千趣会が社内ポータルを刷新、全社員のデータ活用を支援

自ら答えを探しアクションに繋げる環境をSpotfireで構築

日本ティブコソフトウェア株式会社(東京都新宿区、以下 ティブコ)は、通信販売大手の株式会社千趣会(大阪市北区、代表取締役社長 田邉道夫)が、ティブコのアナリティクス・プラットフォーム「TIBCO Spotfire®」を導入し、社員への「見せる化」を推進する独自に工夫を凝らした社内分析ポータルを構築したことを発表いたします。
このたび千趣会が開設した、「数字で見るベルメゾン」と称された社内分析ポータルは、これまでにはない大きな工夫が施されています。
一般的には、BIソフトが提供するダッシュボード画面や、自ら積極的に分析作業を行おうとする社員向けに詳細ツールが用意されたりしますが、利用者の普及を拡大していくためにはこうした仕組みだけでは限界があると判断。日々のデータから浮かび上がる変化に対して、高いITスキルを持たない社員までもが気付きを得ることができ、データの持つ力を実感することのできる画面構成を構築しました。
言わば、従来の「見える化」というスタンスから、一歩進んで「見せる化」を実現したものとなっています。

千趣会の社内分析ポータル「数字で見るベルメゾン」には、「全社売上」、「部門別売上」、「ネット売上比」、「会員数」の4つのページが用意され、それぞれ分かりやすいグラフィックにより数字とグラフが表示されています。各数値は、日々上がってくる新規データが自動的に反映され、人を介さずに更新されていきます。
そして、さらに具体的な数字や、別の切り口でデータの詳細を見たいという社員向けには、各ページ内に「詳細を見る」というボタンを設け、TIBCO Spotfireの様々な分析機能を利用できるページにリンクするようになっています。

千趣会では従来、各部門で数字を掌握している担当者がデータを抽出する必要があるなど、データ収集に非常に大きな業務工数がかかっていましたが、ティブコのアナリティクス・プラットフォーム「TIBCO Spotfire」を採用することで、こうした大きな負荷はほぼ無くなり、社内分析ポータル上での数値の自動更新を実現しています。これにより、現場の担当者は、分析の作業自体に労力を集中させることが可能になりました。

株式会社千趣会、販売企画本部 販売戦略部 販売分析チーム 西口浩司 氏は、次のように述べています。
「このたび開設した社内分析ポータルの当初の目的は、全社員にデータ活用を行ってもらうためのインフラ作りです。そのために必要だったのは、BIツールや分析ツールが組み込まれているということを意識させないデザインと仕組みでした。今回のポータルの構築により、まずは、単なる見える化ではない“見せる化”を推進する一歩を踏み出せたと思っています。しかし大切なのは、見せるのは7割くらいにとどめ、あとの3割は自分で調べてみよう、つまり「見たい」という“疑問の醸成”にあると思っています。社員が自分で答えを探し出す環境を与えることで、次のアクションに繋がる。それこそが、ポータル構築の最大かつ最終的な目標であると考えています。TIBCO Spotfireは、私たちのこうしたニーズを満たす柔軟な機能と拡張性を兼ね備えた魅力的なツールでした」

千趣会では、本年9月に、ファッションからインテリアまでのジャンルを横断的に網羅した新ブランド『BELLE MAISON DAYS(ベルメゾンデイズ)』を発表しましたが、この立ち上げと合わせた新画面の投入により、社内各部門から社内分析ポータルの閲覧が急拡大しました。今や販売、商品開発、物流といった部門も含めて、全社での利用ユーザー数は500名にものぼります。

今後は、社内分析ポータル「数字で見るベルメゾン」の機能をさらに発展させながら、「見せる化」からもう一歩進んだ「見たい化」を実現する社内ツールとして完成度を高めていくことを計画しています。


●ティブコソフトウェアについて
ティブコソフトウェアは米国カリフォルニア州パロアルトに本社を置くソフトウェア・プロバイダです。企業のデータ活用を促進するアナリティクス製品群と分析環境を提供します。
・  TIBCO Spotfireによる「可視化分析」
・  TIBCO Spotfireまたは TIBCO Jaspersoftによる「帳票、ダッシュボード開発・共有、簡易分析」
・  TIBCO SpotfireとTIBCO Enterprise Runtime for R (TERR)を組み合わせた「予測分析」
・  TIBCO Spotfire、TERR、TIBCO Event Analytics を連携させた「リアルタイム分析」

ティブコソフトウェアのアナリティクス製品は、製造業における品質・歩留り解析、流通業における顧客分析、金融業におけるリスク分析や各業種における売上分析、その他様々な業種の日本企業および世界の先進的な企業で多数導入されています。

会社名:日本ティブコソフトウェア株式会社
所在地:〒163-0531 東京都新宿区西新宿 1-26-2 新宿野村ビル 31F
代表者:カントリーマネジャー 黒塚 明彦

TIBCO Spotfireについての詳しい情報は以下のサイトに掲載しています。
http://spotfire.tibco.jp(日本語)   http://spotfire.tibco.com(英語)

# # #

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 日本ティブコソフトウェア株式会社
  4. >
  5. 千趣会が社内ポータルを刷新、全社員のデータ活用を支援