フラワー・ロボティクス、家庭用ロボットPatinプロトタイプ発表

Flower Fair2015にて実機デモンストレーションと開発者向け技術説明会を実施しました

フラワー・ロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:松井龍哉、以下フラワー・ロボティクス)は、2015年6月23日に東京ミッドタウンにてFlower Fair 2015を開催しました。開発中の家庭用ロボットPatin(パタン)のプロトタイプを発表し、実機によるデモンストレーションをおこないました。
「Flower Fair」は、フラワー・ロボティクスが考えるロボット産業の未来図を発表し、共に歩んでいくパートナーと情報交換をすることを目的とし、今回が初開催となります。
Flower Fair2015では報道関係者と取引先企業をお招きして、フラワー・ロボティクスの考えるロボット産業の展望と、Patinの開発状況・成長戦略をご説明いたしました。今後は規模を拡大し、ロボットに関係する人と情報が集まる場として育てていきたいと考えております。
 
ITイノベーションはソフトウェアからハードウェアへの広がりを見せており、テクノロジーとものづくりの融合であるロボットへの期待感も高まっています。フラワー・ロボティクスは2001年の創業から、”ロボットを日常の風景にする”ことを経営・技術開発共通のビジョンとし、ロボットの企画・設計・開発・販売をおこなってきました。しかしロボットが広く普及するためには、多くの課題と超えなくてはならないハードルがあり、ロボット産業の成長も、第2次ロボットブーム時に出された予測を大きく下回っています。そこでフラワー・ロボティクスはロボットの普及促進のため、2014年9月に発表したPatin(パタン)より、産業用ヒューマノイドロボットから家庭用の台車型ロボットへプロダクトを大きく変更いたしました。

日本の開発力、技術力の一つの体現であるロボットは新たな産業として大いなる可能性を秘めています。
第3次ロボットブームと言われる現在、フラワー・ロボティクスはPatinの開発を軸としてロボットの産業化の一翼を担うべく事業に取り組んでまいります。

 

 

【Flower Fair 2015開催概要】
開催情報:2015年6月23日(火) 東京ミッドタウン カンファレンスにて実施
記者発表会(14:30〜15:30 受付:14:00)
‐家庭用ロボット産業の展望とフラワー・ロボティクスの事業戦略について
‐Patinおよびサービスユニット開発状況報告
技術説明会(16:00〜17:15 受付:15:45)
‐Patinおよびサービスユニット機能説明、SDKを利用したサービスユニット開発について
主催:フラワー・ロボティクス株式会社
登壇者:代表取締役社長 松井龍哉/チーフサイエンティスト 吉海智晃

◆フラワー・ロボティクス株式会社について
2001年の創業から”ロボットを日常の風景にする”ことを経営・技術開発共通のビジョンとし、ロボットの企画・設計・開発・販売までを行うファブレスメーカーとしてヒューマノイドロボット「Posy」、「Palette」などを自社開発してきました。RoboCupのGlobal Partnerをつとめるなど、ロボットが日本の産業に好影響を与える存在となるための支援も行なっています。
HP:http://www.flower-robotics.com 
Facebook:https://www.facebook.com/flowerrobotics
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. フラワー・ロボティクス株式会社
  4. >
  5. フラワー・ロボティクス、家庭用ロボットPatinプロトタイプ発表