オーストラリア 西海岸パース生まれのコーヒーチェーン 「Muzz Buzz(マズバズ)」ドライブスルー型日本第1号店 2015年12月19日OPEN予定

 Muzz Buzz Japan(マズバズジャパン) Co., Ltd.(本社:千葉県美浜区/代表取締役社長兼CEO 原拓也)は、オーストラリアやニュージーランドで約80店舗を展開するドライブスルー型コーヒーチェーン「Muzz Buzz(マズバズ)」のドライブスルー型1号店「Muzz Buzz鳥取ファーマーズガーデン店」を2015年12月19日に鳥取ファーマーズガーデン内(出店候補地住所:鳥取県鳥取市吉成731-1)にてオープンする予定です。
 「Muzz Buzz(マズバズ)」は、オーストラリア代表のWarren Reynolds(ウォーレン・レイノルズ)が、2004年にオーストラリアで展開を開始したドライブスルー型コーヒーチェーン。ドライバーの安全を考慮し、ホットコーヒーもストローで提供するスタイルは現地ではすっかり確立しています。また、見る楽しみ(FUN)味わう楽しみ(FUN)、選ぶ楽しみ(FUN)を提供するというコンセプトのもと、1年間を通し、お客様とスタッフの参加型イベントをご用意するなどユニークな取り組みを行っています。

 そんな 「Muzz Buzz(マズバズ)」の日本展開は、地方創生を支援し、地域密着型のドライブスルー型コーヒーチェーンを10年で300店舗展開していく予定です。
 

ドライブスルー型のオーストラリア店舗(イメージ)  

徒歩窓口(共にイメージ)


■鳥取砂丘店の計画について:
 7月に店舗OPEN計画についてニュースリリースにてお知らせしました「鳥取砂丘店」は、店舗OPEN予定地が国立公園内にある関係で自然公園法に基づき申請中です。申請が通り次第工事着工となりますが、現時点ではスケジュールの目途が立っていない状況です。出店計画を見直し、鳥取市内の店舗を先に出店しますが、鳥取砂丘店は、デザイン、設計を見直しながら、鳥取砂丘にマッチした店舗のOPENに向けて引き続き努力してまいります。

■これまでの日本における「Muzz Buzz(マズバズ)」展開:
 日本における第1号店は、2015年3月20日(金)イオンレイクタウン(埼玉県越谷市)施設内の店舗として開店したため、オーストラリアで展開しているドライブスルー型店舗としては、初出店となります。
 「Muzz Buzz(マズバズ)」は”日本人の味覚“にこだわり、日本展開するにあたり、全ての食事メニューを日本国内で独自開発。日本で開発された商品の一部は、オーストラリアの店舗で販売する予定です。

https://www.facebook.com/muzzbuzzjapan/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Muzz Buzz Japan
  4. >
  5. オーストラリア 西海岸パース生まれのコーヒーチェーン 「Muzz Buzz(マズバズ)」ドライブスルー型日本第1号店 2015年12月19日OPEN予定