ゲストにプラントハンターの西畠清順氏、元サッカー日本代表の中田英寿氏ほか「百年先へ続く工芸の未来を考える。」トークイベントのご案内

創業300周年の奈良の老舗「中川政七商店」が贈る工芸の祭典「大日本市博覧会 東京博覧会」

2016年1月13日(水)~17日(日)東京ミッドタウン カンファレンス Room5+6(東京都港区 赤坂9−7−1)にて、プラントハンターの西畠清順氏(そら植物園)、元サッカー日本代表の中田英寿氏をはじめ各界の著名なゲストをお招きしてトークイベントを開催いたします。「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに掲げ、日本各地の工芸再生に取り組む中川政七商店とゲストの“工芸”との意外な繋がりについてトークを展開し、わたしたちの生活にも工芸が密接に関係していることを実感できるイベントです。

プラントハンターの西畠清順氏(そら植物園)

 

 1716年創業の奈良の老舗、株式会社中川政七商店(所在地:奈良県奈良市 代表取締役社長 十三代 中川 淳)は、2016年に創業三百周年を迎えるにあたり全国5地域から日本のものづくりの魅力を発信するイベント「大日本市博覧会」を開催いたします。

 記念すべき第一弾の会場は、東京ミッドタウン。世界中から、多くの人々が集まるこの街に、中川政七商店と “工芸” を共通言語に繋がる各界の著名なゲストをお招きし、トークイベントを実施いたします。「日本の工芸を元気にする!」というビジョンを掲げ、全国 各地の工芸の魅力を発信してきた中川政七商店がゲストとともにそれぞれ異なる視点から工芸の未来を考えます。

<トークイベント概要>
会場:東京ミッドタウン カンファレンス Room5+6
時間:各回 18:30 ~ 19:30(開場 18:00)
価格:3,000 円(14日のみ 2,000 円)

※中川政七商店 公式サイトにて予約受付中
http://www.nakagawa-masashichi.jp/page/300anniversary.aspx

2016年1月13日(水)「花園樹斎のはじまり」~植物と工芸 新ブランドの誕生秘話~
世界で活躍するプラントハンターが、なぜ中川政七商店と植物のブランドをつくったのか。「お持ち帰りしたい、日本の園芸」を コンセプトにした新しい植物ブランド「花園樹斎」。西畠清順氏と中川淳が、その誕生秘話と植物と工芸の深いつながりを語ります。
出演者:西畠 清順氏(プラントハンター、そら植物園 代表)× 中川淳

2016年1月14日(木)「土産ものやの未来」~お土産をデザインする~
イデーショップバイヤーを勤めたカリスマバイヤー山田遊と、「お土産の地産地消」を目指す土産ものブランド「日本市」のブラ ンドマネージャー吉岡聖貴が土産ものやの未来を語ります。思わず立ち寄りたくなるお店、思わず手に取りたくなるお土産とは?
出演者:山田 遊氏(バイヤー、method 代表)× 吉岡聖貴(日本市ブランドマネージャー)

2016年1月15日(金)「工芸の旅し方」~世界に誇る日本の工芸~
世界や日本中を旅しながら、日本には世界に誇れる技術や文化があることを再発見したという中田氏。これまでに出会った工芸 の魅力や職人が秘める可能性など、産地を旅する醍醐味を存分に語ります。
出演者:中田 英寿氏(元サッカー日本代表)× 中川淳

2016年1月16日(土)「水野学と中川淳」~くまモンから企業の 300 周年まで 「ほしくなる」を形にする~ 創業から受け継がれる歴史を伝えるために、クリエイティブパートナーとして水野氏を迎え、リブランディングを遂げた中川政 七商店。中川淳とともに歩んできた 10 年間から経営とデザインの密接な関係を語ります。
出演者:水野 学氏(クリエイティブディレクター、good design company 代表)× 中川淳
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 中川政七商店
  4. >
  5. ゲストにプラントハンターの西畠清順氏、元サッカー日本代表の中田英寿氏ほか「百年先へ続く工芸の未来を考える。」トークイベントのご案内