頭部を守る無線機! 「SAGA‐D」販売開始

ヘルメット型無線機「SAGA-D」の販売取扱を開始

日本全国の建設会社、運送会社、保安用品レンタル業者などに向け、ヘルメット型無線機「SAGA-D」の通信販売を展開
選挙機材レンタルを行うホライズン企業合同会社(東京都港区)は、日本全国の建設会社、運送会社、保安用品レンタル業者などに向け、ヘルメット型無線機「SAGA‐D」の通信販売を開始しました。

一般的に無線機といえば、手に持つハンディタイプのトランシーバを思い浮かべることが多いと思われますが、「SAGA‐D」は、ヘルメットに無線機としての機能を集約することで、ハンズフリーでの運用が可能である点が特徴となっており、建設現場、クレーン作業等の現場で使用するヘルメットへの「無線機後付け」からの代替需要も見込んでいます。

販売先としては、建設会社の現場での使用、クレーン作業の現場、港湾荷役・運送業、警備、保安用品レンタル、自主防災組織等の防災用品としての導入などを想定しており、ECサイトを通じての通信販売での取扱となります。

無線機としては、特定小電力無線用の周波数帯(422.0500~422.3000MHz)、出力(10mW)のため、免許不要で誰でも使うことができ、通信可能距離は、遮蔽物がない場合約2kmで、都心部なら300m、建物内なら100m。電源は外付けバッテリーを使い、LED照明のみの使用時間が38時間、FMラジオ受信のみの使用時間が43時間、無線機待機モードでの使用時間が159時間(無線機として使用した場合は93時間)となっています。

また、元々は防災用という想定での販売が行われており、ヘルメットとして頭部を保護し、LEDヘッドライトやFMラジオ受信機能、、地震感知センサーも備え、オプションでは、ビーコンを用いた遭難者救助信号の送受信にも対応するものとなっております。

「クレーン作業の現場で作業の邪魔にならない」、「ラジオがつくことで落雷の兆候がわかる」との現場の声もいただいております。

「ホライズン企業 ECサイト」
http://horizonrent.thebase.in/

販売価格は1台税込59,000円。
2台以上のセットでの購入をお勧めしております。


 

無線機、ヘルメット、LEDライト、FMラジオ、地震感知センサーと1台で5つの役割を果たすヘルメット型防災用無線機「SAGA-D」

各種操作ボタンはヘルメットの側面に集約されている。

 











 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ホライズン企業合同会社
  4. >
  5. 頭部を守る無線機! 「SAGA‐D」販売開始