働くことも子育ても頑張りたいママへ向けて 株式会社ランクアップが初のブランデッドムービー『ママが働いちゃダメなの?』を配信

株式会社FROGLOUD(本社:東京都渋谷区、代表取締役:諏訪 慶、以下FROGLOUD)は、このたび多くのワーキングマザーが活躍する株式会社ランクアップ(本社:東京都中央区、代表取締役:岩崎裕美子、以下ランクアップ)初のブランデッドムービーを企画・プロデュースいたしました。仕事も子育ても頑張りたいママに向けたムービー『ママが働いちゃダメなの?』を2016年10月18日(火)、YouTubeにて配信を開始しました。

 


『ママが働いちゃダメなの?』 URL:https://youtu.be/uN92CTM8vc8

 

●初のブランデッドショートムービー『ママが働いちゃダメなの?』制作への想い

ランクアップは社員45人のうち女性が43名、そのうちの半数がワーキングマザーの女性が活躍している会社です。代表の岩崎裕美子自身も、小学生の子供を持つママで、仕事と子育てを両立しています。
ワーキングマザーの最大の悩みは、日々の仕事に追われて、子供との時間がきちんと持てないこと。ママは子どもと向き合うことができず、しっかり愛情をかけられているのか、不安に思っているのです。そんな仕事も子育ても両立して、頑張っているママを応援したいと思い、この動画を作りました。

「私も小学校2年の子供がいるのですが、子どもと向き合って話す時間が取れているか?仕事していていいのかな?と不安になることがあります。でも、この動画を見るとすごく励まされます。」(ランクアップ代表取締役 岩崎裕美子)


●『ママが働いちゃダメなの?』ストーリー
仕事も子育ても頑張りすぎるワーキングマザーの春子は、思春期の息子・純の不審な行動に対して、自分が仕事をしすぎなのではないか?と心配になっていた。
ある日、仕事を早退して家に帰る事を決意した春子が見た純の姿は…。

















<キャスト>須永繭子、中田葵月、柄本弾 <プロデュース>諏訪 慶 <台本・演出・編集>たじまなおこ


●アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア」へ出品、
渋谷MODIの大型ビジョンで10月18日~1週間の公開決定!

FROGLOUDは、肌への実感と安心にこだわった化粧品ブランド「maNara(マナラ)」を展開するランクアップ初のブランデッドムービーを企画・プロデュースいたしました。
制作されたショートムービー『ママが働いちゃダメなの?』は、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017BrandedShorts」へ出品。また10月18日(火)、渋谷公園通りの元丸井、MODIの大型ビジョンで『ママが働いちゃダメなの?』の公開が決定いたしました。公開スケジュールは、9時~24時の中の毎時55分に公開。

<公開スケジュール>
10月18日(火)~10月24日(月)
9時55分/10時55分/11時55分/12時55分/13時55分/14時55分/15時55分/16時55分/
17時55分/18時55分/19時55分/20時55分/21時55分/22時55分/23時55分
※公開時間は予告なしに変更される場合がございます。


●たじまなおこ監督の作品へ対する想い
『ママが働いちゃダメなの?』を監督したのは、新進気鋭のクリエイター たじまなおこさん。自身も2児のママという監督に今回の作品に対する想いをお聞きしました。

「子供を持つ女性が、時短をせずに、フルに働くことは大変なことです。私自身、1歳と3歳になる子供二人いながら、国内外でCMや映画の演出をし、多忙な毎日を過ごしています。周りの暖かいサポートがあってこそできることですが、『こんなに働いていいのだろうか?子供は大丈夫だろうか?』と、常に考えさせられます。今回の映像を見た、ワーキングマザーたちが、好きなことを追求して、頑張ることの大切さを再確認していただけたら、とても幸いです。」

