Windows 10 パソコン トライ10!キャンペーン プレゼンツ 『#トライ10! 〜君の挑戦をツブやけ!〜』開催!

“百獣の王”武井 壮が、夢をかなえるための熱いアドバイスで、あなたのトライを応援!?

12月11日(金)~ 新年に向けた挑戦を大募集!
 ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム(以下:WDLC)は、2015年12月11日(金)より、「 Windows 10 パソコン トライ10!キャンペーン プレゼンツ『#トライ10! 〜君の挑戦をツブやけ!〜』」を実施いたします。

 

 本施策は、2015年11月26日(木)から2016年1月11日(月)まで開催中の「 Windows 10 パソコン トライ10!キャンペーン」において、「 Windows 10 パソコン アンバサダー」として起用されている、”百獣の王”の異名を持つ人気タレント武井 壮さんの常に挑戦し続ける前向きな姿勢と、まもなく迎える新たな年への抱負を絡めたもので、Twitter を活用し、世の中の人々に新年に向けての「トライしたい挑戦」を宣言してもらう企画です。

【『#トライ10! 〜君の挑戦をツブやけ!〜』概要】
期間   : 2015年12月11日(金)~
応募方法 : ①Twitter 上で「新年に向けてトライしたい挑戦」をツブやく
       ②「#トライ10」のハッシュタグをつけて投稿  ※キャンペーンはTwitter 上のみでの開催とし、キャンペーンサイトなどで、皆さまの投稿を掲載することはございません。

◇「 Windows 10 パソコン トライ 10 ! キャンペーン」とは
 「 Windows 10 パソコン トライ 10 ! キャンペーン」は、秋冬商戦向けに発売される Windows 10 搭載最新パソコンの魅力を一般コンシューマーの方にご理解いただくことを目的とし、元十種競技日本チャンピオン、現在は百獣の王として日々新しいことに挑戦し続ける武井 壮さんを「 Windows 10 パソコン アンバサダー」に起用し、武井さんのビデオやメッセージを通してわかりやすくご紹介していくものです。

◇武井 壮さんを「 Windows 10 パソコン アンバサダー」に起用
 百獣の王として日々新しいことに挑戦し続けている武井 壮さんは、最新の機能を追加して進化を続ける Windows 10 との共通点が多く、非常に親和性が高いことから、今回の「 Windows 10 パソコン アンバサダー」に選ばれました。


◆武井さんへのインタビュー①

― Windows 10 パソコンのアンバサダーに就任した感想は?

“「10」といえば、武井 壮?!”

 武井さん: 僕にとって「10(じゅう)」という数字はとても縁がありまして、元・陸上10種競技のチャンピオンですし、「獣」という漢字になりますが、百「じゅう」の王ですからね。アンバサダーという大役をいただいて、ますます10絡みの人生になってきているな、と。ワイルドな肉体派というイメージが先行している僕と最新の OS を搭載したパソコンというのは、一見かけ離れた存在のように思えますが、実はブログなんかは世の中で流行る前から始めていましたし、そのブログがプロバイダーのアクセスランキングのトップになったこともあるくらい。ネット上のコンテンツを利用し、自分のことを発信するというのはかなり前からやっていたんです。今も Twitter や Facebook などの SNS で自分の言葉や映像を世の中にお届けしていて、ありがたいことにそれを当時よりさらに多くの人に見ていただけるようになっていますが、そういう意味では、僕は最も IT 系というか、情報技術を駆使しているタレントなんじゃないかと思います。いまの芸能界はただおしゃべりが上手だとか、ルックスがいい、歌や演技がうまいでは成功しにくい時代に突入してきているのかな、と。メディアに任せておけばいい時代と違って、今は個人がメディアにならないといけない。だから、自分発信のために必要なコンテンツやツールを使いこなすスキルが、より求められてきていますよね。それは芸能界のみならず、一般社会の皆さんも同じ。個人個人がよりハイスペックにならないといけない時代の中で、スペックが飛躍的に向上した Windows 10 パソコンのアンバサダーに僕を選んでいただいたのは、そういう部分で僕を評価していただけたのかな?と勝手に思っていますが(笑)、そうだとしたら大変光栄ですね。

