ExaScalerが豊田通商と販売代理店契約を締結

 株式会社ExaScaler(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:齊藤元章、代表取締役社長:木村耕行、以下:ExaScaler)は、トヨタグループの総合商社 豊田通商株式会社(本社:愛知県名古屋市、取締役社長 加留部 淳、以下:豊田通商)と、ExaScalerが開発する液浸冷却高速演算システム、液浸冷却装置、及びこれらの関連製品に関して、日本国内における販売代理店契約を2015年5月28日に締結致しました。
 ExaScalerは、今回の豊田通商との新たな販売代理店契約によって、既存の販売代理店に加えて、豊田通商のもつネットワークを通じた多数の顧客への販売が可能となります。
 豊田通商は、正規代理店としてExaScalerが開発・提供する一連の「液浸冷却高速演算システム、液浸冷却装置及び関連製品」の販売を開始する他、近い将来にはExaScalerが開発する液浸冷却のHPCシステム、スーパーコンピュータを用いたホスティング・サービスの提供も計画しています。また、ExaScalerが開発する液浸冷却のHPCシステム、スーパーコンピュータ向けのソフトウェア開発を行うことも検討します。豊田通商は、トヨタグループへのこれらの製品の販売、サービスの提供、ソフトウェア開発を行う他、グローバルネットワークを活かし、幅広い顧客に対しこれらのビジネスを積極的に展開していきます。

 
【株式会社ExaScalerについて】
 ExaScalerは、独自の液浸冷却システムの各種製品の開発と販売を目的に2014年4月に設立された法人です。2014年8月の基本特許の申請から現在までに6件の液浸冷却技術に関する特許を申請済みで、これらを基にした液浸冷却装置・システムの開発に成功しています。ExaScalerが開発した最初の小規模液浸冷却スーパーコンピュータである「ExaScaler-1」は、国の高エネルギー加速器研究機構に「Suiren(睡蓮)」として設置され、2014年11月に発表されたTop500ランキングで369位、Green500ランキングでは世界第二位(国内第一位)に認定されました。その後、2015年3月にはGreen500ランキングの世界第一位に相当する値を計測しています。2015年2月20日、ExaScalerはHPCシステムズ株式会社と販売代理店契約を締結しました。

 
【豊田通商株式会社について】
 豊田通商は、総合商社として多数の顧客基盤を抱え、特にトヨタグループをはじめとした製造業の支援を強みとしています。またシステムインテグレーターとしても多くの顧客へ実績を有しています。近年、製造業におけるシミュレーションやクラウドサービスをはじめとしたコンピューティングリソース需要の高まりを受け、同分野へ積極的に取り組む方針です。

 
【販売に関する問い合わせ先】
〒108-8208 東京都港区港南2-3-13
豊田通商株式会社 HEV・ITS事業推進部 エレクトロニクス事業開発グループ
課長職 森一憲
TEL: 03-4306-5366


【本プレスリリースに関する問い合わせ先】
株式会社ExaScaler  取締役COO 齊藤公章
〒101-0052 東京都千代田区神田小川町2-1木村ビル3階
TEL: 03-5577-3835
E-mail: info@exascaler.co.jp
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. PEZYグループ
  4. >
  5. ExaScalerが豊田通商と販売代理店契約を締結