プリンセス・クルーズが日本発着初のテーマクルーズ「ジャズ・クルーズ」を発表

サリナ・ジョーンズが歌うダイヤモンド・プリンセス神戸発着クルーズ 9日間(5月21日~29日)の旅

プリンセス・クルーズは、2015年5月21日神戸発9日間のダイヤモンド・プリンセス日本発着クルーズ初のテーマクルーズとして、「ジャズ・クルーズ」を行うことを発表しました。これは、サリナ・ジョーンズが船上でライブ・パフォーマンスを行うなど、ジャズを満喫することのできるクルーズです。

 

サリナ・ジョーンズは、過去50年にわたりジャズシーンの中心的存在として活躍を続けており、1978年に初の日本公演を果たして以来、日本でも多くのファンを獲得してきました。2011年の『サリナ - ザ・ファースト・ライブ』をはじめ、数枚のアルバムを東京でレコーディングをしている親日家です。

そのサリナ・ジョーンズが、函館、秋田、伏木富山、韓国 釜山をめぐる「新緑の北海道・秋田・富山と釜山9日間」のクルーズで3回にわたる船上スペシャルライブを行い、独特の声と気取らないスタイルで観客を楽しませます。この「ジャズ・クルーズ」は、他のジャズコンボやシンガー/パフォーマーも毎晩登場し、エクスプローラーズ・ラウンジ(キャバレースタイルのステージ付ラウンジ)やクラブ・フュージョン(ショーラウンジ)、ホイールハウス・バーといったクルーズ船内各所、あるいは中央のアトリウムにて生演奏を披露し、ジャズとクルーズを堪能できるテーマクルーズです。

さらに、堤宏文&ストレートフラッシュスペシャルBandによるライブ演奏、神戸出港時はジャズ演奏で船をお見送りします。

プリンセス・クルーズのジャパンオフィスである、カーニバル・ジャパンのデピュティ・リプレゼンタティブ・ディレクターの堀川悟は、「プリンセス・クルーズ日本発着初のテーマクルーズとなる「ジャズ・クルーズ」のゲストに、世界的シンガーであるサリナ・ジョーンズを迎えることができて非常に嬉しく思っています。ソウルフルでエモーショナルなライブ・パフォーマンスを堪能できるこのクルーズは、ご乗船くださったお客様にとって忘れられない体験になるでしょう」と語っています。

プリンセス・クルーズは、日本就航3周年を迎えるに当たって、ショートクルーズや新しい寄港地を含むクルーズなど、新コースを提供。4月~8月のシーズン中、ダイヤモンド・プリンセスが日本、韓国、台湾、ロシアの20以上の寄港地をさまざまな航路で巡る17本を運航します。短期間で船旅を体験できる5日間のクルーズから11日間のクルーズまで、バラエティー豊かなコースをご用意しています。

ダイヤモンド・プリンセスには、プールサイドに設置された巨大スクリーンで映画を楽しめる人気の「ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ」や、最上階デッキにある大人のためのリラクゼーションスペース「サンクチュアリ」など、プリンセス・クルーズならではの数々の革新的なサービスと設備が整っています。さらに、日本のお客様向けの新施設として、洋上最大級の規模を誇る大浴場「泉の湯」、寿司レストラン「海(Kai)」が2014年にオープン。ダイニングルームでは世界各国の料理に加え、日本人の味覚に合わせた料理も提供。さらに、メニューや船内新聞、船内情報も日本語でご用意しています。
またプリンセス・クルーズは2015年、創立50周年の記念イベントとして50周年記念メニューやグッズ、エンターテイメントなど、魅力的なラインナップを用意し、年間を通じてすべての保有客船で提供してまいります。

プリンセス・クルーズの詳細については、日本語ページ(http://www.princesscruises.jp)をご覧になるか、各旅行会社までお問い合わせください。 


サリナ・ジョーンズ略歴:
(Salena Jones)

米国バージニア州ニューポートニューズ生まれ。
ミュージシャンの父、歌手でダンサーの母という、音楽に恵まれた環境で育つ。幼い頃から家や教会、学校で歌うことが多く、14歳で新人の登竜門であったアポロシアターで行われたコンテストで優勝。16歳で、ニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガード、ミントンズ・プレイハウス、ウェルズ・サパー・クラブなど老舗ジャズクラブで活動を続けた。1964年にスペインに移住、さらに翌年イギリスに活動の拠点を移す。以後50年にわたり、現在まで43枚のソロアルバム、22枚のリリース。ルイ・アームストロング、サラ・ヴォーン、トム・ジョーンズ、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団などとも共演。ジャズ界の第一人者として、北米、ヨーロッパ、アジアなど世界中で絶大な人気を誇る。1978年の初来日以降、日本でもたびたび公演を行っている。スタンダードジャズ、ブルース、ポップスのカバーなど、幅広い楽曲を歌いこなす彼女のパーフォマンスは完璧と評される。エレガントかつ、迫力のあるカリスマ性の高い存在感で特別なステージを作り上げることに定評がある。

http://www.salenajones.com/Selena_Jones/Home.html (英文)


プリンセス・クルーズについて
クルーズ業界で最もよく知られる名前の一つであるプリンセス・クルーズは、現在 18 隻の近代的な客船を運航する、世界的なクルーズ会社。革新的なデザインの客船で、食事やエンターテイメント、アメニティーの豊富な選択肢を、上質のサービスとともに提供しています。世界的なクルーズ会社のリーダーとして、年間170 万人のゲストを世界中の目的地に向けて、4 泊から 111 泊のクルーズを運航しています。プリンセス・クルーズは、カーニバル・コーポレーション& plc (NYSE/LSE:CCL; NYSE:CUK)傘下の会社です。 

プリンセス・クルーズの主な受賞歴
■    日本外航客船協会主催「クルーズ・オブ・ザ・イヤー2014」において、日本発着クルーズが「グランプリ」受賞
■    日本の歴史あるクルーズ誌「クルーズ」の読者投票「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー2014」において、プリンセス・クルーズが「外国船社部門第1位」、客船『ダイヤモンド・プリンセス』が「外国船部門第1位」に選出
■    一般社団法人日本旅行業協会主催「JATA ツーリズム大賞 2013」において、「運輸部門優秀賞」受賞
■    米国トラベル誌最大手「トラベル・ウィークリー」主催「トラベル・ウィークリー・マゼラン・アワード 2013」において、客船『ロイヤル・プリンセス』(新造船『リーガル・プリンセス』の同型姉妹船)が「ベスト・ラージ・クルーズ・シップ金賞」受賞
■    米国トラベル誌大手「コンデナスト・トラベラー」主催「コンデナスト・トラベラー読者投票 2013」において、日本発着クルーズに就航している『ダイヤモンド・プリンセス』を含む客船 6 隻が「ベスト・クルーズ・シップ・イン・ザ・ワールド Top 20 ラージ・シップ」に選出
■    英国クルーズ誌最大手「クルーズ・インターナショナル」主催「クルーズ・インターナショナル・アワード2014」において、「ベスト・クルーズ・ライン賞」受賞




このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社カーニバル・ジャパン
  4. >
  5. プリンセス・クルーズが日本発着初のテーマクルーズ「ジャズ・クルーズ」を発表