フラーレンの新たな美肌効果:「酸化ストレスによって起こる皮膚角層のバリア機能低下に対する予防・改善効果」を発見

-日本薬学会第135年会で発表-

フラーレン化粧品原料を製造販売するビタミンC60バイオリサーチ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:林源太郎)は東京工科大学応用生物学部美科学研究室(所在:東京都八王子市、前田憲寿教授)との共同研究により、酸化ストレスによって引き起こされる皮膚角層のバリア機能低下に対しフラーレンが優れた効果を発揮することを新たに発見しました。
本研究は、3月25日~28日に兵庫県で開催された日本薬学会第135年会で発表されました。
【研究背景】
肌トラブルの原因の一つに活性酸素・フリーラジカルの関与が指摘されています。活性酸素やフリーラジカルは、皮膚の上では紫外線や酸化ストレスによってその産生が促進されることが分かっています。活性酸素・フリーラジカル消去作用を持つフラーレンは、これまでの研究で紫外線による角層バリアの機能低下に対して予防・改善効果があることが示されておりました。
今回の研究では、酸化ストレスによって引き起こされる角層のバリア機能低下に対するフラーレンの予防・改善効果を調べました。


【研究結果】
■フラーレンはヒト表皮モデル及びヒト皮膚での水分蒸散を抑え、角化肥厚膜の成熟化を促進
①ヒト表皮モデルによる試験 
ヒト表皮モデルに過酸化物(フリーラジカル誘発物質)を添加したところ、経表皮水分蒸散量*(以下、TEWL)が増大し、成熟した角化肥厚膜*(コーニファイドエンベロープ、以下CE)が減っていることが明らかとなりました。過酸化物に加えて、弊社製品である水溶性フラーレン「Radical Sponge®」(以下、RS)を添加したところ、TEWLの増大が抑制され、成熟したCEも増えていることが確認されました。
 *経表皮水分蒸散量:角層を通じ体外へ蒸発していく水分量のこと
              バリア機能低下・肌荒れ状態になると、経表皮水分蒸散量が増大する
 *角化肥厚膜:角層細胞を包み込む膜で、角層細胞の形成を維持するのに重要な働きをする


②ヒト皮膚での臨床試験 
テープによって角層を複数回剥がすと、酸化ストレスが発生して肌荒れ状態になります。このようにして強制的に酸化ストレスにさらされた状態のヒトの前腕にRSを塗布した結果、角層のバリア機能が回復、また成熟したCEも増えていることが確認されました(下記図ご参照)


〈RS塗布によるヒト角層の変化〉

     左 :バリア回復率(TEWLより計算、値が大きいほど回復が早いことを示す)
     右 :角層細胞の成熟度の比較

 

     代表的な角層細胞染色写真:明るい赤色に染まっているほど、角層が成熟していることを示す


これらの結果から、フラーレンには過度の日光暴露や皮脂の酸化による酸化ストレスの高まりによって起こる皮膚角層のバリア機能の低下を防ぎ、肌荒れを防止・改善する効果があると考えられました。ビタミンC60バイオリサーチ(株)は、引き続き様々な美肌効果を持つフラーレンの可能性を追求して参ります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ビタミンC60バイオリサーチ株式会社
  4. >
  5. フラーレンの新たな美肌効果:「酸化ストレスによって起こる皮膚角層のバリア機能低下に対する予防・改善効果」を発見