ウェブストリームがGoogle傘下の新しいDRM技術、Widevineのパートナー認定を取得

「PlayReady」や「WebStream DRM」に加え「Widevine DRM」の提供を開始。デバイスやブラウザを気にすることなく、ワンソースでのマルチDRM配信を実現!

株式会社ウェブストリームは、Google傘下のWidevine Technologies 社の認定パートナーを取得しました。
Widevine Modular DRM の CWIP認定取得は、ASP事業者として日本で初のケースとなります。
株式会社ウェブストリーム(本社:東京都港区、代表取締役:柴原 眞介、以下、当社)は、Google傘下のWidevine Technologies 社の認定パートナー「Certified Widevine Implementation Partner Program」(以下、CWIP)を取得し、当社独自の著作権保護技術(以下、DRM)を用いた「WebStream DRM」と、Microsoft社の「PlayReady」に加え、Googleの「Widevine DRM」の提供を開始いたします。
Widevine Modular DRMのCWIP認定取得は、ASP事業者として日本で初のケースとなります。

Widevine は業界標準のDRMとして、Google により推進されており、高品質な動画配信におけるコンテンツ保護の1つとして、推奨されております。

「Widevine DRM」 の提供により、Silverlightなどのプラグインが利用できないChromeブラウザや、iOS・Androidの両プラットフォーム上でアプリ内へのDRM配信を実現することができます。
また、当社のDRMサービス 「WS DRM」をご利用になられる動画配信事業者やコンテンツホルダーをはじめとするお客様は、デバイスやブラウザを気にすることなく、ワンソースでのマルチDRM配信を実現いたします。


【株式会社ウェブストリームについて】
ウェブストリームは、コンテンツのエンコードからPC・スマートフォン・タブレットなどマルチデバイスに向けた配信や、デジタル著作権管理(DRM) 、配信に伴うネットワーク、コンテンツの運用・管理など、コンテンツ配信ビジネスのあらゆる面をサポートしている ASP事業者です。その中でも特に近年コンテンツのセキュリティ保護に力を入れており、PC・スマートフォン・タブレット端末向けのセキュアなコンテンツ配信をサポートしており、動画配信事業者や教育系機関をはじめ、様々なジャンルのお客様にご活用いただいております。
当社が提供する各サービスの普及により、違法コピーや海賊版の横行を防ぎ、合法かつ安全で便利な映像作品の流通と、日本のコンテンツビジネスの発展に寄与できればと考えております。

社名  :株式会社ウェブストリーム
URL :http://www.webstream.co.jp/
所在地  :東京都港区芝公園1丁目3番5号
代表者名  :代表取締役 柴原 眞介
資本金  :1450万円
事業内容  :インターネットその他の通信回線を利用した画像、音声データの各種情報提供サービス


【本リリースに関するお問合せ先】
株式会社ウェブストリーム  担当:山岸(やまぎし)
E-mail: pr@webstream.co.jp
TEL: 03-5405-2003
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ウェブストリーム
  4. >
  5. ウェブストリームがGoogle傘下の新しいDRM技術、Widevineのパートナー認定を取得