◇WEB動画では武井さんが「 Windows 10 」を身体を張って表現
 WEB動画「武井 壮、格闘の日々~今初めて明かされる、その舞台裏~」篇は、ドキュメンタリー番組のインタビューシーンを思わせるような空間で、今にも何かを熱く語り出しそうな、武井 壮さんの真剣な表情からスタート。動画は、第一章「人生のターニングポイント」、第二章「トレーニング理論」、第三章「ファンとの関係」の三章構成で、武井さんが、自身の子供の頃からの思い出や人生観について話します。ところが、話の途中で Windows 10 パソコンの特長である「顔認証」「バリエーション」「タッチ&ペン」という言葉が飛び出すと、武井さんは、おもむろに隣に置いてある Window 10 パソコンを使い、各機能や特長について実演を開始。武井さんの半生と Windows 10 パソコンの魅力がうまく重なりあい、アドリブも多く飛び出すユニークな仕上がりになっています。 Windows「10」と絡めて、武井さんが実際に、ゴルフ、ボクシング、野球、サッカー、瓦割り、バク宙、テニス、アーチェリー、ダッシュ、走り高跳びの全10種のスポーツを行い、 Windows 10 パソコンのバリエーションの豊かさを表現しているのが見どころです。


【動画概要】

 

動画タイトル : 「武井 壮、格闘の日々~今初めて明かされる、その舞台裏~」篇
動画公開日  : 2015年12月1日(火)
URL     : http://aka.ms/try10




◆武井さんへのインタビュー②

― 先行動画は一見の価値あり! 美しいフォームは現役選手さながら?

“10種類のスポーツを高いレベルでこなす「万能・武井 壮」を見逃すな!”


 武井さん: 12月1日より先行配信された動画では、今まで経験したものから、まったく初めてのもの、または番組で1、2度挑戦した程度のものまで10種類のスポーツにトライしました。その映像の自分の姿を見て「まあまあ美しいじゃないか」と思いましたね(笑)。Windows 10 パソコンの新機能の紹介と絡めて、自分でも「武井 壮、すごいじゃないか!」と思えた姿、詳しくは、ぜひ動画をご覧ください!

 子供のころにスポーツで思うようにいかないことがあって、それは「自分の思うように動けていない」のが原因だと分かってから、頭の中でイメージしたものを、そのままカラダに伝えられるようにトレーニングしてきました。それから30年以上経ちましたが、その積み重ねの結晶みたいな動画ですよね。僕はそうやって自分のスペックを上げる作業を続けてきましたが、それってこの Windows 10 パソコンの進化とよく似ています。今回のパソコンも最初の Windows 搭載のパソコンとは全然違う。アスリートでもタレントでもなかった若いころの僕と、現在の僕がまったく違うものへと進化してきたのと同じような道のりをたどっているんじゃないかと。僕は、毎日必ず1時間トレーニングして、毎日1時間知らないことを勉強する、と決めています。Windows 10 の進化に負けないように、僕もこれからも毎日の成長を欠かさないようにしたいと思います。


― トライ10!キャンペーンがスタート。武井 壮が挑戦したいこととは?

“ゴルフ、ボーリング、ビリヤード。この3つのプロ資格を持っている人はどこにもいないですよね?”


 武井さん: 12月11日(金)から、来年トライしたい挑戦をつぶやく『#トライ10! 〜君の挑戦をツブやけ!〜』が Twitter 上で開催されますが、僕が挑戦したいことは4つ。今年の世界マスターズ陸上の4×100メートルリレーでの金メダルは、節目となる大きな目標を達成したと、納得も満足もしていますが、まだそれでは足りないと思っていて。なぜならば、「陸上は、武井 壮の得意分野じゃないか」と思われる人が少なくないと思うんです。今後、僕の挑戦を見て、皆さんに「自分もやればできるんじゃないか」と夢を持っていただけたり、目標を達成するきっかけにしていただけるように、僕もまた新しいことに挑戦する必要があると思っています。来年に限らず今から50歳までに叶えたい僕の挑戦は、ゴルフとボーリングとビリヤードのプロの資格を取ることです。それも、ひとつじゃなくて3つ全部!この3つの資格を全部もっているって、そうなったら、人類史上、地球上、きっと初ですよね。ひとつ取るだけでも並大抵ではないでしょうが、ただ、もしそれを達成できてもまた「スポーツが得意だから」と言う人もいると思うんです。なので、もうひとつは、スポーツ以外の学業とか研究に通じる分野にも攻め込んで、何かしらの資格を取ってやろうと思っています。僕が伝えたいのは「人間ってやればできるんだよ」というメッセージ。40歳すぎのおじさんが、今日からこれになりたいと言ってスタートした夢を、毎日1時間の努力で叶えられるという姿を、皆さんにお届けできればと思っています。



― 挑戦の必要性と、素晴らしさとは?

