Airbnbユーザーコミュニティ 日本に与える経済波及効果は、年間2219.9億円

地域コミュニティを支え、観光産業の成長と多様化を促進

世界最大手のコミュニティ主導型ホスピタリティカンパニーのAirbnb(本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、日本語名:エアビーアンドビー、以下:Airbnb)は、2015年11月26日、日本の経済波及効果に関する調査結果を発表しました。

この調査は、日本におけるAirbnbコミュニティがもたらす経済、社会、環境への影響を評価したものです。Airbnbのコミュニティは、日本経済に年間で2219.9億円の経済波及効果と、日本全国の地元の地域に21,791人の雇用機会を生んだことが明らかになりました。
これは、フランス、ニューヨーク、ロンドンなどの都市にて実施された類似の調査に次いで、日本では初めて実施された調査です。調査レポートにおける経済波及効果は、2014年7月から2015年6月の1年間にAirbnbを利用した国内での旅行を対象に早稲田大学ビジネススクールの根来龍之教授率いる研究チームによって算出されました。

 


調査によって、日本のAirbnbのホストたちは、時折自宅を貸し出す一般の人々で、Airbnbで得た収入を生活の収支に充てていることが分かりました。Airbnbのホストたちは、今まで日本に来たことのなかった新しい旅行者を呼び寄せ、より長い期間宿泊させ、そして滞在するゲストたちはより多くのお金を落していき、より高い確率で日本を再訪します。また、その経済的利益は、観光収入とは従来無縁であった街やエリアにもあまねく経済効果を分散します。Airbnbは、既存の観光産業を補充する存在であり、世界中からの旅行客に正真正銘のローカルな旅行体験を与えることで、消費者自らが選べる新たな旅の選択肢を増やしています。

 
Airbnb Japan 代表取締役の田邉泰之は「グローバルで成長を遂げているAirbnbは、日本の経済にも広く影響をもたらしています。自宅や空き部屋を、生活を支える収入源にかえることで一般家庭の家計を支え、また日本国内の観光のあり方を多様化させ成長させています。私たちは、ホーム・シェアリングによって日本の皆様にもたらされる恩恵や利益を日本政府にご理解いていただいていることを大変光栄に思います。そして、日本でのシェリングエコノミーの発展に貢献するべく、自宅をシェアする人々を支援するための明確でシンプルなルール作りのために政府、行政関係の皆様と力を合わせていきたいと考えています。」と、コメントしています。



<調査結果のハイライト>
  • 2014年7月~2015年6月の1年間で、Airbnbのコミュニティが国内において年間、総額2219.9億円の経済効果、21,791人の雇用を生んだことが明らかになりました。
  • Airbnbのホスト数は、2010年より毎年倍以上増えており、全国47都道府県の300都市以上に分布しています。
  • 日本にいる5,000人以上のホストが年間で約525,000人の世界中からのゲストを自宅に迎えいれています。そして約96,000人がAirbnbを使って、日本から世界を訪れています。
  • Airbnbは日本の一般家庭のより良い生活を助けます。過去1年間で、毎月約10泊受け入れをすることで、日本のAirbnbホストは年間平均957,000円の収入を得ています。ホストは、Airbnbで得た副収入を日常の家計を賄うために使っています。
  • ホストの平均年齢は37歳で、「アート、デザイン、クリエイティブサービス」職種で働く人が最も多く、定年後のシニア層も5%占めています。最も伸び率が顕著だったのが60歳超の年齢層でした。
  • 日本のAirbnbホストは高学歴で、大学・大学院卒以上の人が全体の70%を占めます。
  • Airbnbのホストは安全で、質の高い滞在を提供しています。90%のゲストが自分の泊まったところを友達や家族にすすめたいと回答しています。また、90%が「清潔さ」の評価で4〜5以上の高い評価をしています。
  • Airbnbに集まるのは一回の滞在が長く、沢山お金を落とし、日本を再訪する確率が高い旅行者です。ゲストは滞在1回につき平均3.8泊滞在し、1回の旅行で169,600 円を費やします。
  • 日本にやってくるAirbnbのゲストの69%がリピート客です。79%がAirbnbを使ったことで、日本を再訪する可能性が高まったと回答しています。
  • 28%のゲストがAirbnbがなかったら旅行していなかった、あるいは、それほど長くは滞在していなかったと回答しています。また、65%がAirbnbを使うことで日本への旅費が節約できました。
  • 日本に訪れるAirbnbのゲストの90%が「地元の人のように暮らしたかった」と、80%のゲストが「ある特定のエリアを深堀したかった」と回答しています。そして77%が、家族やパートナー、子供、親戚、友達を伴っての旅行です。
  • 日本のゲストのうち、93%が海外のユーザーで、54%がアジアからの旅行客です。過去1年の間にAirbnbのホストたちは150か国以上からゲストを迎えました。
  • ゲストと家をシェアすることは、コミュニティの寛容さ、共感、信用の強化にも働きかけています。57%のホストが「ホスティングをすることで、地域のコミュニティとの接し方がポジティブになった」、62%が「物事の考え方がポジティブになった」と答えています。

<データソース>
この調査結果は、2014年7月~2015年6月の1年間で日本を訪れたゲスト、日本でゲストを迎え入れたホストの幅広いデータをもとにしています。



<Airbnbとは>
2008年8月創業のAirbnbは、世界中のユニークな宿をネットや携帯で掲載・検索・予約できる信頼のコミュニティ主導型マーケットプレイスです。アパートを1泊でも、お城を1週間でも、ヴィラを1ヶ月でも、Airbnbはあらゆる価格帯で世界190ヶ国以上34,000以上の都市で人と人とをつなぎ、ユニークな旅行体験を叶えます。世界一流のカスタマーサービス、成長中のユーザーコミュニティを抱えるAirbnbは、簡単に空き部屋を世界数百万人と結びつけるプラットフォームです。www.airbnb.com

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. Airbnb Japan株式会社
  4. >
  5. Airbnbユーザーコミュニティ 日本に与える経済波及効果は、年間2219.9億円