電子ビームを用いたチタン合金の三次元積層部品の受注製造開始についてのご案内

3Dプリンターを用いたチタン合金の三次元積層部品の受注製造開始

ヤマウチマテックス株式会社(福井県福井市問屋町2-22 社長 山内隆嗣 ℡0776-25-5600)は、この度電子ビームによる3次元積層装置を導入し3Dによるチタン合金製品の受注製造を開始することとなりました。
樹脂の3Dプリンターを導入する会社は多いものの、電子ビームを用いた積層設備の民間での導入事例は全国的にみても未だ少なく、北陸では当社が初めての導入となります。

当社はこれまで、眼鏡フレーム用金属材料の圧延・伸線などの加工販売を事業の中心としておりましたが、これまで蓄積されたチタン合金等の加工ノウハウを生かせると判断、航空宇宙、ロボット、医療などの市場への参入を試みるとともに、将来的にはチタン合金以外の高耐熱合金など高機能合金の部品製造も行っていく計画です。

 

 

総投資額は周辺設備を含め3億円、2年後に2億円程度の受注を指しています。



※問い合わせ先:
社名:ヤマウチマテックス株式会社
住所:福井県福井市問屋町2-22
担当:福岡 道孝
TEL:0776-25-5600
FAX:0776-25-2528
URL:http://www.matex.co.jp/
E-mail:info@matex.co.jp

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ヤマウチマテック株式会社
  4. >
  5. 電子ビームを用いたチタン合金の三次元積層部品の受注製造開始についてのご案内