“トライは、つまらない日々から脱却するための手段のひとつです”


 武井さん:日本はすごく恵まれていますよね。平和だし安全だし、街はキレイでなんでも売ってたりする。そんな国に生まれているにもかかわらず、窮屈で毎日つまんないなぁって感じている人って、意外と多いですよね。そう思うのは、自分の力不足だと思います。僕が最終的に目指している挑戦は、対地球なんですよ。日本って地球上の小さな島国で、僕はその中のさらにちっぽけなとある街のひとつの点みたいな場所に立っている。その中で今僕ができることは、何種類かのスポーツと、今の芸能界のお仕事、言語は日本語と英語の2つですが、もっといろんなことを身につけて、地球上のどこに行っても楽しめる能力を身につけたい。日々の挑戦でそれが少しずつ手に入ってきていることも実感しています。ハタチの頃の僕は、スポーツしか面白くないと思っていた時期がありました。そこから20年以上経って42歳になった今、昔はつまらないと思っていたいろんなお仕事のどれを見ても楽しそうに見えるし、実際やってみても楽しめるようになりました。それは、たくさんの知識を身に着け、どんな人とでも楽しく交流できるおしゃべりの能力を磨いてきたから。自分の能力が高まると、つまらないと思うものがどんどん減ってきます。サバイバルなどの海外ロケにもよく行かせていただきますが、今は現地の人ともすぐに仲良くなれるし、ジャングルや無人島、洞窟に行っても「うわぁ、楽しいな」と思える自分が育ってきています。美味しいご飯がなくても平気。そこら辺で、申し訳ないんだけどヘビとかを捕まえて「ありがとうございます!」って言いながらいただく。地球をくまなく楽しめる能力が広がってきているんです。「地球上のどこでも」は壮大すぎるかもしれませんが、身近なことでもつまらないなぁ、こんなのヤダなぁって思うのは、ただ単に自分が知らない、能力が足りていないことが理由だったりします。それなら少しでもいいから、知識と能力を身につける。それだけの挑戦で、人生を楽しめる面積は10倍以上に広がるんですよ。


― どんな「トライ」がつぶやかれることを期待している?

“トライは難しくない! 1日10秒でOK!”


 武井さん:トライは、なんでもいいと思います!大きな目標なんて、無理に立てる必要はありません。僕があげた4つの挑戦も、クリアできた、できないとかの結果が大事ではなく、本当に目標にしているのは、昨日の僕より今日の僕が確実に進化している“常に今日が自分史上最高”であること。どんな目標を立てても毎日成長していないと、絶対にたどり着くことはできません。先ほどもお話しましたが、僕は昨日の自分に挑戦し追い越すために、毎日1時間ずつ、トレーニングと知らないことを勉強しています。どんなに仕事が忙しくても、仕事終わりに2時間やるのが僕のタスクなんです。「トレーニングって1時間だけなんですか?」ってよく聞かれますが、1時間というのは短いようで長い。本気になった1時間がどれだけのものを生むかは、僕が世界一を獲ったことで証明できたと思っています。人間が本気になった時間というのは、短い時間でも積み重ねていけば、身体や心を十分に変えられます。1年や1日など大きいところに目を置いて長い時間で頑張ろうとすると、飽きたり疲れちゃって、「あー、オレってやっぱ才能ないわぁ」と思ってしまう。そんな人に僕は「そうじゃないよ、10分でも人間は変わるんだよ!成長できるんだよ!」と言いたいんです。トライ10!キャンペーンの「10」に掛けて、1日10分で始められるようなことでもいいし、ぶっちゃけ、10秒でもいいんです。1日10秒だけ階段を全力で駆け上がってみる、10秒だけ知らないことを調べてみる。それを1ヶ月やってみたら、こんなに大きなものが手に入っていた。そんな実感が必ず得られるはずです。そして、これなら10秒以上できるな、という気持ちが湧いたら15秒や1分と単位をちょっとずつ上げていく。自分が本気になれる時間というのは、ミニマムから始めて少しずつ伸ばしていくだけでも、きちんと成長していけるんです。こうなりたいと思い描いて、大なり小なりトライしてみたことは、必ず皆さんが幸せになることにつながっていくはずです。トライ10!キャンペーンをきっかけに、僕と一緒に地球を楽しめる仲間が増えたてくれたらうれしいです!
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ウィンドウズ デジタルライフスタイル コンソーシアム
  4. >
  5. Windows 10 パソコン トライ10!キャンペーン プレゼンツ 『#トライ10! 〜君の挑戦をツブやけ!〜』開催!