新型キャンター発売ショートムービーを公開

あらゆる視点で猫の動きを自在に視聴できる! 上下左右前後の全方向映像で撮影した360°動画 ひっかく!噛みつく!ネコパンチ!猫と人形の壮絶必死バトル!

三菱ふそうトラック・バス株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長・CEOマーク・リストセーヤ)は、当社主力車両の小型トラック、新型「キャンター」の近日発表を前に、新型キャンター予告編『ネコ360°』を2016年2月22日(月)より当社(http://www.mitsubishi-fuso.com)で公開します。

360°、4種15匹の猫たちに囲まれた中、頭部に猫じゃらしを付けた人形が、新型「キャンター」の特長を説明し始めます。しかし、人形の頭部に付いた猫じゃらしが気になる猫が人形を触ったり、叩いたりすることで、新型「キャンター」を説明する音声がピー音で消されてしまいます。人形が次から次へと穴から飛び出て登場するものの、 人形に付いた猫じゃらしの動きに猫たちは釣られてしまい、すかさずパンチ。まるでモグラたたきのような戦いが繰り広げられ、新型「キャンター」の特長は全く聞こえなくなってしまいます。

画面上を左右上下前後に動かして好きな視点から動画を視聴することができるため、様々な視点から人形と戯れる猫たちを視聴できます。何度見ても、15匹の猫たちの動きに発見があります。自由な動きがかわいらしく、心癒される映像に注目です。昔から猫は「家の中で快適な場所を知っている」といわれています。動画の最後のカットでは新型「キャンター」のシートで優雅にくつろぐ猫の姿が収められています。猫は新しい「キャンター」の最も良いところをすぐに分かっていたのかもしれません。
 

 

 

動画概要

■タイトル:新型キャンター予告編『ネコ360°』
■公開日:2016年2月22日(月)
■公開場所: Youtube: https://www.youtube.com/watch?v=QsjMnBXQBb4
■内容:
猫じゃらしが頭についた人形が穴から登場。人形が「今度のキャンターは・・・」と説明を始めたところ、人形の頭についた猫じゃらしの部分を猫が押さえてしまい、音声はピー音に消され聞こえなくなります。そして「360°ネコにジャマされて聞こえないニュース」とのテロップ。

360°のカメラが動き出し、モグラ叩きのゲームのように、次から次へと穴から人形が登場。進化したキャンターのインテリアやドライバーズシートなど、特長を説明し始めますが、15匹もの猫が人形の頭部についた猫じゃらしに心を惹かれ、猫じゃらしを触ってしまい、ピー音だらけで特長が聞こえません。しまいには、説明もそっちのけで、人形も「やめて、やめて」と言うものの、新型キャンターの説明はほとんどできません。「それはまだ言えない」のテロップが映し出され「企業秘密だから、まだ言えないけれど、乗ればその良さ絶対わかる」というナレーションとキャンターのシ-トでくつろぐ猫のカットでエンディング。

<360度動画を視聴するには、下記の環境を推奨します。>
・PCブラウザの場合:Google Chrome最新
・iPhoneの場合:YouTube公式アプリ(※1)
・Androidの場合:YouTube公式アプリ(※2)
※1:iOS8以降 ※2Android4.3以降

<PCでの操作方法>
PC環境で閲覧の場合は、画面左上の矢印で視点を自由に動かすことができます。

<スマートフォンでの操作方法>
スマートフォン環境で閲覧の場合は、向きや傾きを変えることで視点を自由に動かすことができます。

※iPhoneはApple Incの商標です。 
※iOSは、Cisco Systems,Inc.またはその関連会社の米国およびその他の国における登録商標または商標であり、ライセンスに基づき使用されています。 
※Android、Google Chrome、YouTube、YouTubeロゴはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
 

 

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 三菱ふそうトラック・バス株式会社
  4. >
  5. 新型キャンター発売ショートムービーを公開