでデータ通信が可能になった最新の『TAMAGOTCHI 4 U』の特長を活かして‟ジャンピングタッチ“という、手を上にあげて思いっきりジャンプする村上さんらしい“格好いい(?)”タッチの仕方を披露し、会場に来ていた子供たちの笑いを誘いました。さらに、たまごっちのキャラクターのまめっちとくちぱっちが登場し、フルーツポンチのお二人が「亘と村上どっちのファン?」という質問をぶつけると、まめっちもくちぱっちもどちらも村上さんの方に体を揺らしながら近づき、亘さんは「おい、気を遣えよ!」とかなり悔しそうな表情を浮かべていました。

ご意見番としてご登場いただいたドン小西さんは、最新のたまごっちカラーに合わせたコーディネートを身にまとったキッズモデルに「本当におしゃれだね!かわいいね~」と、ハイセンスで可愛いキッズモデルたちにデレデレで、普段の辛口ファッションチェックを封印し、終始ベタ褒め。最後には実際にたまごっちを手にし、今年のトレンドの淡い色にパステルカラーを取り入れる、‟ウィンターパステルカラー”で本体とカバーをコーディネートし、おしゃれなドン小西さんならではのコーディネートに、会場からは「おー!」という納得の声が飛び出てきました。

©BANDAI,WiZ

©BANDAI,WiZ

©BANDAI,WiZ

©BANDAI,WiZ


■時代を振り返るファッションショー、『アムラー』『ヤマンバギャル』に大興奮!
初代たまごっちが発売(1996年)から現在に至るまでの、時代のトレンドを振り返るファッションショーを実施。特に会場全体が盛り上がったのが、初代たまごっち発売1996年の『アムラー』と2004年の『ヤマンバギャル』。亘さんのお姉さんも当時はアムラースタイルを身にまとっていたようです。また、ヤマンバスタイルのモデルが登場した際は、「うわ!でた!すごい!」とフルーツポンチさんのお二人とドン小西さんは大興奮。「この時代は、何でも派手が流行っていて、無法地帯だったよね。」と時代を振り返るドン小西さん。会場のお母さんたちも青春時代を懐かしんでいる様子でした。

■まめっちのバースデーケーキがどこかに紛失。空のケーキの箱にまめっちもしょんぼり・・・
11月23日は、たまごっちの誕生日でもあると同時に、たまごっちキャラクターのまめっちの誕生日。ステージ上で、フルーツポンチさん、ドン小西さん、たまごっちキャラクターのくちぱっちと一緒に誕生日をお祝いしました。「まめっち、お誕生日おめでとう~!」のかけ声で、ケーキの箱を開けると「ケーキがない!」というハプニングが。一同悲しむまめっちに「みんなで探しに行けばすぐ見つかるよ!」とドン小西さんは安心感のある一声を掛け、フルーツポンチさんも「よおし、絶対ケーキ見つけるぞー!」と元気に意気込みを見せ、イベントを締めくくりました。(「たまごっちなぞときタッチラリー」で子供たちがケーキの消えた謎を解決してくれました。)

■囲み取材
Q:たまごっちをPRしていただきましたが、改めて魅力を教えて下さい。
A:初代たまごっちのイメージが強いので、それに比べると液晶もカラーになり、タッチなどの最先端の技術が凝縮されていますね。遊ぶ選択肢も増えていてすごく楽しめますね。(亘さん)
A:(正直ほほとんど全部言われてしまいましたが)今後実際に子供を育てることもあると思うので、たまごっちで勉強します。(村上さん)

Q:本当にすごい進化してますよね。
A:できることの幅も広いですよね。さっき休憩時間に遊んでいたら、お見合いに成功して赤ちゃんが産まれたんですよ。(村上さん)

Q:二人のキャラも作ってほしいですよね。
A:そうですね!出してほしいですね。(亘さん、村上さん)
A:僕らが高校生の時にやっていたたまごっちにキャラとして出られるなら、うれしいですよ!(村上さん)

【参考】
■最新機種『TAMAGOTCHI 4U』とは

©BANDAI,WiZ

『TAMAGOTCHI 4U』とは、1996年に発売した元祖「たまごっち」商品から続くメインの遊び「お世話遊び」がますます進化した携帯型育成ゲームです。本体を通信対象に「タッチする」だけでデータのやりとりを可能にする「NFC※通信機能」を搭載しており、「TOUCH SPOT」という通信場所から、限定アイテムやキャラクターなど、さまざまなデータをダウンロードすることで遊びが広がる商品です。また、「たまごっち」のメインの遊び「お世話遊び」がますます進化し、お世話の仕方によって育てた「たまごっち」の個性が劇的に変化するため、より愛情を持ってお世話遊びを楽しむことが可能です。

※「たまごっち」は株式会社バンダイと株式会社ウィズの共同企画・開発アイテムです。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社バンダイ
  4. >
  5. 『たまごっち誕生祭2014~スペシャルステージ~』イベントレポート