『真田幸村 あんずの花の香りのお線香』が好調な売上

-カメヤマの毎年恒例、大河ドラマタイトルロゴ使用商品-

毎年恒例、大河ドラマの主人公をテーマにしたお線香を発売。2016年は長野出身の『真田幸村』。

 


カメヤマは毎年12月、次の年の大河ドラマの主人公をテーマにしたお線香を発売。2016年は長野出身の『真田幸村』が見ていたであろう当時の景色を、春に広がるあんずの花の香りとそこにただよう空気感とともに複合的な香りに調合し、表現しました。
ローソク・線香の製造販売を手掛ける、カメヤマ株式会社(所在地:大阪市北区大淀中2-9-11、代表取締役会長:谷川花子)は、『真田幸村 あんずの花の香りのお線香』を、2015年12月より販売。「甘くフルーティ」なその香りの新しさとドラマの話題性も加わり、例年の大河シリーズの売上を大幅に超える出荷見込み。ひとりでも多くの消費者のもとへと届けたい、と開発チームも胸を熱くしている。

■真田幸村 あんずの花の香りのお線香
http://rosoku.kameyama.co.jp/products/senko/taiga_series/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. カメヤマ株式会社
  4. >
  5. 『真田幸村 あんずの花の香りのお線香』が好調な売上