歩きスマホ参勤交代 / Samurai Smartphone Parade

気をつけてください。12月は1年で一番交通事故が多い月です。

サムライの時代だって、参勤交代中の歩きスマホはもちろん危険です。
現代人の73%が歩きスマホの経験あり。皆の者、おもてをあげよ。
 株式会社NTTドコモ(東京都千代田区、代表取締役社長:加藤薫、以下 ドコモ)は、歩きスマホ(スマートフォンの画面を見つめながらの歩行)による事故防止とマナー向上の取り組の一環として、ユニークな啓蒙動画「歩きスマホ参勤交代 / Samurai Smartphone Parade」をYouTubeのNTT ドコモ公式チャンネルで、12月1日から公開いたします。


動画概要
 スマートフォンの普及により「歩きスマホ」による事故が年々増加し、 各メディアで度々取り上げられるなど、社会問題となっています。また、12月は1年で一番交通事故が多い月です。(警視庁「交通事故発生状況の月別推移」より) 

 そこで今回ドコモでは、1年で一番交通事故が多い12月に、 歩きスマホ防止の啓発活動の一環として、サムライの参勤交代を舞台にしたユニークな啓蒙動画「歩きスマホ参勤交代 」を制作致しました。 

◎起
舞台は江戸時代。諸大名は一年おきに江戸と領土を行き来する参勤交代を義務付けられていた。 歩いて江戸まで向かうその道中は長く遠く、忍耐を要するものであったという。

仮に、
1.大名は籠の中でスマホに夢中で外の様子を気にかけない
2.武士はスマホに夢中で敵や周りの様子を気にかけない

のような設定で参勤交代が行われたらどうなるのだろうか? 

 


◎承
歩きスマホに夢中な武士は、参勤交代の最中に、
1.人にぶつかり
2.池に落ちたり
3.転んだりします 


(※)スマートフォン、タブレットを中心とした消費行動や市場調査を行うMMD研究所の「歩きスマホ」に関する データをもとに、そのイメージを再現したものになります。 
 


◎転
江戸時代の歩きスマホは、現代社会以上にリスクがあります。
1.気づかずに、太刀で素振りをしている人に頭を叩かれる恐れがあります
2.気づかずに、敵に吹き矢で狙われる恐れがあります 

 


◎結
歩きスマホの事故により、多くの武士が負傷してしまいました。
眠りについていた大名が目を覚まし、籠の外に出ると、あぜ道にポツンと1人、取り残されました。

99%が歩きスマホを危険だと回答。73%が歩きスマホの経験あり。
いつの時代でも、前を向いて歩くことが大切です。 「皆の者、おもてをあげよ。」  
 


 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社NTTドコモ
  4. >
  5. 歩きスマホ参勤交代 / Samurai Smartphone Parade