たじまなおこ(CM・映画監督)
慶応義塾大学卒業後、ロサンゼルスソニーピクチャーズ、UCLA 映画学科を経て、ロンドン映画学校へ進学。2003年から2012年まで、博報堂プロダクツ企画演出部に所属し、ディレクターとして活躍。ショートフィルムや長編映画の脚本・演出作品においては、カンヌ映画祭、ハリウッド映画祭、ショートショートフィルムフェスティバル & アジア他、数々の海外映画祭で受賞、入選経験有り。2012 年より独立し、国内外でCM、映画、PVを制作。最近手がけたアマゾンプライムの犬と赤ちゃんのCMは、全米、カナダ、イギリスでも放映され、人気CMとなっている。


●東京バレエ団プリンシパル、柄本 弾さんがショートフィルム初出演

柄本 弾(バレエダンサー)
京都府京都市出身。5歳よりバレエを始める。2008年に東京バレエ団に入団し、『ドナウの娘』で初舞台を踏む。
主演作品は、『ザ・カブキ』由良之助、『ラ・シルフィード』ジェイムズ、『くるみ割り人形』くるみ割り王子、『白鳥の湖』ジークフリート王子、『ボレロ』など。


●maNaraとは
maNara(マナラ)は、ランクアップ代表取締役の岩崎裕美子がボロボロだった自らの肌を変えたいと、広告代理店から脱サラして開発した化粧品ブランドです。肌への安心はもちろんのこと、“肌を変える、人生が変わる”を合い言葉に「肌への実感」にこだわった製品開発を行っています。

maNara(マナラ)公式サイト http://www.manara.jp/

【株式会社ランクアップ】
オリジナルブランド「maNara」を展開するランクアップは、社員45人のうち女性が43名、そのうちママが20人という、女性が活躍している会社です。
「輝く女性の輪を、私たちから、世の中へ。」をミッションに、残業をなくす取り組みや、女性にとって働きやすい環境づくりを行い、2013年に通信販売会社では初めて「東京都ワークライフバランス育児・介護休業制度充実部門」に認定されました。

会社名:株式会社ランクアップ
本社所在地:東京都中央区銀座3-10-7
設立:2005年6月10日
代表取締役:岩崎裕美子
事業内容:オリジナルブランド「マナラ化粧品」の開発および販売


●BrandedShortsとは
2016年、ショートショートフィルムフェスティバル&アジア(以下、SSFF & ASIA)では、企業や行政がブランドメッセージを映像によって発信するブランデッドムービーの制作増加や日本の動画マーケティング市場の拡大を受け、日本がアジアにおけるブランデッドムービーの発信地となることを目指し「Branded Shorts」という新しいプロジェクトを立ち上げました。
日本全体の動画マーケティングの活性化に向け、国内外の最新ブランデッドムービーを紹介するとともに、今後はカンファレンスやセミナー、イベントを開催し、日本で唯一の国際広告祭としての位置づけを確立させていきます。

【株式会社FROGOUD】
FROGOUDは、米国アカデミー賞公認、アジア最大級の国際短編映画祭 SSFF & ASIAの映像作家をはじめ、世界中のクリエイターと共に、デジタルマーケティングを重視した映像の企画・プロデュース会社です。
顧客に最大限満足して頂くための映像を企画開発からキャスティング、製作プロデュース、SSFF & ASIAと連携したPR展開、広告代理、海外の映画祭展開までワンストップに対応いたします。

会社名:株式会社FROGLOUD
所在地:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-12-8 SSUビル4F
設立:2014年11月11日
代表取締役:諏訪 慶
事業内容:デジタルコンテンツの企画・製作・プロデュース ほか
​URL: http://frogloud.com/

【報道関係者各位からの問い合わせ先】
株式会社ランクアップ 担当:島田めぐみ(TEL:03-3543-1510/Email:shimada@manara.jp)
株式会社FROGLOUD 担当:諏訪慶(TEL:03-5474-8201/Email:kei@frogloud.com)
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社FROGLOUD
  4. >
  5. 働くことも子育ても頑張りたいママへ向けて 株式会社ランクアップが初のブランデッドムービー『ママが働いちゃダメなの?』を配信