資格試験の受験指導にも二極化の波が到来

■高額な通学スタイルから,低価格のスマホスタイルへ ■よりきめ細かな指導を提供する個別指導も増加

オンライン資格受験予備校アガルートアカデミーが開始した個別指導がわずか2週間で定員オーバーに。資格受験業界で,安価なオンライン講義と手厚い個別指導という受験生のニーズの二極化が進む。
2014年に大手大学受験予備校の代々木ゼミナールが,全国27校の校舎のうち,じつに20校を閉鎖すると発表したことは記憶に新しい。

その一方では,リクルートの受験サプリに代表される,インターネットで授業を配信してスマホで受講する低価格で手軽な受験指導や,個々人の学力や習熟度に応じてきめ細かい指導を提供する個別指導は,年々その市場規模を拡大している。

ITとくにEラーニング技術の急速な進展によって, 24時間いつでもどこでもインターネットを通じて,著名な予備校講師の授業を受けることが可能となり,大教室で一方的に授業を受けるためだけに,時間をかけて都市部の予備校の教室に通うという従来の学習スタイルのニーズは急速に失われつつある。

それとともに,講師とのアナログなコミュニケーションには,個別指導など,より個々人の状況に応じた手厚いサービスが求められるようになっており,いま大学受験の世界は,低価格で手軽なオンライン講座と個別指導などのきめ細かく手厚い指導との二極化が急速に進みつつある。

この学習スタイルの二極化は,資格試験の分野においても進みつつある。

2015年1月に開校したアガルートアカデミーは,大手資格試験予備校の司法試験講座で人気講師であった工藤北斗氏が立ち上げた,オンライン専門の資格試験予備校である。

資格試験の受験指導においては,いまだに資格試験予備校の教室に通って授業を受ける従来型の学習スタイルが主流であるが,アガルートアカデミーは,校舎・教室を一切持たず,講座の申込みから,講義の配信まですべてをインターネット上で完結する。アナログなコミュニケーションとして残されているのは,テキスト・教材の送付のみである。

その分,校舎・教室の維持・運営経費などを削減したことで,商品の質を維持したまま,従来型予備校の半額程度の受講料で商品を提供している。その結果,開校から1年で,すでに2700人以上の会員を集めるまでに急成長を遂げている。

他方,2016年2月より司法試験・行政書士試験などの個別指導も開始し,学習スタイルの二極化への対応を進めている。アガルートアカデミーの個別指導は,面談や試験を通じて,講師が受講生の学習進捗度を測定し,一人ひとりの学力に合わせて学習計画を作成・実施するというものだ。一人ひとりに合わせて学習計画を作成するため,時間のない社会人や大手事務所に就職するため上位合格を目指す学生等,様々なニーズに対応できる。回数や時間も自由に決められるため,予算に応じた利用も可能だ。


個別指導には,リリース直後から多数の問い合わせが寄せられ,リリースからわずか2週間で定員に達して一旦募集を停止した。

アガルートアカデミー代表の工藤氏は「いままでの資格試験教育は,講義中心で,必要な知識を一律に提供してきました。

画一的な商品は,その分だけ安価に提供できますし,合格に必要な知識をすべて盛り込んでいれば,これだけで合格できる人もいます。

しかし,講義についていけない受講生もいますし,逆に,上位合格を目指してもっとハイレベルな講義を望む受講生もいます。こういったニーズに対応するには,それぞれの受験生の習熟度に応じた,個別指導が必要です。」と語る。

もちろん,従来の予備校教育でも画一的な講義を補完するための個別のサポートは提供されていた。しかし,教室コストなどで受講料が高額になる教室講義に,これまた一対一の対応を基本とする高コストの個別指導を単純に付加すると,とても一般の受講生が受講できる受講料には納まらない。そのため,従来の個別のサポートは,限定的なものにならざるを得ない。

しかし,Eラーニング技術が急速に進歩したことにより,状況は一変している。画一的な講座の低価格化が進み,その分の費用を個別的な指導に振り向けることで,トータルの学習費用は上げずに,きめ細かな個別指導を取り入れることが可能となっている。

この点について工藤氏は「個別指導が不要な受験生はオンライン講義のみで安価に,必要な受験生は手厚いサービスで確実に合格を目指すことができるので,学習スタイルの二極化は,すべての受験生が享受できるメリットを有しています。そのため,今後ますます二極化が進んでいくはずです。」と語る。

受験生のニーズの多様化とITの発達とが相まって,大学入試も資格試験も,いま急速にその姿を変えつつあるようである。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アガルート
  4. >
  5. 資格試験の受験指導にも二極化の波が到来