OBPアカデミア世界文化講演シリーズ~春を呼ぶ伝統行事~ あなたの知らない「お水取り」

OBPエリア(大阪ビジネスパーク)の活性化の一環で誕生した「OBPアカデミア」(所在地:大阪府中央区、代表取締役:吉川 聡)は、日本屈指の文化遺産である大阪城のお膝元であるOBPエリアから、世界につながる文化を発信するための連続講演を企画しました。
■タイトル
OBPアカデミア世界文化講演シリーズ第1回 
春を呼ぶ伝統行事「不退の行法」東大寺・修二会のすべて~あなたの知らない「お水取り」
URL:https://obp-ac.osaka/?p=549

■企画の主旨
日本屈指の文化遺産である大阪城のお膝元であるOBPエリアから、世界につながる文化を発信するための連続講演を企画しました。
毎回異なったテーマで文化的な講演を開催し、当館を文化の発信地にすることで文化的なコミュニティ形成を促進し、OBP内に新たな価値と人の流れを生み出したいと考えております。
 


■第1回 講演の概要・見所
練行衆を二月堂へと導く道明かり「お松明」が幻想的な「お水取り」。今年で1265回目を迎え、奈良時代より一度も途絶えることなく続くこの法会は、どうしてそれほど大切にされてきたのでしょうか?
また、それにはどんな工夫が為されてきたのか。継続することの智慧には、現代のビジネスのヒントになるようなものもあるかもしれません。
当講演では、東大寺に生まれ、今回の修二会では堂司を務められる森本公穣師をお迎えし、現役の練行衆にお松明に見られる華やかさだけではない、「生命あるもの全てに向けられた懺悔と廻向の祈り」の意義を解説します。伝統行事の背景を知ってから見るお水取りは、また格別の味わいがあることでしょう。

■開催概要
主催:株式会社まなれぼ(OBPアカデミア)
日時:2016年2月9日(火) 19:30~21:00
会場:OBPアカデミア(セミナールーム)
参加費:無料
参加申込:公式サイトからお申込み下さい。(https://obp-ac.osaka/?p=549)
締切:2月8日(月)まで
参加人数:先着30名まで

■講演者プロフィール
森本 公穣(もりもと こうじょう)
華厳宗(けごんしゅう)東大寺塔頭(たっちゅう)清凉院(しょうりょういん)住職。
昭和43年東大寺に生まれ、15歳で得度。龍谷大学大学院仏教学専攻博士課程修了。大仏殿副院主、東大寺図書館副館長、東大寺福祉事業団常任理事などを経て現在、東大寺学園常任理事。修二会(しゅにえ・お水取り)参籠15回(平成28年1月現在)

-------------------------------------------------------------------------------------
■OBPアカデミア(運営:株式会社まなれぼ)
代表者:代表取締役 吉川 聡
所在地:〒540-6109 大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21 MIDタワー9階
設 立:2015年1月13日
事業内容:コワーキング・自習などに利用可能な会員制ライブラリーや講座・セミナー運営
TEL:06-6360-9555
FAX:06-6360-9582
URL: https://obp-ac.osaka/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社まなれぼ
  4. >
  5. OBPアカデミア世界文化講演シリーズ~春を呼ぶ伝統行事~ あなたの知らない「お水取り」